まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイ体験談

警官と教師の関係

投稿日:

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ

俺の名前はゆきひろ、25歳。高校で体育を教える、新マイ教師。
この前、同窓会っぽいのがあって、それに出たときの話。

12月某日の金曜日。「プチ同窓会」だけど、遅れて行くワケにはいかない。
顧問をしてるサッカー部の練習は部長と副顧問に任せて学校を出た。
職業柄、ジャージにウィンドブレーカーだけど、まあいっか。

わりと近い居酒屋だったので、車は学校におきっ放しで走って行った。
着くと、もうすでにほとんどみんな集まっていた。

もと学級長のさえきさんが席まで案内してくれた。
俺の斜め前には、見なれない人が座っていた。
誰だろう… でもすぐにわかった、高校当時、ずっとあこがれていた
クラスイチのイケメン、A川こういちだ!間違いない。
成宮寛貴にそっくりのその顔は変わっていなかった。

昔は茶髪の少しながめの髪だったのに、今は短髪、黒髪だ。
でも全然かっこいい、むしろ彼にはこっちの方が似合っている。

穴が空くほど見つめていたせいか、コウちゃんは視線に気づき、
こっちを向いた。

<やばっっっ>

とっさに目をそらした。
コウちゃんは、またとなりのヤツと話しだした。

時間もだいぶたち、時計は午後の9時をまわっていた。
子持ちの女子などがちらほらと帰りだし、俺の両サイドが空いた。

場の雰囲気も、10年前のあの頃に戻ったように楽しい。

トイレにたって戻ってくると、なんととなりの席にはコウちゃんが
座っていた。
こう「ここ、いいだろ?」
ゆき(俺)「え、ああ、いいよ!」
こう「俺のこと覚えてる?」
ゆき「当たり前じゃんコウちゃん」

こう「お!よかった」
コウちゃんのキラキラの笑顔がたまらなくイイ!
ゆき「髪どうしたの??」
こう「あぁ、俺今警察官だから。地域課の交番勤務。」
警察官とか、強いけど、みんなにやさしいコウちゃんには
ピッタリの仕事だと思った。
こう「だから、さっきジッと俺のこと見てたんだ~」

ゆき「バレてた?」
こう「警察なめんなよ(笑) 変態容疑で逮捕すんぞ!」
コウちゃんが、抱きついてきた。数秒だったけど、すっごい
引き締まった体だったのがわかった。あの頃からひとまわりも
ふたまわりも大きい体になっていて、正直戸惑った。

こう「で?お前は何してんの?」
ゆき「高校で体育の教師。」
こう「へぇ。お前サッカー部の副キャプテンだったもんな」
ゆき「ああ。んで、サッカー部の顧問もしてて…」

しばらく話していたら、おひらきの時間になっていた。

こう「なあ、明日どうせ休みだろ?
ゆき「まあ。」
こう「俺んち来いよ、結構遠いけど。」
ゆき「いいの?!」
思わず大声で聞いてしまった。

こう「ばか、声でけぇよ!そんなにうれしいのかよ(笑)」
ときめいていた。そんなことはないだろうことはわかっていても、
お酒もはいってるし、もしかしたら…ってことも。。

40分くらい歩いて、彼のウチまで行った。
実家ではなく、彼のアパートだった。

こう「ちらかってるけど」
ゆき「おじゃまします」
全然ちらかってない、むしろ、ホテルみたいにきっちり整頓
されていた。
警察学校で、随分部屋の整頓は徹底させられたって。

こう「ビールでいい?」
ゆき「ああ。」

前ではなく、となりにコウちゃんは座ってきた。
肩があたる。

ストーブのせいであっつくなってきたので、俺は半袖になった。
すると彼も追従して、タンクトップ一枚になった。

すっごいいい腕、いい背筋、盛り上がった胸筋…それでいて、
決して付きすぎてもいない、均整のとれた体だった。
警察官ってほんときびしくいろんなことやってるって聞いた
けど、その証拠がこれか…。俺は勃起を隠すのに必死だった。

こう「……なあ、お前彼女とかいんの?」
ゆき「ぃ、いや?」
こう「変なこと言っていい?」
ゆき「ぇ…?」
コウちゃんの目が俺を掴んで離さない。胸の鼓動がすごい。
目も潤んできた。まさか、の期待に俺の頭は支配されていた。

こう「あのさ、…」
次の瞬間には唇が重なっていた。いやらしい息づかいにならざるを得なかった。
頭はまっしろ。うれしさの洪水にのまれていた。

ゆき(俺)「…んっ」
こう「…おれ、ずっとずっとお前のこと、好きだった!欲しかった!
でも、絶対失敗するって…ずっと言えなかった!でも、もう我慢できねぇよ
いきなりこんなことして悪かった…。俺…最低だな。」

ゆき「いや、コウちゃん。実は…これマジな話なんだけどさ…
おれもずっとずっとずっとコウちゃんが好きでさ…てか大好きでさ。
なんていうか、、今もすっごいうれしかったし…」
精いっぱい伝えた。ありったけのコトバをつかって。

コウちゃんの目からは涙がつーっと流れた、俺も、一気に
願いがかなった喜びに、わかんないけど、泣いた。

嬉し泣きの二人だった。
こう「あーぁ、こんなことならもっと早く言っとけばよかった」
ゆき(俺)「おれも。でも、実際怖いよね、そういうの。」
こう「ああ。俺もなんで今日言えたのか不思議(笑)」

ゆき「今スゴイ幸せだよ…?」
こう「俺はゆきひろの5倍うれしい! だって、切り出したの俺だかんね」
ゆき「コウちゃん…たまにカワイイんだ(笑)」
こう「うっせぇ!」
さっきまで見惚れていたコウちゃんの体に、そっと抱かれた。
せっけんのいい香りと、すこしオトコらしいにおいがまざって、
すごく落ち着く。
反して、興奮は最高にまできていた。

こう「俺…もう絶対離さない、お前のこと。無期懲役ね?」
ゆき「えぇ!?(笑)」

こう「なぁ、ちょっと目ぇ閉じてて…」

コウちゃんの唇が、俺の唇にそっとやさしく触れた。
ビデオみたいにやらしい音をたてた。
ゆき「……んっ…」
唇を割って舌が入ってきた。ディープなんて初めてだった。
コウちゃんの息が荒く、やけに男らしい。

俺の腕はコウちゃんを強く抱きしめていた。

うしろにあったベッドへもつれ込んだ。

すると急に、
こう「…お前さ、嵐の…あれ、生意気なヤツ(多分、大野くん)にめっちゃ似てるよな?
学校で生徒にもてんじゃねぇの?しかもサッカー選手だけあっていやらしい体つき♪」

ゆき「んなことねぇから(笑) お前こそ、すごいイイからだしてるって!
俺、コウちゃんみたいのに抱かれるの夢だったから」
こう「どんな夢だよ(笑)」
緊張してた俺に気遣ってか、コウちゃんらしく、和ませてくてた。

コウちゃんは上から下に向かって俺の体中にキスをする。
俺の弱点の乳首を舌でせめながら、
アソコをボクサーの上から激しくさすりはじめた。

我慢汁で灰色のボクサーが黒く、ビショビショに濡れていた。

こう「お前、最高にやらしいな。」

コウちゃんはパンツからいよいよ棒をとりだした。
あと3回、こういちの手が上下すれば、出てしまいそうだった。
ここでイッてしまえばつまらないので、
別のことを考え、必死にイカないようにした。

その間、手でしごきながら、コウちゃんは俺の唇をふさいでいた。

上と下でめっちゃエロい音がひびく。

唇が口から離れたと思うと、俺の警棒をいやらしい音をたてながら
口でせめてきた。スゴイテクニックだった。
おなホールの気持ちよさでもかなわないくらい。
ぐちゅっぐちゅっ、という音がまた俺をこうふんさせた。
そして、少し頬と耳が赤くなっている成宮寛貴似の甘いマスク。
こんなのあっていいのだろうか…(笑)
最高の快感に襲われたまま、もう限界だった。

ゆき「っっあ! イク!!!」

と叫ぶと同時に、俺はものすごい量の精液を彼の口に出してしまった。
コウちゃんは、軽くむせたものの、全部飲みほしてくれた。

ゆき「ごめんね!?飲んで大丈夫だった…?」
こう「ゆきひろのなら、全然平気だよ!」
少し顔をしかめながら、無邪気に笑ってコウちゃんは言った。

こう「さぁ、今度は俺の番ね?」

コウちゃんはGパンを脱ぎ、
ボクサーパンツとタンクトップだけになった。

ボクサーの上からでもハッキリと形がわかった。

ついにタンクトップを脱いだと思うと、
期待を裏切らない肉体美を見せつけられた。

腹筋はもちろんのこときれいに割れてるし、
胸筋もまたすごい。
だからって、ボディービルダーみたいな気持ち悪いくらいの
筋肉でもない。そんな彼がうらやましくもあった。

このままモデルになれるくらい、顔も体もいい。
性格も声も全部全部いい。
はやく抱かれたい…そう思った。

こう「ゆきひろ、お前と一つになりたい。
でも、大切なお前を傷つけたくない。痛くないようにする。俺病気も持ってない。
痛かったらすぐやめるし、、だから…いれていい…?」

ゆき「ぅん…」

掘られるなんて初めてだし、絶対いたいよな…

肛門に舌が這う。
なんとも言えないが、生暖かさが気持ちいい。

指で念入りにほぐされた。
コウちゃんは、ついにボクサーを勢いよく脱いだ。
すると、20センチはあろう、ズルむけの、亀頭がきれいなピンクの
ぶっといチンコがいきり立った。

絶対こんなん入んねぇよ!!!
なんて言えるワケもなく。ただただ不安だった。

コウちゃんは、救急箱(笑)からローションを取り出し、
俺の穴と、自分のチンコをぬるぬるにした。

こう「いれるよ…?」
ゆき「ぅ…ん」

ローションのおかげか、意外にスルッと入った。
微妙に肛門は痛いが、全然平気だった。

奥までコウちゃんが入ってきた。
すると、えもいえない気持ちよさが全身を走った。
チンコに触ってないのに?!
これが前立腺ってやつっ?!
ところてん??

一度奥まで入ると、コウちゃんは激しく突いてきた。
コウちゃんのでかチンがガンガンあたって、
死にそうに気持ちいい!!

「あっっ…ンッ…」

コウちゃんの顔からは優しさは消え、
完全にオトコ、いや、ケモノと化していた。
こんなに激しいコウちゃんは初めて見た。

喘ぎ声って自然に出ちゃうもんなんですね、
こういうときって…

コウちゃんは腰振りを緩め、顔を近づけて、
キスしてきた。
こう「ゆき、痛くないか?平気?」
息を切らして聞いてきた。
こんなときでも優しく気遣ってくれる
コウちゃんがいとおしくて、しょうがなかった。
ゆき(俺)「うん、てか、すごい気持ちいいよ」

コウちゃんはくすッと笑って、
優しく髪をくしゃくしゃ撫でてくれた。

目があって、
もう一度キス。

お互いの両手は自然につなぎあわさり、
指がからんだ。

体を密着させて、後半戦。

あったかい。

まさに今、コウちゃんと一つになってる、
体全体でこういちを感じている。

このときは、本当に死んでもいいと思えた。

またジワジワとはやくなっていく。
コウちゃんはかたく目を閉じ、はぁはぁしている。

こう「あぁ! いきそう!!ゆきひろの中にだしていい…?」
俺はコクリとうなずいた。

と、俺が気持ちよすぎて絶頂に来てしまい、コウちゃんより先に果ててしまうと、すぐにこういちも俺の中でイッた。なんだか、エロ本みたいな終わり方だねって、
二人で笑ってしまった。

外はもはや薄明るく、その夜(朝?)は、
こういちの腕に抱かれ、その中で眠った。

翌朝は、てか昼は、コウちゃんが手料理をごちそうしてくれました。。
八宝菜美味かったです(笑) 料理までできるとは…もう、べたぼれです(笑)

男同士の出会いはゲイ専用出会いコミュニティサイト!

人気記事

1

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・ ...

2

無料の親父ゲイ出会いけいじばんを徹底比較・完全評価! 1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体77 ...

3

アナル!ペニス!ゲイ!性欲が止まらないサカリまくってるゲイの貴方へ。効率の良い無料のセフレの作り方を伝授します。色々な煩わしさや、コスパを考えると、やっぱりゲイセフレのストックは必須です! 1: 陽気 ...

4

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ 1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れ ...

-ゲイ体験談
-

Copyright© まとめてゲイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.