まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイ体験談

サーフショップで

投稿日:

アナル!ペニス!ゲイ!性欲が止まらないサカリまくってるゲイの貴方へ。効率の良い無料のセフレの作り方を伝授します。色々な煩わしさや、コスパを考えると、やっぱりゲイセフレのストックは必須です!

オレには憧れの人がいた。
いつも通ってる海の近くにあるショップのオーナー、シンジさん。
大会に何度も入賞しただけあってサーフィンは上手いし、
大学生のオレらにマジで指導もしてくれる、兄貴みたいな人だ。

色黒で背が高くて、坂口憲二をちょっと甘くしたような顔。
本人はそれを気にして、わざとアゴヒゲ伸ばしたりしてるんだけどね。w
サーフィンしないくせに店に来る常連の女の子たちは、
完全にシンジさん狙いがバレバレ。

顔以上に、体がカッコよかった!
一緒に海入るたびに見てるんだけど、
肩幅が広くて、胸板もあって、ちょっと毛深い下半身。
酒もタバコもガンガンやるのに割れた腹筋が自慢らしい。アラサーのくせに!ww

そんなシンジさんが憧れから別の存在になったのが、この前の夜。

台風ウネリでジャンク波になる寸前、
上がる前のラスト1本で見事にコケた!
自分のフィンで右太ももをスパっと切られ、血がドクドク止まらない。
あわててシンジさんの車で近所の病院に行って応急処置してもらったんだけど、
その日は動かない方がいいからって
シンジさんの店に泊まることになった。

友達は明日バイトとかで引き上げて、店前で缶ビール飲んでた地元の人たちも帰ると、
店にはオレとシンジさんの2人きりになった。
今までにもここに泊まったことあるけど、友達やら誰かしらいて、
シンジさんと2人きりってのは初めてだ。

いつもは近くのアパートに帰るシンジさんも、
今夜はオレの看病(?)がてら泊まることに。
オレは傷口があるからペプシで、シンジさんは缶ビールを次々に空けながら、
波の話やトレーニングのこと、夜中までダベった。

寝たのは1時過ぎ。
オレは事務室のソファに、シンジさんは店前のデッキチェアを売り場に持ってきて寝る。
電気を消すと、遠くで波の音が聞こえる。
「しばらく海にも入れねーなー…」オレはそのまま眠りに落ちた。

「んっ!?」

なんか息苦しくて目が覚めた。
まだ夜中でまわりは真っ暗、相変わらず遠くから聞こえる波の音。
誰もいない部屋は寝る前と同じ景色のままだけど、
オレの体には異変が起きていた。
妙に息が上がって、ギンギンに勃起したチンコ。
そして口元からタバコのにおい…。

オレの体には異変が起きていた。
妙に息が上がって、ギンギンに勃起したチンコ。
そして口元からはタバコのにおい…。

触ってみるとボクサーは先走りで濡れてた。
ともかく感じていたらしいことだけは確かだ。
でも、タバコ吸わねぇしなぁ、オレ……。
ワケ分からないまま、また眠りに落ちた。

翌朝。
目が覚めるとシンジさんがコーヒーを淹れるところだった。
寝ボケ頭が、コーヒーでだんだんハッキリしてきた。

夜中のタバコ、吸うとしたらシンジさんしかいない。
ってことは、シンジさんにキスされたのか?オレ??
しかもチンコまで触られたりしたのか??
目の前のシンジさんは、まったくそんな雰囲気ないまま、
「今日の波じゃ店もヒマそうだな~」爽やかな笑顔してる。

書き忘れたけど、オレはこの時まで普通に恋愛対象は女だった。
中学で初体験も済ませたし、そこそこHもしてきた、つもりだ。w

でも、シンジさんにキスされた(かもしれない)今、
不思議とイヤな感覚は無い。
てか、シンジさんとならHできるんじゃね?
なんて考えながらシンジさんの口元を見ていた。

いろいろ確かめたかったけど、結局、この日は家に帰ることにした。
まだ傷もふさがってないし、頭も混乱してきたし。。。

傷が治ってきて、デカい防水バンドエードなら海に入れるようになってから、
オレはまたシンジさんの店に行った。
いつもどおりの爽やかな笑顔で接客してるシンジさんを見て、
ちょっとドキっとしてしまった。

軽く1Rこなして、店前のシャワールームで洗ってると、
「わりぃ~、ちょっと入るぞー!」ってシンジさんの声。

「お、ユウト!ゴメンな、急いで出るから!」
パパっとウエットとサポーター脱いで,一緒にシャワー浴びだしたシンジさん。
ただでさえ狭いところに、シャワーは1つしかないから、
オレがちょっと後ろにずれて、シンジさんが頭洗うのを見ている状況。

「シンジさん!」
顔がこっち向きざまに、オレからキスしてた。

「シンジさん!」
顔がこっち向きざまに、オレからキスしてた。

軽いフレンチだった。
新たな発見。男の唇ってこんなに柔らけーのかよ!ヒゲ邪魔だけど。w
そして確信した。あの夜と同じタバコの香りがする。
いったん唇を離す。

シンジさんは超テンパってた。
何か言いかけたところに、
「この前のお返しだよ!」
そう言ってオレはシンジさんの肩に左腕を回して、深めのキスをはじめた。
5センチくらい身長低いから、
オレがアゴをちょっとあげて柔らかい唇を吸っているところに、
シンジさんの舌がぬぅっと侵入してくる。
負けじとオレも入れ返す。w

カラダって正直だよな。
オレの右脇の下に、シンジさんの腕が回りこんできた。
条件反射で強く抱きしめあうオレら。
男の上半身ってボリュームありすぎ。
こんな胸板、今まで抱いたことねーし。

もう1つ、正直なのがチンコ。
オレの位置が下だから(←脚が短いんじゃなくて、身長差だってw)
だんだん頭を上げてくると、シンジさんの玉をグリグリ突っついてる。
シンジさんのは水平ぐらいまで起きてくると、オレのチン毛をこすってきた。
でもハッキリ言って、チンコまで見る余裕なかった。
その時は、なんか当たってんぞ?的な感想だけ。w

ベニヤ板で囲まれたチープなシャワールーム。
鍵なんてないし、隙間から外の明かりがチラチラ見える。
オレらのシャワーと隣の女子用と、2つが流れる音しかしない。
そこに、マッパでキスしてる男2人。
そっと、あまり音を立てないように、でも、衝動的に。
やべー。
男同士のキスって気持ちいい!

もっとしたくなった。
もっとシンジさんの柔らかい唇を吸いたくなった。

そこに。
「おーい、シンジくーん!お客さーん!!」
常連のAさんの声だ。

「はーい」

オレらのキスは、あっけなく終了した。
パッと離れて、バスタオルを腰に巻いたシンジさん。
でも、出て行く寸前にオレの耳元で、

「今日、泊まっていけよ」

その日は夜になるまで長かった~!w
オレの友達を帰して、
地元の常連さんたちをベロベロにさせて帰宅させて、
ようやくシンジさんと2人きりになれたのが11時すぎ。

あんだけイラついて待ったのに、でも2人きりになると、逆に会話は弾まなかった。
さっきのこと、もしかしたら怒ってんのかな?
オレの友達のヘタレ具合だとか、常連さんの酒癖の悪さとか、
しょーもない話題で時間だけが過ぎてく…。

冷たくなってチーズが固まったピザをもそもそ食ってる時、
急にシンジさんが切り出した。
「気付いてたのか?あの夜」

「当然!」
正直、されてる最中は全く記憶に無い。w
でもここはシッタカ決め込むしかないだろ。
「最初はビビったけど、マジ嬉しかったっす」
そう言って、またオレはシンジさんの唇を吸いにいった。

やっぱ男の唇って柔らかい。
オレはそう思った。
タバコ臭くて、ヒゲも邪魔だけど、それでも柔らかい。
吸いつきを止められなかった。

「ユウト…」
ひととおり吸い尽くした後、シンジさんが話し出した。
「オマエが高校生の頃から、オレは…」
それより先に、オレが
「オレ、シンジさんみたいになりたいっす」
また唇を吸ってやった。

遠くからの波の音と、
事務室の切れかかった蛍光灯のジリジリする音と。
そこでオレらは、延々とキスをしてた。

もちろんチンコはビンビン。
いい加減、ボクサーのシミがヤバいはずだ。

「来いよ」

急にシンジさんは、オレの手を引っ張って、
店の試着室へと入った。

急にシンジさんは、オレの手を引っ張って、
店の試着室へと入った。

試着室っていっても、鏡のまわりをぐるっとカーテンか囲んでるだけのもの。
男2人で入ったら人口密度が高すぎるけど、
それでもオレらは2人でいた。
天井越しに事務室の蛍光灯から明かりが入ってくる。

「脱げよ」
後ろから抱きしめられながら、シンジさんに言われたら脱ぐしかないだろ。w
キスの余韻でチンコは半立ちだったけど、構わずオレは全裸になった。

「前はガリガリのヒョロヒョロだったくせにな、
 大学入ってから急に、筋肉質になりやがって…」
シンジさんがオレの胸をもんできた。
そりゃ、こんだけサーフィンやってたら、肩や胸に筋肉はつくだろ。

「んんっ」
動きまわるシンジさんの手が、あるポイントをすぎると、
すんげー感じてるオレ。
乳首の下の、付け根のあたり。そこが弱点だった。

オレはシンジさんの左腕で抱きかかえられながら、
右手の乳首攻撃に身を任せ感じていた。
チンコをビンビンにさせながら、情けなくよがっている姿が、
鏡に映っている…。

このままじゃ攻められっぱなしだ。
そう思ったオレは、左手でシンジさんの股間を探った。
予想通り、そこにはカチカチに固くなったチンコ。
オレは夢中でシンジさんのハーパンを脱がせた。

同時にシンジさんは、自分でTシャツも脱いでくれた。
狭い更衣室の中でマッパの男が2人。
日に焼けた体を重ねながら、むさぼるようにキスしてる。
カラダはシンジさんには負けるけど、
オレだってそこそこ筋肉質で、胸板も厚いほうだけど
シンジさんの体には全然負けてた。

(あとで聞いたら、胸囲が110あるらしい)
でもいまは、お互いのカラダを抱きしめながら、キスするだけで十分だった。

お互いがこすり付けてる股間には、
完ダチしてる2本のチンコがこすりあわされてた。
オレのチンコは17センチぐらいで先がぶくっと膨れてる。
シンジさんのはそれ以上に太くて、ズシっとした重みのあるチンコだった。

オレは無意識に2本を重ねてシゴいてみた。
オレのチンコの上に、シンジさんの太いチンコが乗っかって、
長さは2人とも同じくらいだからか、
こすり合わせると、オレの亀頭がシンジさんの玉を刺激していたらしい。

「やべっ、ユウト、フェラできるか?」

正直オレは戸惑った。
いくら憧れのシンジさんのでも、さすがにフェラは…。
本当はしゃぶってみたいけど、ちょっと勇気が出ないような…。

そんなオレの思考回路を悟ったのか、シンジさんは黙ってしゃがみ始めた。
もちろん、途中にあるオレの乳首を攻めることも忘れずに。
柔らかい唇と対照的に、時には尖ったりつついたりしてくるシンジさんの舌に、
オレの乳首はどんどん固くなってた。

その下にはもっと固くなってシンジさんを待ってるオレのチンコが。

いきなり、しゃぶられた。
その時オレは何が起きたか分からず、
腰のあたりで動いているシンジさんの両肩を見て、
「広くてゴツい肩幅だなぁ」なんてボンヤリ考えてた。

でもそんな余裕があったのは、ほんの一瞬だった。
シンジさんの口の中は暖かくて、柔らかくて、激しかった。
オレの張ったカリのところだけを唇で攻めてきたかと思えば、
奥まで入った瞬間に舌が包み込むように亀頭を覆って動き回る。

こんなフェラ、女にはやってもらったことが無かった。
シンジさんのを体感してしまうと、
ヤツらのはただ優しく舐めればいいと勘違いしてるだけのヌルいフェラだってことがよく分かる。
オレはシンジさんの両肩をつかんで、無意識に腰を振ってた。

「うっ…、うっ…、あ…」
声にならない声を出しながら、オレは試着室のカーテンを揺らす。
それにタイミングよく口の位置を変えてリズム合わせてくれるシンジさん。
シンジさんが動くたびに、肩の筋肉がプクップクッって盛り上がる。

「ヤバいっす…オレ…」
頭の中が白くなりかけたちょうどその時!
シンジさんが口を離して立ち上がった。
「ユウト、次な」

オレはヒクつかせたまま、シンジさんのチンコを握らされた。

びっしりと生えそろった陰毛が目の前に迫ってくる。

あらためてオレはシンジさんのチンコをまじまじと観察した。

濃く密集している陰毛に守られるように、
太くて重量感のあるチンコが静かに上を向いている。
長さはオレと同じくらいのはずなのに、大人びたチンコだ。
まだ完ダチじゃないのか、亀頭にはシワがよっていた。

とりあえず亀頭をペロっとしてみた。
ん?! こんな柔らかいモノなのか??
調子に乗って上下の唇で亀頭を挟みながら吸ってみた。
これなら、こんなボリューミーなものも楽勝でフェラできっかも??

けど、調子こいてたのもそれまで。
シンジさんがいきなりオレの口奥までチンコを突いてきた。
ノドを思いっきり攻められて吐きそうになったけど、
突かれるたびに、亀頭の体積が増加していくのがオレにも分かった。

シンジさんが感じてくれてる!

さっきシンジさんがオレにやってくれたこと、
全部をお返しにしてあげたくなった。
唇をキュっと締めてカリに引っかけて吸ってみたり、
奥まで入ってきた時に、舌を左右に動かして裏スジを包み込んでみたり。

「ユウト、上手いぞ!」
息が上がってきたシンジさんはガンガンとオレの口に突っ込んできた。
タイミング合わせてオレも動けば、さっきみたいに「おえっ」ってなることもない。
若干、アゴが疲れてきたけどな(笑)

もう1つ、さっきから気になってるのが、
オレのアゴにバンバン当たってくるシンジさんの玉。
万全の生殖機能を誇っているかのように、ゴリっとした膨らみの玉を
オレは右手で優しく、シンジさんのリズムに合わせて揉んであげた。

それがシンジさんにはツボだったらしい。w
前よりも激しく、ちょっと上ずった声を出すようになった。
腰を振る速度もスピードアップするし…。
「やっべ、ユウト…ユウト…」その瞬間!

パッとオレは口を離して立ち上がった!

「さっきのお返しっすよ!」オレはそう言った。
シンジさんは鼻で笑ったような顔してるけど、本当は気付いてたはずだ。
オレが一緒にイキたかったってこと。

そのまま、黙ってオレの唇を吸ってくれた。
微妙に位置を変えながら、二人とも鏡を向きながら、
後ろに立つシンジさんに寄りかかるように、
オレは右横を向いてシンジさんとキスをしてた。

オレは右手でシンジさんのチンコをいじりながら、
シンジさんは右手でオレのチンコを、左手でオレの左乳首をいじりながら。
キスしながら、鏡の前で、お互いのチンコシゴきながら。
どんどんオレはシンジさんに全てを任せたくなってきた。

いつもはシンジファンの女が来てキャーキャー言ってる店内で、
シンジさんがオレと鏡の前でこんなエロいことしてくれるなんて。
サーフィンやってると自然に発達する肩と胸をぶつけながら、
鏡の前で、お互いの大事なチンコを触りあってるなんて。

もうそれだけでオレの興奮は限界だった。
「シンジさん!オレ!!」

言ってる途中から、オレはものすごい量の射精をした。
自慢じゃないけど、オレのはよく飛ぶ。w
鏡にめがけて、ビシャ!ビシャ!ビシャ!って。
見る見るうちに鏡が白くなってく。

タッチの差だけ遅れて、シンジさんも果てた。
オレほどじゃないけど(w)ビュ!ビュ!って。
鏡が白くなると同時に、試着室の床の絨毯にもこぼれ落ちた。
「イカくせーっ!!」

オレとシンジさんは爆笑しながら、
「ティッシュ!ティッシュ!!」あわてて掃除しまくった。
2人の始末分を合わせると、ティッシュは軽くハンドボール並の大きさに。
「これ店のどこにしまっておけばいいんだよ~!」
シンジさんが裸のままボヤいてる。ww

そんな時、シンジさんが、
「ユウト、ありがとな。好きだよ!」
そう言って、またキスしてくれた。

それ以来、オレらは閉店後の店内でHするようになった。

男同士の出会いはゲイ専用出会いコミュニティサイト!

人気記事

1

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方!   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra ...

2

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ 1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+: ...

3

無料の親父ゲイ出会いけいじばんを徹底比較・完全評価! 1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、 ...

4

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ 1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れ ...

-ゲイ体験談
-

Copyright© まとめてゲイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.