まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイ体験談

撮影募集の書き込み

投稿日:

男同士の出会いはゲイ専用出会いコミュニティサイト!

高1の時にはすでにゲイだった。
ケータイを買ってもらってからは、よく掲示板などに書き込みをし、何回も会って掘り掘られの関係を多数の人と持っていた。
そんな俺に、一通のメールが届いた。
『情報は漏らしません。撮影させてくれませんか?もちろん謝礼は支払います』
興味があった俺はOKをし、土曜に会う約束をした。

当日。
約束の場所にはモデルみたいなイケメンの兄ちゃんがいた。
「ヨシくん?」
「はい」
「今日はよろしくね」
「はい。よろしくお願いします」

内容はこうだ。
イケメンの兄ちゃん…コウジさんと1日一緒にいる。
それをカメラマンさんが撮る。
俺らもカメラを渡されてるからいろいろ撮る。
泊まりも承諾した。
親は心配しないだろうから。

ブラブラと店などを散策する。
カラオケで手を繋ながら歌った。
俺の知らない洋楽を歌い終わったコウジさんに不意にキスをしてきた。
「そんな緊張するなよ」
俺の手を握るコウジさんの手に少しだけ力がこもった。
カメラマンはそれすらも撮ってる。
「な?そんな緊張されたら俺まで緊張しちゃうし」
もう一度キス。

でも今度のキスは深い。
このとき。
初めてコウジさんと一緒にいたいと思った。

レストランではお互いに「あーん」って食べさせたりした。
家に着いた。
マンションの一室。
そこでサプライズがあった。
コウジさんとお揃いのブレスレットのプレゼント。
「次の撮影のときに付けてきて」
カメラマンさんも予期してなかったことだった。

お風呂タイム。
お互いに服を脱がし合い、体を洗い合う。
コウジさんの手が乳首や尻を撫でる。
そして、チンコや穴まで撫でてきた。
俺も負けじと刺激した。
お互い感じ合いいつしか抱き合ってキスをしていた。
激しく舌を絡ませ合いながらチンコを擦り付け合っていた。
シャワーで泡を流し、体を拭き、腰にタオルを巻いてベッドに座った。

「優しくして…」
そんなガラじゃないのに言ってしまった。
それを「当たり前だろ」と笑ってくれた。
キスをしながらベッドに倒れる。
ちゃんとベッドに横になり、コウジさんは俺の体に覆い被さった。
「俺のヨシくん」
おでこ、頬、唇。
ぁ、舌を絡めてきた。
俺はコウジさんにされるがまま。

乳首をいたぶる長い指。
お互いもうタオルは脱げてる。
唇が離れ、物足りなさを感じた。

だけど乳首を舐められどうでも良くなった。
「ちゅう…くちゅ…」
舌が乳首を刺激するたびに体を捻ってしまう。
気持ち良すぎる。
カメラなんか気にしない。
「あひッあッ」
恥を知らない俺の口は喘ぎを止められない。

口は乳首から下ってゆく。
「もうビンビンでヌルヌル」
敏感な亀頭を手のひらで包み込まれ撫でられた。
「ダメぇぁぁッ」
いまだに慣れない快感が駆け抜ける。
「なんだよ?可愛い声出してるくせに」
「おねがッやめッ」
泣きたくなる感覚。

「しょうがないなぁ」
手を止められた。
そのままベッドから下りてしまう。
「コウジさん…?」
「なに?止めたよ?」
「やめなぃで…」
「止めてほしいんだろ?」
「いじわる~」
「ンな顔するなよ~」
再びベッドに戻ってきた。

そして、俺の胸より少し上。
首あたりに跨るようにし、腰を突き出してきた。
目の前には大きめのチンコ。
「フェラして」
「はぃ…」

俺が口を開けると、そこにチンコを入れてきた。
「ん…」
苦しくなる。
頭を持たれ十分に動けない。
上目遣いでコウジさんの顔を見る。
目を閉じ、半開きの口からは吐息が漏れていた。

次第に激しくなるフェラ。
口の中のモノがぴくんっと太さを増したとこで口から抜かれた。
そしてコウジさんに言われ、俺は自ら足を持ちアナルを晒す格好になった。
正常位が好きな僕としては嬉しい体勢。
俺の股の間に顔を突っ込み、玉を舐めるコウジさん。

チンコの裏筋も舐められる。
それだけで喘ぎが漏れる快感なのに、コウジさんは俺のアナルを舐め始めた。
感じないことなんてできなぃ。
舌を中に差し込まれ不思議な感覚がした。
用意してあったローションをアナルに塗られヒヤリとした。

「痛かったら言ってな」
指が入ってくる異物感。
ピンポイントで前立腺を刺激する。
この感覚が好きだ。
「お、変態だなぁ。いつも自分で慣らしてんの?」
「ぅん…」
見つめられると顔が熱くなる。

「じゃあ二本…うわ、軽く入っちゃったよ」
ニヤニヤしなぃで…。
恥ずかしいよ…。
「イヤラシイケツマンだなぁ」
三本目が入ってくる。
少しキツいけど痛くはない。
ローション使ってるから余計かな。

「おいおい。エロ過ぎだろ(笑)」
慣れてきた頃また二本になった。
ローションを足してニヤニヤ笑う。
「可愛く喘げよ」
グチャグチャクチャクチャ
激しい指の動き。

まるで女をイカすときのようだ。
「やだぁぁやだぁッ!激し過ぎ!」
ヤバい…。
わかんないけどヤバい…。
前立腺を刺激されイキそうだ。
でもなんか違う。

あぁ…考えるのが面倒だ。
「あぁぁッ!」
快感が押し寄せる。
初めての快感。
「うぁぁッあぁぁぁッ!」
頭が真っ白になった感じ。
シーツを握り締めしばし快感に飲まれてた。

「ぁ…あぁ…」
体が震えた。
精液は出てないようだ。
「ヨシくん、もしかして…イッた?」
「ふ…ぁ…?」
考えたくない。
キモチイイ…。

もっと入れてほしい…。
「入れて…」
「エロぃなぁ」
コウジさんはローションを自分のチンコに塗り、俺の中にあてがった。
「入れるよ」
ズチュズチュ。
入ってくる。

「かッ…あッ…」
入れられると予想以上に大きい。
圧迫感がスゴい。
パンパン最初から激しい。
「ケツマントロトロじゃん。でも、締まりイイ…。すげぇイイ尻してんじゃん」
「…ッ…あッ」
感じ過ぎて息も吸えない。
「深いほうがイイのかなぁ?」

わざとらしい聞き方をするコウジさん。
俺を抱くと、そのまま横になった。
騎乗位になり、俺は深く腰を下ろした。
指じゃ届かない奥まで入ってくるチンコ。
下から突き上げるように動かれ、僕はイキそうになった。

「イキ、そう…」
「イケよ」
「あぁッ!」
激しい突き上げに耐えられず。
俺のチンコはコウジさんの腹に精液を吐き出した。
「締まり良すぎッ俺も…ッイクッ!」
熱い精液が中に出された。
俺はコウジさんの胸に体を預けた。

コウジさんは優しく抱きしめてくれた。
「好き…」
「俺も…」
そのまま微睡みの中に溶けた。

次の日の朝。
一緒に風呂に入った。
さすがにヤル気にはなれなかった。
でもキスしたりするだけで嬉しかった。
送りの車の中でいろいろ話した。
お互いのこと。

学校のこと。
バイバイしたくなかった。
でも連絡先を交換したからいつでも話せる。
カメラマンからお金を渡されコウジさんと別れた。
お金を渡されたとき、ちょっと寂しかった。
コウジさんとの関係もお金みたいだったから。
きっと大丈夫。
また会えると信じて俺は帰路についた。

男同士の出会いはゲイ専用出会いコミュニティサイト!

人気記事

1

男同士の出会いはゲイ専用出会いコミュニティサイト!   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「 ...

2

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方! 1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体 ...

3

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方! 1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-ゲイ体験談
-, , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.