まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイ体験談

彼氏に売春させられ

投稿日:

19歳の東京の専門学校に通うkeiです。
今、48歳のご主人様に虐めて貰ってます。
ご主人様が、その時のことを、どこかの開示版に書いてこいって言われたので書き込みます。

高校に入り、軟式テニス部に入部しました。
1年上に、素敵な先輩がおり、とあるきっかけで、自分ともうひとりで先輩の家に遊びに行くことに。
最初は、3人でテレビゲームを交代でして楽しんでいた。
ゲームに飽きて、先般が、AVを見ようってことになり、音量を落として、3人で、見始めた。

先輩は自分ともうひとりにオナニーしてもいいぜって。
自分は、恥ずかしくAVを見ているだけだったが、もうひとりがオナニーを始めた。
先輩も、オレもしよっとと、大胆にもズボン、パンツを脱ぎ下半身裸に。
自分にとっては、AVより先輩の方が刺激的で勃起してしまった、また、自分は憧れの先輩の物が見られて凄く嬉しかった。

先輩が、お前はしないのか?って言ったので、なんと大胆にも、先輩手伝いますよ(こんな事経験もないのに)って言ってしまった。
先輩は、半分冗談のつもりで、おお、してくれ~って言ったので、先輩の横に寄り添い、手を伸ばして先輩の物をにぎり、上下に動かした、凄く嬉しくて、一生懸命しごいたので、スグに先輩は逝ってくれた。

自分は慌ててティッシュをむしり取り、飛び散ったものを拭き、また、ティッシュを取り先輩のものを拭いた、その時、先輩から、ありがとうなって言われ、うれしくて舞い上がってしまった。
後ろを振り向くと、もうひとりはすでに放出して、その行為を見て目を丸くしていた。

先輩から、その時の事は3人の秘密ってことで、他人には言わないってことで、その日は別れた。

週が明け、月曜日に部活が、週末のことは何もなかったが如く。
ごくごく普通に部活していた。
ひょっとして、先週のことは自分の妄想から来る夢だったかのように、肩すかしをくらった感じだった。

その週末に何かあるかもと期待していたが。。すっと先輩は帰ってしまった。
次の週も何もなく。。。金曜日の部活の時に、先輩に、”今日先輩にところに行っていいですか?”って耳うちしてみたが、聞かなかったそぶりで、先般は立ち去った。

あれれって感じと、不安で一杯で部活の練習も上の空って感じだった。
しかし、練習が終わり後片付けしている時に先輩が寄ってきて、今日家にくるか?って言ってくれたので、大きく頷いた。
後片付けが終わり、着替えて部室を出ると、先輩は校門の所に立っていたので、走って先輩のところへ行った。
先輩の後ろを付いて歩いて先輩の家へ、そして先輩の部屋へ入った。

先輩がカウチに座り、手招きして、自分を呼んだので、先輩の横に座った。
飲み物何がいいって?コーラがいいって言うと、部屋を出て飲み物とあられを持って来てくれ、座って話しを始めた。

先輩から、この間は気持ち良かったから、またして欲しいなって思っていたけど、悪いな~って思っていたので、声を掛けなかったけど、今日ケイが話し掛けてくれてよかった~。って言ってくれた。

先輩に、何か嫌われたのかって思っていたので、今日は凄く嬉しいって答えて、大胆にも、触っていいですか?って聞いちゃった。
先輩が頷いたので、先輩の股間に目をやると、すでに学生ズボンの前が膨らんでいるのを確認し、ベルトに手を掛け外し、先輩に協力してもらいズボンをずらし、足から抜いた。

黒のボクサーパンツが現れ、膨らんだ先の部分が少し濡れていた。
バンツのゴムの部分を思い切り引張り、棒に当たらないないように、露出させ。
すぐに触りたい衝動を抑え、パンツを足から抜いて、先般にものをしっかり握り、上下運動を始めた。

完全に勃起してるので少し皮が足りない状況だが、先輩の先走り汁が潤滑剤になり、抵抗なく上下運動が出来た。
先日は気が付かなかったが、汁でクチュクチュといやらしい音を立てていた。
いままでフェラなどしたことがなかったが、先輩のものを口でしたくなり、顔を近づけて、先端を口に入れた。

先輩が、うぅって言い、続けて、いいのか?って言って頭を撫でてくれた。
先を舐めながら、根元をしごいていたら、先輩が、うぉうぅって言い、腰を引こうとした、無意識のうちに口を離さないように、それを追っかける感じにした時。

前のめりになり、深く先輩のものを飲み込む形になり、先輩のものがほとばしった。
さすがに好きな先輩のものだが、驚きは凄かった。
口の横から流れ出し、ちょっと収集のつかない状況になった時、先輩がティッシュを渡してくれて、先輩のものの根元を拭き、口から抜き去った。
口に残ったものは唾液と一緒に飲み込んで、口の周りを拭いた。

その後、先輩がギュて抱きしめてくれた。
嬉しくて少し涙がこぼれた。

先輩に抱きしめられた余韻を楽しみながら、帰宅した。

次の週から、週2回ほど先輩の家でしてた。
先輩の性処理させられているのだが、凄く幸せだった。
3週間経った金曜日に、終わった後、ハグされている時に、明日来ないか?って聞かれた、もちろん嬉しい話なので、来るよって答えて、何時にくればいいって聞いたら、10時ころかなって。

翌日、10時に先輩のところへ来て部屋に入ると、先輩に後ろから抱きしめられ、耳元で、ケイ、アナルセックスって知ってる、今日してみたいんだって言った。
聞いたこともあり、どんな事をするかも知っていた。
これは先輩が自分を求めていることで、先輩と繋がることが凄くうれしい反面、先輩のものが入るのか不安だった。

そんことしたことないので怖いけど、先輩がしたいならいいよ。
先輩が下半身裸になって、四つん這いになるように言われ、従った。
お尻弄ってあげるね、スグには入らないらしいからって、乳液を手に付け、お尻の穴の指を当てて円を書くように乳液を塗り付けた。

先輩に汚いお尻を触られるのが恥ずかしく、先輩にこんなして貰っていいのかって感じで、ドキドキしてる時に、先輩が入れるよって、指を差し込んできた。
痛いとかって感じは全くなく、ただ、異物を感じるだけだった。

中に入れた指を回したりしていた、中で指を曲げた時少し痛かったが、次の瞬間、何か感じ、あぁっと声を出してしまった。そのままそこをグリグリってされたら、何かおしっこが出そうな感じがして、”おしっこ出そう”って言うと、そうかって先輩は指を抜いた。

先輩の指にはケイのうんこがついており、素知らぬふりで先輩はティッシュで拭きながら、”おしっこしたいんじゃないのか”って言われたが、そんな感じがなく。。
大丈夫みたいって。

先輩が2本いれるぞって言って、指2本を入れた、少しきつく痛かったが痛いって言わず我慢した。少し時間が経つと痛みもなく、1本指と変わらない感じだった。

5分くらいか10分くらいか指を入れられいた。
先輩は指を抜き、ティッシュで拭いて、ケイの前に来て物をケイの口のところに持ってきたので、すかさずくわえた。
スグに口の中で大きくなり、先輩は手に乳液を出して、口から抜き取り、乳液を塗り付けてながら、ケイの後ろに回って、”行くよ”といって、先っぽを穴にあてた。

乳液の冷やっとしたのを感じたと思っていると、先っぽがめりこんで来た。
そのまま、つるっとカリ部分が入るのが判ったが凄く圧迫感を感じ、思わず、”ちょっとちょっと待って”っていうと、先輩は、そのままじっとしてくれた。

何秒かして楽になって、はぁって大きく息を吐いたら、”行くよ”って先輩が言い、メリメリって感じで入ってきた。
自分が、なんか凄く息が荒く、はぁはぁって言っているのに気が付いた。
先輩も自分が辛そうに見えたのか、そのままじっとしていてくれたので、大丈夫ですよって言うと、ゆっくり出し入れを始めた。

しばらくしたら、うんちの臭いがしてきて、凄く恥ずかしかった。
何か申し訳ない気持ちで一杯で、そのことばかり考えていたら、お腹に暖かいものを感じた、先輩は動いていないのに中で、ヒクヒク動いているのが判った。
先輩は、ありがとうねって言って、抜き出した。

先輩に状態を起こされ、抱っこされ、キスしてくれた。
頭真っ白だった。
なんか、うんち臭くお風呂に入ろうと言われ先輩に連れられお風呂に行きシャワーで体を流した。

その後もアナルセックス中心で先輩と逢うことが秋頃まで続いた。
もちろんその事にはシャワー浣で、お腹を綺麗することも簡単で出来るようになっていた。

10月になった始めの土曜日に先輩のところへ行ったが。。。

いつものように、先輩の家へ。
部屋に入ると、先輩と腰にタオルを巻いた人が。。
誰って聞いたら、オレの友達の○○だよ。
今日はケイをふたりでしてみたいんだ。
えぇ、先輩以外の人は、嫌だ~

そしたら、先輩が、ケイがあぁあぁ言ってる所を凄く見たいんだけどな。
ダメなら仕方ないか。
首を縦に振ってみたら。
なんだ、ケイは嫌なんだ、面白くないな。
って、寂しい顔を先輩がするので、思わず了承してしまった。
先輩が○○のちんちんしゃぶらせて貰いなって。

少し腰が引けてると、先輩に手を引かれ背中を押され、○○さんの前に。
○○さんは、してくれるのって言ったので、自分は先輩の方を見たら顎でうながされたので、○○さんの前に座り、タオルを開いてみたらすでに大きくなったものが、先輩のと違いしっかり皮が被っていた。

そのまま口に入れたら、○○さんは自分で皮を引っ張って口の中で、鬼頭が露出形になった。何か嫌な味がしたが、我慢して続けていたら。
先輩が後ろから抱きついて来て、耳元で違うおちんちんはどうだ、うれしいか?って言うので、くわえたまま、横に首を振った。

先輩がそんなこと言ったら、○○に失礼だろって、頭を小突かれた。
ケイくわえたまま、四つん這いになれって言われ、そうした。
先輩は自分のズボン、パンツを脱がして、乳液で穴を弄り始めた。
○○、なかなかいい感じだぜ、入れてみるかいって。
なんか凄く恥ずかして、なさけなく。。

○○が立ち上がり自分の後ろに行き、すぐに入れられた。
下を向いて、我慢していると、先輩が前に座り、おちんちんを出したので、しゃぶりついた、そうしたら、頭を撫でてくれて、ケイかわいいなって言ってくれた。

そうこうするうちに、○○さんが逝ったようだ。
気持ちいい~って結構喜んでいた。
○○は、シャワーを浴びて戻ってきて着替えて、先輩に送られ帰っていった。
先輩が戻って来て、オレ凄げ~興奮したぜ。
と、スグに、○○の精子が入った穴に挿入してきた。

ヌルヌルで無茶苦茶今日は気持ちいいぜって上機嫌だった。
体位を正上位で、合体し、キスしてくれながら先輩が逝ってくれた。
なんか、嫌だったけど、こうやって先輩にされてると凄くうれしたかった。

何度か、友達って人を交えて3人でしていた。

12月になった頃の出来事だが、その日も先輩の友達という人。
その人は学生とは思えない大人の人で、なんで友達なんだろうって思っていた。
今までもそんな感じの人は居たのだが。

行為が終わり、先輩がその人を送り玄関へ行った。
自分もトイレに行きたく部屋を出た。
先輩のその人の会話が耳に入り。。なんと。
”これで1万でいいのか、また、お願いしたいな”って感じな事を、その人は先輩に言っていた。
トイレに行かず、部屋に戻り、先輩が来るの待った。

先輩が来て、自分に抱きついて来るのを、手で押し返した。
先輩は、どうした。って言った。
先輩、なんだよ1万円って。冗談だろ。って言ってみた。
先輩は悪びれる雰囲気もなく、なんだ聞いていたのか(チェ)、そうだよ、お前を抱かせてお金貰っていたんだ。いいだろ。
涙がこみ上げ、部屋を出ようと立ち上がった。
先輩が後ろから抱きつき、嫌なのか、なら終わりだなって言った。
瞬間、終わりでいいって先輩を振りきるつもりだったが。
先輩は凄い力で抱きしめられ、割り切って楽しもうぜって言った。
怒りがこみ上げていたが、これで先輩と一緒に居られるなら、先輩も喜んでくれると自分の気持ちをねじ曲げていた。
先輩に、終わりにしたくないって言っていた。
その日は、凄く優しい先輩に抱かれて帰った。

4月くらいまでは、他の人が来ることもなく、先輩とふたりだけの時間を過ごしていた。
そんな感じで素敵な時間を過ごしていて、先輩はもうしないんだって思っていた。
4月のある日、行為が終わった後、先輩から、とんでもない話しが。
携帯サイト書き込みで、40代の人達が若いタチとウケを募集してるんだ、一緒に行ってみないか?って、売春って嫌だけど、先輩が居て他の人と絡むのもなんか、いい感じだって気持ちも少しあって、先輩が行きたいなら行ってもいいよって軽く返事してしまった。
先輩は嬉しそうに、すぐに携帯で、書き込みを始め、メールしたようだ。
先輩にその書き込み読ませてってお願いした。
そしたら、内容は合っているのだが、ふたりで5万の謝礼って。
ウリなんじゃん。って言うとそうだよ。
ケイにも半分やるからさって。
なんか複雑だったけど、2.5万は凄く魅力的だった、売春嫌いっていいながら、お金をもらっちゃうことになることに悩んだが、承諾してしてしまった。
そんな時に、携帯に着信が。
先輩から、夜は何時まで大丈夫、泊まりは出来るか?って聞いて来てるらしく。
8時くらいなかな?大丈夫だよねケイって言うので、まあ、大丈夫かな?って言うと返信を始めた。

その日は帰宅することに。
次の週に、5月のとある日の3時までに、前橋のとあるホテルのロビーに行くとのことだった。

当日、先輩と最寄り駅で待ち合わせをして、電車で前橋へ向かった。
電車の中で先輩は携帯でメールしてて、駅に到着して駅を出ると、先輩は辺りを見回して、あの車かな?ってその車に向かって歩き出した。
車に近づくと、助手席の扉が開き、中から、マサ君って声が。

スグに、乗ってって声が、先輩が前に、自分が後ろに乗り車が出発した。
挨拶をして、心配しなくていいよ、みんな優しい人ばかりだからと、スグにホテルの駐車場に到着して、部屋に到着。
ふたりが部屋に入ると、軽い拍手がおきた。
車を運転してきたおじさん(主催者さん)に、自己紹介してって促され、先輩から自己紹介。

自分は、ケイですって言うだけで一杯一杯だった。
参加している人から、ウケの子はどっち?って質問が。
多分自分のことだろうってことで、はいって手を上げた。
かわいいね~ケイ君か、よろしくねって。

6名くらいの人が居た。
主催者さんが、お風呂へ入ってきなさい(ケイ君はお腹の中もね)って。背中をおされてお風呂へ。
先輩と一緒にお風呂に入るのは初めてで、なんか嬉しく楽しかった。
タオルを巻いて出て来ると、ベッドルームに案内され、ベッドに先輩となんで座っていると、他の人達が部屋に入ってきた。

じゃあ、ケイ君はこっちのベッドに上がって、マサ君はあっちのベットにって指示され。
ベッドに上がり体育座り風にすわると、自分の廻りに4人が来て、タオルを取り、ひとりの人がフェラしてくれる?って、軽くうなづくと自分の前に仁王立ちになったので、手を添え口含んだ。

横に座ったおじさんに手を引かれ、おじさんのちんちんを掴ませれた。
逆の手も同様だった。
もうひとりの人は、自分のふともものあたりを触って、たまたまとちんちんを触っていた。

しばらくして、四つん這いになるように言われ、四つん這いになると。。
先輩がフェラされ、後ろから乳首を弄られて、先輩がトロンってした顔で声を漏らしているのが見えた。
四つん這いの自分の前におちんちんを出していたので、くわえた。

その時、お尻に何か差し込まれ、冷たい液体のようなもの入ってきた。
口を離し”何”って言うと、ローションだよ、痛くないように入れたんだよって。
フェラを続けていると、後ろから、入れるよって。
フェラしながら首を縦に振った。

お尻に当たったと思ったら、ゆっくりと入ってきた。
ゆっくりとした動きで前後運動、少し感じてきてフェラがつらく口を離して、顔をベッドへ埋めた、首を振ると、先輩がおじさんと合体して、後ろ胸を責められていて、先輩に掘られてるおじさんに前にもう一人居て、その人にフェラしていた。

長い挿入の末、やっと自分の相手が逝ってくれたようだ。
ときどきフラッシュが炊かれて、撮影されていたようだ。
スグに他の方のが入ってきた。
耳もとで、ケイ君凄い汁出てるよって
腕で、体を持ち上げ覗き込むと、本当に一杯汁を流していた。

他のおじさんは、オレのもしてくれるからと前に来ていたので、口に入れた。
頭を掴まれ腰を振られた、ちょっと苦しかった。
おちんちんに異物感じが、誰かが自分のおちんちんを舐めているようだ。
逝きそうになり、口からおちんちんを外し、逝っちゃう、逝っちゃうよって言うと、誰かが逝っちゃなよ、構わないからって。

頭を振ってイヤイヤって感じにしたが、止まらず、そのまま出してしまった。
ごめんなさいって言うと、大丈夫だよ、ケイ君一杯でたね、かわいいって。
そのまま掘られた続け、やっと逝ってくれた。
次は、リビングの方連れていかれ、ソファーに座るおじさんの上にお尻におちんちんを当てて座った。

下から突かれる感じだった。
しばらくして、立つように言われ、窓枠に手をついて、立ちバックされて。
少し休憩ってことで、飲み物お菓子を飲み食いして、みんなから色々質問されたりって感じで時間を過ごした。
2ラウンド目が始まり、同じように何度も掘られた。

合計7回ほど入れられた感じだ。口の方は覚えていない。
2ラウンドが終わり、シャワーを浴びて出て来たら6時半になっていた。
主催者の人が、最後は、マサ君とケイ君の絡みでも見せてもらおうって。
ベッドに行き、みんなの前に始めることに。

フェラから始まり、バック、正上位、バックって感じで、先輩は逝かなかったが、それで終了って感じで、駅まで送ってもらい電車に乗った。
先輩が、封筒に入れたお金をくれた。
そのままポケットにしまい中身を確認しなかった。

家に着き、中身を確認すると4万円も入っていた。
先輩にそのことをメールすると、人数が増えたので、8万円くれたそうだ。

乱交の後は、先輩とふたりだけのエッチという感じで1カ月ほど経った時に。。
先輩から、この間のおじさんから、ケイとまたしたいって話しが来てるんだけど、どうかな?って言われた。
即、そんなの嫌だ、この間みたいに、そばに先輩が居るならいいけど、ひとりじゃ嫌だって。

その場は、そのまま話しは終わり。
数日後、またこの話しになり、先輩はプレーには参加しないけど、一緒に居るけど、それでもダメかな?って。
先輩が、それが良いならってことで、、

先日と同じようにホテルに到着し、部屋に入ると、その日はおじさんが3人だけだった。
口、手、穴を使われるのは、この間と同じだが、後半で縄が出て来て、上半身を縛られ、膝に縄でベットにつながれ。
これからが大変で、蝋燭を胸とかに垂らされ、熱い~って騒いでいた。

熱くて仕方ない時に、横に居たおじさんが、”熱いとか言ってるけど、ちんこギンギンで感じてるよ、この子”って。
なんか、その言葉が衝撃的で、なにかくやして、涙が流れてきた。

その涙のせいで、泣いちゃったよ、もう辞めておこうってことに。
その体勢はそのままで、3名に連続で挿入され、それで終了になった。
先輩も待っててくれて、一緒に帰った。

その日は、そのまま家に帰った。

その後は、先輩とふたりだけの、スイートな時間を過ごすことが出来た。
夏休みの期末テスト前に、先輩に逢った時に、またとんでもないことを。。
ケイ、以前のおじさんにケイのメアドを教えておいたぜ。

何か、お前目当てのおっさんがいるそうで。
メールくるかもだから、よろしくなって。
先輩、そんなの嫌だよ、嫌だ~
先輩は、頼むから、夏休みに遊びに行くのにお金が要るんだよ、頼む。
それとも、お金貸してくれか?って。

お金なんか持ってないし、先輩の為になるなら、、
次の日にメールが来たけど、今週はテストがあるのでってメールすると、夏休みになったらってことで、その次の週にねってことになった。
逢う前の日に、先輩と一緒に先輩の家に行ったら、先輩はもう知っており、明日行くんだね、頑張ってくれなって。

抱きしめられ、キスされ。。。。エッチして帰宅した。
近くの駅に10時に行くと、おじさんが駅前に立っていた。
自分を見ると近づいてきて、ケイ君来てくれてありがとうね。
って車へ向かった。

今日はケイ君に女の子をして欲しいんだって、サンキって衣料店に行き、ストッキング、ブラ、パンティ、Tシャツ、ミニスカを買って、ご飯でもってことで、洋食屋さんに行って食事をした。
その後、ラブホテルなりところへ入った。
初めてで、なんか楽しかった。

部屋に入ると、すぐに服を脱いでって言われ、全部脱いだら、かわいいおちんちんだねって触られ、、勃起してしまった。
若い子はいいねって
飲みものを頂いていたら、お風呂のお湯が止まった。

自動に止まるんだっていうと、お風呂に入ろうって言い立ち上がり。
服を脱がしてくれるって言われ、脱がしてあげた。
手を引かれ、お風呂へ、手にソープを付けて丁寧に洗ってくらた。
今度はおじさんの体を洗ってくれるかなって言うので洗ってあげた。
お風呂に入りおじさんに触られていた。

(なんか凄く優しくて嫌な雰囲気ではなかった)
おじさんはちょっと待ってねって行ってお風呂を出て行き、大きな浣腸器を持って帰ってきた。
桶をシャワーで流し、桶に小瓶の液体を入れ、お湯を足し薄めていた。
さあ、こっちに来て四つん這いになってって。

浣腸を3回ほど入れられた。
すぐにしたい感じになり、出ちゃうっていうと、ここでしなさいって。
我慢出来ずに、水を吹き出した。うんちも出て恥ずかしかったけど、すぐにシャワーで流してくれた。
もう一回浣腸され、またそこでさせられた。

見せてごらんって言われ、お尻を突き出したら、指にローション付けて触られ入れられ、指で弄ってくれた。(くれたっていうのは、凄く気持ち良くって)
しばらく弄られ、一杯、おちんちんから汁が出てた。

シャワーを浴び、部屋へ戻ると、ブラ、パンティを履かされ、ストッキングを履かせてもらった。(ストッキングなんか気持ちいいな)
Tシャツ着て、ミニスカ履いたら、おじさんが顔は写さないから写真撮っていい?

タオルで顔を隠して、何枚か写真を撮られた。
四つん這いになったり、そのままストッキング、パンティをズラされて撮られたいした。
しばらく、色々な写真を撮られた。

ベットに連れていかれ、おじさんはベットの端に座り、自分を足下に座らせ、しゃぶってくれる?って
一生懸命しゃぶった、非常にゆっくりだが、ダンダン大きくなってきた。
結構長時間フェラさせられて、凄く疲れた感じ。

ベッドに上げられ、ストッキングを破られ、パンティも引き散られ前から覆いかぶって来て、挿入された。
ちょっと強引な感じで少し痛かったけど、なんか嬉しかった。
おじさんは腰を動かしながら、キスしていい?って、首を縦にコクリとすると、キスしてきた。

先輩のキスとは違いなんかねちっこく、長く、いい感じだった。
長いキスが終わると、おじさんは、体を起こし、腰を振りながら、ケイのちんちんを弄ってくれた。
(なんか、すぐに逝っちゃいそうだった)

すぐに触るのは、辞め、足を持ち上げ、激しく腰を振り、足を片側に倒され、横に寝る感じにされ、そのままされていた。
一旦、抜いて腰を持ち上げられ、バックか再度挿入。
最後は、顔に掛けられた。

おじさんは、放出後、自分のものをティッシュで拭き、今度は、優しくケイの顔に掛かったものを綺麗に拭いてくれた。
写真も少しって、ぐったいしてるところを撮られた。

お風呂に行き、体を洗って貰って、着替えて、ホテルを後にして、駅まで送ってもらった。

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-ゲイ体験談
-, , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.