まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

イケメン体験談

イケメンのリーマン

投稿日:

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ

いつもなら通過する停留所でぼくはバスを降りました。受験 参考書を買うためにデパートへ向かいます。家の近くの書店は 品揃えが悪いので、わざわざこんなところに来たわけです。

 (ったく・・・)そう思いつつもデパート内の書店に入りまし た。参考書コーナーまでの途中に写真集コーナーがあり、きれ いな肌を大胆に写したイケメン有名人の写真集が目に入りまし た。(かっこいー、買いてー)ぼくは早速ビンビン2歩手前。

でも レジ店員にそんなの差し出す勇気もないし、女の人の群れの中 には居づらかったので諦めです。おとなしく参考書を買って書 店を出ました。

 それだけで帰るのもつまらないので、デパート内を適当にう ろついていると、イケメンがむこうから歩いてきました。すれ 違いざまに香水の匂いが漂います。

(うっわぁ~いい匂い~。っ ていうか、かっけぇー)もうベロンベロンです。頭が少しポーっ としました。ぼくは無意識にその人を目で追っていて、つられ て足もその方向へ動いていました。

そのイケメンはリーマン(ぼくはこの呼び方、あまり好きじゃな いですけど・・・)風で、黒いスーツをビシッと着こなしていま した。彼は宝飾品(宝石とか・・・)売場をゆっくり歩いていま す。彼女へのプレゼント探しかなっと思いつつ、あとをつけま す。売場には他に3,4人ほどしか居ませんでした。

(制服姿の高 校生が1人でこんなとこを・・・。ウヌーッ、目立ちすぎる~) 少しあせりました。でも彼は時折ショーケースを覗き込むよう のしぐさをしましたが、立ち止まって品定めするでもなくわり とスムーズに売場を抜けていきました。怪しまれないように距 離を保つのが大変でした。

 売場の先にはエレベーターとか外へ出るドアがあり、そこか ら真夏の太陽が控え目に差し込んできます。彼のスーツがその 光に反射して余計にりりしく見えました。ぼくが追いつくと、 彼はエレベータを待っていました。

さりげなく彼の後ろに並び ました。ぼくはその日かなり高校が早く終り、そのときは午後
1時過ぎくらいだったと思います。でもなぜかかなり人が少なく 、そこには誰もいません。外の暑さとは対照的に、クーラーが 効いていて静かな空間でした。

(2人っきりだよ~)ぼくはかなり ドキドキ。なんか落ち着きません。っていうか再びビンビン2歩 手前(笑)その一方、彼のすぐ後ろで、彼のスラッとした足に見 とれていました。(ハァ、かっけーなー)ウットリですね。

 エレベーターが来て、彼は乗り込んでいきます。ウットリ状 態のままぼくも後に続きます。もちろん他の人はいません。

 スーッとドアが閉まり、密室完成(笑)。彼は右奥の壁にもたれ 、ぼくは左奥の壁にもたれました。彼の香水の香りがぼくの気持 ちを挑発していました。何気ない雰囲気をかもし出そうと必死で したが、ドキドキはバクバクへ移行。

横目で彼の股間を見ながら 、(あのおしゃれなスーツ姿の下にはどんな彼が眠っているんだろ う)などと考えていると(←バカですね)、もう我慢できるかできな
いかのラインに達してついに、仕掛けてしまいました。

<以下会話部分では、ぼく=m、イケメンリーマン=リとします。>
 
m「あのぅ・・・」
リ「・・・ん?(みたいな感じ)」
m「あ、あのぅ、お願いがあるんですけど」
リ「・・・」
m「えっと、ついてきてもらえますか?」
リ「えっ?」

彼は優しそうな顔で困ったようにしていました。と、そのときエ レベーターが別の階についてしまい、他の人が数人乗ってきまし た。ぼくはなんだか恥ずかしくなってエレベーターを降りました 。すると彼も降りてきたのです!ぼくはあえて無意味に階段を使 ってさっきの宝飾品売場の階を目指しました。

階段を上るぼくと 彼の足音が妙にリズミカルで、その音を聞きながらぼくは自分自 身がとっている行動に驚いていました。だって、イケメンの写真 集も買えないようなぼくがイケメンを誘っているのです。もちろ ん、これまでそんなことはしたことありませんでした。そしてそ の階にたどり着き、トイレに入りました。
ぼくは、そぐにトイレの個室に入りました。心臓がバクバクしてい て、少し汗が出ていました。そのバクバクがおさまらないうちに個 室のドアがノックされます。ぼくはロックをはずしました。しかし 自分でドアを開ける勇気がありませんでた。

(どうしよ~。怒ってな いかな?やめときゃよかったかな~)迷いを振り切ってドアを開けよ うとすると、それよりほんの少し早いタイミングでドアが開きまし た。ぼくはそれにつられてややバランスを崩してしまい、左手(右手 でドアノブをつかんでいた)をイケメンの胸の下あたりについてし まいました。

(うぁぁ、なんか軽くどついちゃったっぽい・・・どー しよ)恐る恐るその人の顔を見ると、相変わらずなんとも淡白で優し そうな顔でした。
リ「大丈夫・・・かな?」
そう言ってぼくの腕をやさしく下ろしてくれました。ぼくは彼のイケ メンぶりに言葉が出ず、返事をせずにいました。

リ「きみについてきちゃったけど、何?」
(いまさらそんなこと聞かないでよ~。アンタもわかっててついてき たんじゃないの~?・・・んもうっ)
m「あ、えっと・・・」

(は、ハズイ・・・。なんて言えばいいんだろ)視線を彼から背けまし たが、やっぱり行き着くところは彼の股間(笑)。(あぁぁ、このスー ツの向こうにイケメンのおちんちんが・・・あるのよね~)そう思うと また思考がゆがんじゃって、ついに・・・

m「あぁ、あのぅ、・・・お兄さんのチン・・・おちんちん見せてください!!」
(言っちゃったよ~どーしよ)
リ「・・・えっ・・・ぇあ・・・」
(え~っ、知っててきたんじゃないの~?)ぼくは焦りました。けど、 彼の困ってる顔がもう最高にカワイイんです。

かわいすぎ!微妙にホッペが赤みを帯びてるとことか。そんな彼を見てると、さすがにもうぼくの性欲を止めれるものはなくなってしまいました。そして、

ぼくの手は彼の股間に伸び、まずおもむろにひともみ。
(・・・さわっちゃった。デカイ)
彼のおちんちんは勃起はしていませんでしたが、大きいのです。それプラス、
(ヤワラカイ・・・)

彼の顔をうかがってみると、とても驚いているようでした。調子に乗って揉み続けました。
(あ~っ、イイ。このフニャフニャ感。なんか体温が伝わってくる~)
ぼくは彼のスーツをまとった股間を見つめながら揉み続けます。ぼくは既にビンビン1歩手前ラインを切っていました。彼のスーツの股間部分に視線で穴が開くくらい見つめて妄想を膨らませました。

(このスーツがいいんだよね~。そそる!やっぱ男の美しさはスーツ姿だよな。体のラインをビミョーに隠すような、残すような。セクシー度をひきたてるんだよね。)

などと、スーツ評論家(?)みたいなことを考えていると、感触に変化が表れ始めました。彼が勃起したのです。スーツにもその形がついたりしてますますそそ ります。彼の優しい顔は、明らかに、感じる顔になっていました。ぼくもつられて感じてしまいます。静かな空間にかすかに声が漏れます。

リ「・・・ハァ・・・」

ぼくはなんだか嬉しくなって、揉む手に力が入りました。
(このお兄さん、ぼくの愛撫で感じてくれてる。)
おちんちんを撫でたりさすったり揉んだり。とにかく手を休めませんでした。ズンズンとお兄さんのおちんちんが大きくなっていくのがわかります。お兄さんの顔は赤みを増していました。

リ「ん、・・・ハァ。・・・」

感情がだんだんエスカレートしていきます。ぼくは目を閉じ、お兄さんのおちんちんを揉む手に自分を集中させました。スーツの上からなので思うように揉めず にひっかかったりすることもありましたが、それすらぼくの手の熱に変わるようでした。

布がすれるような音だけが響く淫らな時間が過ぎていきました。・・・ そのとき、ぼくの股間が強く握られました。自分の手に集中していたので、びっくりしてその動きを止めてしまいました。目を開けると、お兄さんがぼくのおち んちんを握っていました。

おちんちんを強く握られて、ぼくは体をビクッと揺らしました。しかしなぜか、すぐにその手を離してしまいました。ぼくと彼はしばらく目を合わせたままでしが、彼の紅潮した顔から、ぼくは兄さんのことをもっと知りたくなってしまいました。

m「お兄さんのおちんちん、・・・ナマで触ってもいいですか?」

数秒の沈黙の後、ぼくは彼のベルトに手をかけていました。ベルトをはずす。それだけのことが、大きな意味を持っている気がしました。ベルトの金具がガチャラとはずれ、チャックを下ろします。

「ちーっ」

とかすかな音とともに、黒とグレーのストライプのボクサーパンツが姿を現しました。少し濡れている部分があります。そこを指でチョロッとなぞってから、彼 の顔を見上げました。彼は何か言いたそうで、もどかしさを感じているようでした。ぼくはかまわず、一気にパンツをを下げました。

ぼくは夢中でしゃぶりつきました。彼の長い竿を咥え、上下いっぱいに口を動かしました。じゅる、じゅ、・・・淫らで、何かが迫ってくるような音でした。

リ「あぁ、ハァ・・・んあ」

先端をちろちろ舐めたり、スジを舌で這ったり、さらにタマを指で刺激します。
肉棒には管が浮き上がっていて確実に熱が集中してきていました。それはぼくも同じでした。刺激されてもいないのにビンビンです。まるで制服ズボンの中の窮屈さを、お兄さんでかき消そうとするように彼自身を求めました。

リ「んあぁぁ、い・・・イク・・・ハァ」

しゃぶりながら見上げると、顔を横に向け、快感に戸惑う彼がいました。

リ「ああぁぁ、イク、・・・イク」

と、そこでぼくは口を止めました。お兄さんは絶頂寸前です。

m「気持ちいいですか?」
リ「・・・」
m「あのぅ、さっきから何か言いたげですよね・・・何ですか?」
リ「・・・え・・・」

彼の性器は絶頂の手前で武者震い(?)していました。彼も彼自身も苦しそうでした。何かを必死に噴き出そうとしていました。彼は明らかにとどめの快感を欲しています。

リ「・・・って・・る?」
m「え?何ですか?」
リ「・・・きみ、カワイイから。きみにしゃぶってほしい・・・」

お兄さんは恥ずかしさを懸命にこらえて欲望を伝えてきました。不器用なその様子が、普段の臆病な自分にそっくりで、その姿に共感してしまいました。ぼくは無言の返答をしました。

今までよりももっと勢いよくしゃぶりつきます。(ぼくのほうこそ、こんなカワイイお兄さんのおちんちんをしゃぶれて幸せだ)いとしい思いでいっぱいの気持ちをそのまま彼の神経に伝えました。

リ「あああぁぁ、ハァ、イク、イク」

お兄さんはぼくの頭を彼自身に押さえつけ、同時に欲望を発射しました。

ドピュッ、ドッ、ドピュ、ドクドク・・・

立派なおちんちんを口にほおばっていたところへ精液が大量に流れ込みました。(うわぁ、すっげー。こんなに)お兄さんの欲望が今ぼくによって果たされたと思うと嬉しくなり、それも飲み干しました。しかし彼の性欲はあとワンステップ続くのです。

 お兄さんだけじゃなくて、ぼくも興奮していました。なんか体は熱い反面、精神はポカンとしていました。お互いにかすかにハァハァいってました。射精後も 彼のたくましいおちんちんは惚れ惚れするものがあり、夢うつつに眺めていると、ポタッ。

全部飲み込んだはずの彼の白濁液が、ぼくの制服ズボンの上に落ちま した。正確に言うと股間あたりに。あまりに大量の精液だったので、口から漏れてきてしまったのでしょう。(あ。どーしよ)そのときになって、今までの自分 の大胆な行動から目が覚めてぼくは焦っていました。

 すると突然お兄さんはしゃがみこんで、垂れた精子を舌で舐め取ってくれました。そしてぼくのズボンを脱がし始めたのです!ぼくはお兄さんのを舐めてるだけでビンビンでした。いざ自分のを見せるとなるととても恥ずかしくなりました。これまでの強気はどこへやら、

m「ちょ、・・ぃや・・・ハズ・・ィ」
手で隠そうとしますがお兄さんに手を押さえられてしまい、ぼくのおちんちんはあらわになってしまいました。
リ「きみこそ・・・立派だよ」 今度はお兄さんが主導権を持ちます。
m「ハズカシイ・・・」
リ「カワイイおちんちんだね」

m「・・・ぅあ、あの・・・名前なんていうんですか?」ぼくは恥ずかしさのあまり、わけのわからないことを聞いてしまった。
リ「たつき。」
お兄さんに見られるだけで体の一部が熱くなりました。ぼくのそそり立つ欲望もまた、興奮を求めていました。お兄さんはそれを悟ってぼくにしゃぶりついてきました。

m「んは、・・・ぃや・・・あっ」 気持ちは恥ずかしがってるけど体は大胆に身をくねらせて感じていました。もともとビンビンだったぼくの逸物は、もうヤバイ状態です。
m「お兄・・・ん、ゃめ・・・ハァ」ぼくの言葉はバレバレの嘘をついていました。

お兄さんのテクはすごくて、足が浮いてしまう気がしました。じゅぶじゅぶ。欲望をかき立てるような音が響きます。
m「ああぁ・・・んぁ・・ああああ」 ぼくは絶頂寸前でした。他の人の前でイクことを考えると恥ずかしさで壊れそうでした。でもお兄さんは口をピタッと止めたのです。
 
びっくりしているぼくとお兄さんの目が合いました。っていうか、お兄さんはあのカワイイ顔で本当のぼくを待っているのでした。お兄さん整った顔、相変わら ず紅潮したほほ。無言で待っています。お兄さんが少し首を傾けるようなしぐさをしたときぼくはもう我慢できませんでした。

m「お兄さん。・・・たつきさんにしゃぶってほしぃ・・・です。」
ひくつくぼく自身にお兄さんは再び勢いよくしゃぶりついてきます。ぼくは知らないうちにお兄さんの頭を抑え、自分から腰を振っていました。
m「んあぁぁ、ハァ、・・・たつきさん!たつきさん!」お兄さんの名前を連呼し、存在を求めます。(お兄さんの中でイクならはすかしくたっていい。)そう思ってひたすら快楽に溺れます。

m「ん、んん、んあぁ、・・・イク。たつきさん、あっ、イッちゃうよ~たつきさん、イク、んハァ、ぁあああ、たつきさん!た・・・きさ・・・」
ドピュッ!!!ド、ドクドクドク・・・

他の人にいかされるのが、こんなに恥ずかしくて、こんなに気持ちいいことだと初めて知りました。お兄さんはぼくの精子をおいしそうに飲んでくれたけど、最後のワンショットだけタイミングがずれて、ピュッと、あのカッコイイ背広の端にかかってしましました。

m「あ、・・・。スミマセン・・・」
しばらく間がありましたが、お兄さんはおもむろにその背広を脱ぎました。
リ「・・・これ、あげるよ」
m「えっ、でも・・・」
リ「・・・戻らなきゃ。昼休みとっくに過ぎてるし」
m「えっ、あ、・・・でも」
リ「研修でこの辺に来ただけだから・・・じゃぁ」
お兄さんは戸惑うぼくを残して、1人去っていきました。

 おちんちんがブルンと溢れ出ました。反動で下腹に当たってペチッと音が鳴りました。見るからにたくましい逸物で、ぼくがえがいていたものよりずっと男ら しいものでした。優しい顔からは想像できず、そのギャップがたまりません。

適度毛、重量感のあるタマ、力強い竿、そしてきれいなピンクの亀頭・・・。そこ から男の滴が垂れて、キラキラしています。くっきりとしたカリを指でたどると、脈打った竿から全身に電気が走ったのか、彼の体が震えました。

m「大人の人の、初めて見た」
リ「・・・」
m「お兄さんのおちんちん、・・・スッゴイですね」
リ「・・・んっ・・・」

会話の間もぼくはおちんちんをゆっくり、全体を撫でました。彼はまた何か言いたそうな顔をしていました。ぼくはそれが気になりました。ひとまず手を止め、 彼を眺めます。トイレの微妙な照明の下、彼の体はいっそう淫らでした。そして全身からある一点へ視点を移します。

彼の香水の香りが、ぼくをまたクラッとさ せてして焦点をずらしました。彼のいとおしい顔が目に入り、ぼくはお兄さんのことをもっと知りたくなりました。
次の瞬間ぼくはお兄さんの逸物にしゃぶりついたのです。

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ

人気記事

1

無料の親父ゲイ出会いけいじばんを徹底比較・完全評価!   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 ...

2

アナル!ペニス!ゲイ!性欲が止まらないサカリまくってるゲイの貴方へ。効率の良い無料のセフレの作り方を伝授します。色々な煩わしさや、コスパを考えると、やっぱりゲイセフレのストックは必須です! 1:名も無 ...

3

アナルセックスを経験したことない全てのゲイへ 1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があ ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-イケメン体験談
-

Copyright© まとめてゲイ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.