まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

発展場体験談

露出狂の私の成人映画館での変態行為

投稿日:

どんどん深みに嵌っていく・・・・。

自分でいうのもなんですが、今まで女性に不自由したこともなく、風俗
遊び含めいろんな事をやってきた。そんな自分が、何か新しい刺激を
求めて成人映画館に足を運んだのは、今から3年ぐらい前のことでした。

そこで、初めて男に咥えられ果てた私・・・。異常な行為に興奮しつつも、
その後の嫌悪感。もう、止めておこうと決めながら、ズルズルと今日に
至っています。最初は攻められる事に、専念。しかし、ドンドンエスカレートしていく・・・。1年後には、初めて男のモノを咥え込み、今では全裸でアナルへ指を入れられるまでになっていました。

後悔しながらも止められない・・・。そんな先週のことです。

いつものように発情してしまい、早朝5時まで上映されてる小さな成人映画館に、夜11時頃から出かけて行ってしまったのです。
映画館に入ると、時間も時間だけに客は4,5人。露出狂でもある私は、一番
後ろの立ち見場所に置いてある長椅子に腰掛け、一枚一枚服を脱ぎ始めました。そして全裸に・・・・。人も少ない、時間も時間、きっとこのままでも
大丈夫だろうと、全裸のままペ○スをしごき始めました。

しかし、10分立っても誰に見つかることも無く、空しい時間が過ぎていきます。そう、私は見て欲しいんです・・・そして苛めて欲しいんです・・。
自分でしごき興奮してきた私は、思い切って立ち上がり、全裸のまま後ろの
通路をウロウロしはじめました。すると、あるおっちゃんが立ち上がり、後ろに歩いてきます。ドキドキしながらも、私はその格好のまま通路に立っています。すると横に来て、じ~っと私の体を舐めるように見始めました。

「すごいな~?」と、言葉を発した瞬間、手が私のペ○スに・・・。
5分ぐらい、触られてたでしょうか?おっちゃんは、私の期待に反して手を
止め、元の席に戻っていきました。

「う~ん、さすがにこんなとこで全裸でおると、危ない奴と警戒されるのかなぁ?」と、少々不安にもなってきました。その後長椅子に戻り、服を着る
ことなく全裸のまま座ってしごいでおりました。その間、何人かはトイレや
飲み物を買うため席を立ち、私の横を通り過ぎて行きましたが、チラッとは
見てくれるものの、無関心のごとく無視されておりました。

これじゃ、ホント俺って館内でも変態扱いだなぁ~と、思いつつも露出状態は止める事が出来ませんでした。そんな状態で2時間ぐらいが空しく経過していたでしょうか・・・。出入り口のドアが、ガバッと開き新しいお客が入ってきました。私の座ってる長椅子は、この出入り口の近くにあり、もちろん
入ってきた人は、暗闇にさえ目が慣れれば間違いなく私の姿を目にします。

私は、見られてる~という喜びに、更なる興奮を憶えています。すると、この男(おっちゃん)は、私の横に座り迷うことなく私の足を触りだしました。もう、誰かに見て欲しい~苛めて欲しい~と欲求不満状態の私は、OKの
サインのごとく小さな息をもらしました。

もちろん、ここからはおっちゃんの独断場。乳首を舐められ、ペ○スをしゃぶり続けられ、深夜とはいえこんな皆が通る後ろの通路で、全裸で男に攻められてるという異常な行為に、私の頭は真っ白に・・・。

こんな状態が15分ぐらい続いたでしょうか?おっちゃんは、おもむろに鞄からローションを取り出し、私を長椅子に横にさせ、足をひろげさせました。
そして、ローションをたっぷりとぺ○スと、アナルで塗りこんでいきます。
「あ~気持ちいい~」・・・心の中でr呟きます・・・。そして、アナルへ1本、2本と指を入れ、ゆっくりとかき混ぜていきます。そして、馴染んできた事を確認すると、2本の指を出し入れし始めます。私は、場所もわきまえず声を出し始めていました。

うっ。ちょっとキツイ!そう感じたのは3本目の指を入れたからなのでしょう。そしておっちゃんは指を私のアナルへ3本突っ込んだまま、耳元で囁きました・・・。「チンポ入れてもいいか」・・・・。実は私はこの3年、舐められたり舐めたり、裸になったりはしてきましたが、アナルへは指は許しても本物だけは、断固拒否し続けていたんです。もちろん、今回も「それだけは絶対ダメ!」と拒否しました。

するとおっちゃんは、アナルから指を抜くと私の体を起こし、自分の一物を
取り出し私に咥えさせました。十分舐めさせた後、再度押し倒すと正常位の体勢のように上に乗りかかり、自分のぺ○スを私のアナル付近に押し当てたまま、私の一番の性感帯である乳首を舐め始めました。。。。私は乳首を攻められ続けると、ドンドン変になっていってしまうんです。それに、気づいていたのでしょう・・・。

感じすぎて変になっていく自分がわかります・・・。そしてアナルへ押し当てられたおっちゃんのモノが、温かく無性に気持ちよく感じ始めます。
その間も、お客さんは横を通るも、かなり長見はしてくれるものの、冷めた目で見ながら立ち去っていきます。
「コンドーム付けるから、ええやろ?」再度おっちゃんが囁きます。

コンドーム・・・・見られてる・・・・・変態・・・・

・・・・・・「はい」・・・・と答えてしまったのです。

おっちゃんは体を離すと、器用にコンドームを付けながら反対の手で、
私のアナルに指を入れてきます。そして付け終わると、私のアナルと
自分のモノにローションを再度塗りたくり、正常位の体勢でぺ○スをアナルに押し当てます。

私は興奮しながらも、不安で一杯状態。グッと腰を入れると、先の部分が
意外なほどスムーズに入ってきました。ヤバイ!気持ちいいかも・・・・。
さらに腰を沈めてきます・・・が、痛い。何かが遮ってるように感じるほど、痛い・・・。「おっちゃん痛い!」思わず声が出ます。
「もっと力を抜いて、腰を浮かせろ」言われたとおりにします。さらに少し
入ってくる感覚が分かります・・・・。

まだ全部入ってない状態で、少しずつゆっくりと腰を動かし始めます。その
都度、ゆっくりゆっくり入ってくるのが分かります。そして全部挿入まで、5分はかかった事でしょう。おっちゃんのペ○スを、とうとう私のアナルは全部咥え込んでしまったのです・・・・。

初めての行為・・・・しかもこんな場所で・・・・全裸で・・・・。

興奮もしていたのでしょう。「ハァハァ気持ちいい~」私は、呟いてました。全部入ってしまうと、想像以上に気持ち良かったんです。ゆっくりとおっちゃんはピストン運動を繰り返します。信じられないことに、どんどん気持ち良くなっていくんです・・・。アナルにペ○スを入れられることが、こんなにも気持ちいいなんて・・・・。もう、頭の中は無茶苦茶になって行きました。ふと見ると一番後ろに座ってる男の人が振り向いて、ずっと私を見ています・・・。もうダメ・・・・自分のペ○スは、破裂寸前。少しでも触られたらいってしまいそう。

「気持ちいい~、もっと突いて~」もう、後戻りできない自分がそこにはいました。そんな自分に追い討ちをかけるような信じられない出来事がこの後起こったんです。

カバッと、出入り口のドアが開きました。犯されながらも。館内の人だとマズイという思いもあり、頭を起こして出入り口に目をやります。そこには、にわかに信じがたい光景が。
そこには、今までこんなトコで出くわした事も無い、若い男女のカップルが入ってきたんです。おそらく深夜2時にはなっていたことでしょう。

私はかなり動揺します。いくら露出好きとはいえ、予想もしてない女性の登場、しかも全裸で男に入れられてる状態・・・私の許容範囲を超えてます。。。。しかし、おっちゃんは振り向いて確認はしたものの、気に留める様子も無く、ピストン運動を続けます。

「マジかよ!すげ~!」男の声。「えっ、えっ、ウソ?男同士?」と女の子の笑いながらの声・・・・。「えっ、入れてるの?」「多分そうやろ」と、容赦ない会話。「前いこっ!」という女の声に促されるように二人は、その場を去っていきました。

「若い女に見られて、どうや!?」と、ニヤニヤして聞いてきます。それから10分ぐらい入れられたままたままピストン運動を繰り返し、そしておっちゃんと同時に私は果てました・・・・。

終わると私は、彼らに顔を見られるのが嫌で、服を着て飛び出すように映画館をあとにしました。

・・・・痛みが治まった頃に、また入れて欲しい・・・・。
あの快感。。。その後は街中で男を見たらドキドキ・・・ネットでもゲイ画像を検索・・・
もう引き返せない・・・・。

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-発展場体験談
-

Copyright© まとめてゲイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.