まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ガチムチ体験談

兄貴のトロトロのアナル【後半】

更新日:

すると、兄貴が俺の頭を自分の胸板に引き付けながら、

「お、おま、ち、が、ぁっや、だ、待って、ちょっ、あぁ!」
なんて耳元で囁いてくれて、そんなこと言われても、やめられる訳なくてwww
「おあぁ、兄貴の中、トロットロだよ? あれ? 言われて感じてんの?
先走り。それとも俺の身体に塗り付けて、挑発してんの?」
「やぁ、ち、違っ、ま、マジで、ココでは、んっっ!!!
や、あぁ、嫌だ、と、止めて、腰…」
俺は兄貴に言われて、動くのをやめた。
そして、兄貴がまた俺の耳に荒い息をかけながら言った。
「べ、ベッド行って、もっと激しく…」
兄貴のその言葉に、俺はまんまと兄貴のベッドに誘われてしまった。

兄貴の部屋に入ると、とても暖かかった。というか、裸であるにも関わらず暑かった。
兄貴は俺の部屋に来る時、自分の部屋の暖房を切り忘れていたようだ。
俺は兄貴をベッドにそっと置いた。
ベッドには、俺があの穴から覗いた時に見えたバイブと、
その他いろいろな大人の玩具が転がっていてた。
兄貴のちんぽは、相変わらずすげぇギンギンで、トロトロだった。
俺のちんぽも、相変わらずギンギンで、兄貴の中で暴れたくて仕方がなかった。
「…早速動いていいッスか?」
俺が兄貴に聞くと、兄貴はまたムッとして、
「聞かなくてもわかってんだろぉが!
ヘラヘラしながら聞くな、馬鹿!」と繋がったまま説教をされた。
…だから俺は兄貴に少し意地悪をして、
「言わないとわかんねぇよ。俺、馬鹿だから」とヘラヘラして、
兄貴のトロトロのモノを弄りながら聞いた。

すると、兄貴がムッとしたまま黙ったので、
俺が我慢できなくなって、少しだけ動いてやった。
「んっぁ…」
「動いて欲しいんっしょ?」兄貴が躊躇いつつ、俺の少し下で小さく頷いた。
「もっと素直になっていいよ。俺しか見てないから」
(↑ここに投稿してる時点で嘘になってる気がするが)
そう言いながら動くと、兄貴が口を手で伏せた。
俺はその手を取って、ベッドに体重をかけて押し付けた。
「声、出してっ、いっぱい! その方が興奮するし、エッチなことしてる気になる!」
そう言うと、兄貴はまた首に手を回して、俺の身体を自分に引き寄せた。
そして、俺の鎖骨を舐めて、「お前、汗かきすぎ。大丈夫か?」と言った。
俺が「いや、大丈夫だけど」と答えると、
「大丈夫なら、もっと汗垂らして、激しく動いて!」と兄貴が言った。
俺は『この人は何処まで淫乱なんだろう?』と思いつつ、
兄貴が俺を求めていることに対して興奮して、兄貴の望み通りに激しく犯してやった。

「はっん、せ、正常位のっ方がっ!」
「…っえ?」
先程の過ちから、兄貴の言うことをよく聞くと、
自分に誓った俺が、兄貴に聞き逃しを聞き直した。
「せっじょっいのほっが、バックよりっ、騎乗位よりっ感じ、感じっるぅ!!!」
俺の興奮度は、それを聞いて最高潮に★
兄貴の中でガンガン暴れた。兄貴も今まで以上に大きな声で喘ぐ。
俺は兄貴の希望通りに動いた結果、兄貴の希望通りに汗だくになり、
ボタボタと兄貴に水滴…いや、汗滴を落とした。兄貴は喘ぎまくっていて、
不定期に、俺の19年生きてきて感じたことがないくらい硬く、
痛いほどにデカくなったモノを、
柔らかくて、熱くて、トロトロのアナルで、血が止まるくらいに締め付けた。

俺がとうとうイキそうになって、
「やっべぇ締め付け!!!っが…イ、イキそっ!!!」と言うと、
兄貴は「あっ、はぁ、っれ、もっ!」と、途切れ途切れに喘ぎながら答えた。
文面上ではわかりにくいだろうが、
俺は兄貴が「俺も!」と答えたのがきちんと理解できて、
俺は喘ぎっ放しの兄貴に、
「兄貴ぃ、さ、さっきイッたばっか、なのに、い、イキ過ぎ!!!
そっないっぱい感じて、くれてんだっ! 一緒にイコッ、なっ!」と答えて、
兄貴のモノを強く握って扱いた。
兄貴はすっげぇ大声で、こんな夜中に近所迷惑だろうと思うくらいうるさく鳴いて、
俺のを、俺が兄貴のモノを握った強さより、強く締め付けた。
だから、俺も対抗してギュウギュウ強く、兄貴のを握って扱いた。
すると兄貴は、
「っはぁ、おまっ、つ、つぉぃ~~、ぁっ、イ、イくっっっっ!!!」と言って、
兄貴の顔や俺の胸なんかに、ドビュドビュ、真っ白の精液を大量に飛ばしまくった。

俺は、その時の凄い締め付けで、
「うっわ、、すげぇ出てる! 俺も、で、出る! うぁっ!!!」と言って、
兄貴の穴から抜いて、兄貴にいっぱいかけた。
その時、初めて知ったが、俺のは自然体だと微妙に右曲がりらしく、
兄貴の左半身や顔、兄貴を通り越して、
枕や布団にも、自分で見たことがないほど大量に、濃い精液を飛ばしまくった。
兄貴と俺はハァハァ肩で荒い息をつきながら、呼吸を整えようとしていた。
そして、少しの沈黙の後、兄貴が、「風呂行くぞ」と言って立とうとした。
しかし立った瞬間、ベッドに逆戻り。
「だ、大丈夫か?!」俺が言うと、少しだけ恥ずかしそうにしながら、
「…また、してくれるか?」と聞いた。
俺は少し笑いながら「おぅ★」と答えると、
兄貴に軽く頬を殴られ、「ヘラヘラすんなっ! 肩貸せ、風呂まで」と言われた。
そして、一緒に風呂に入って、身体を流した。

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-ガチムチ体験談
-, , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.