まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

イケメン体験談

同級生の巨根をみてケツマンが疼く

更新日:

あれは中2の夏だった。
俺は一般的にヤンキーと呼ばれる感じやった(笑)
その時くらいから男が好きやって、オナニーする時も男を想像してシコシコしてた。
そのうちオシリもいじるようになり、誰かに入れられたいと思うようになった。

それは中2の初めての水泳の時間だった。俺は授業でるつもりはないけど更衣室には行った。
もちろん同級生のチンチンを拝見するため(笑)
俺はパイプ椅子に座って観察していた。
タオルで隠して着替える奴がほとんどやった(涙)
つまらんなと思いながらもモッコリもチェックした(笑)
みんな似た感じのモッコリだった。そんな時、俺はある奴が気になった。
そいつはK谷といい、体型も165くらいの普通で、性格もおとなしいという目だたない子やった。顔はいま思うと俳優の瑛太に似てたかも(笑)
いままで話した事もない奴やった。K谷のモッコリはけっこうデカイ感じやった。
俺の頭の中で何かがおこった気がしたと思う(笑)

俺はK谷のモッコリを見て以来、奴の事が気になりだした汗
あのモッコリやとかなり大きいはず…そう想像すると俺のチンポはビンビンになってしまう(笑)

ある日の休み時間、俺は図書室でお昼寝タイムだった(笑)
一角に目をやるとK谷がいた。
俺は奴に声をかけた。
俺「うぃ~す」
K谷「ども☆」
俺「なにしてるん?」
K谷「ひまやから(笑)H井君は?」
俺「俺は昼寝(笑)それにやん太て呼んでええよ」
などと話していた。

K谷「ちょっとトイレ行く~」
俺はチャンス!と思い一緒に行こうやといいトイレに向かった。
俺はK谷と並んで用をたした。
その最中 俺は、奴のチンポを覗いた(笑)
奴のチンポは勃起してないのに俺の勃起時くらいあって半剥けやった。その時俺はもう決めた。

俺「帰りに俺ん家寄れや~」
K谷「ええ~、なんで?」
俺「いや~いつも同じ奴と遊んでるからたまには違う奴とも遊びたいから~…嫌か?」
ちょっとキツメの口調で言ったらびびったんか即オッケぇやった汗
放課後、俺はK谷を連れて帰った。俺ん家は片親でおかんも働いてるから家には誰もいなかった。
俺の部屋で俺たちは適当な話しをしたりマンガを読んだりしてた。そんな中俺はついにきりだす事にした。

俺はエロ話しをきりだした。

俺「なぁ、オナニーしたことある?」
K谷は真っ赤な顔をして、はぐらかしていた。
俺は「どれくらいしてるん?」とか「いつから?」などと質問しまくった。
奴は真っ赤ではぐらかすばかり。K谷の股間が膨らんだのを俺は確認した。
俺「なぁ、チンポ見せ合いしよや」K谷「恥ずかしいよ…」
俺は奴の返答を聞く前に自分のパンツを下ろした。
俺「俺の見たやろ?やから見せろよ」
K谷はびびっていた(笑)
俺はムリヤリに奴の下半身を裸にしてやった。
奴の股間にはビーンとおそらく18センチはある巨根がへそに向かった立っていた。
奴は耳まで真っ赤にしていた(笑)
俺「エッチしたことある?」
K谷「…ないよ」

俺「一緒やな!…てかお前のデカイな(笑)うまそう…食べるで」
K谷「へ?どういう意味?」
俺はいきなりK谷の巨根にしゃぶりついた。
俺は初めてやったけどジュパジュパ音をたててしゃぶりまくった。
K谷は最初は抵抗していたが、だんだん甘い声を出すようになった。
俺「気持ちええか?」
K谷「オナニーより気持ちいい…」
俺「なぁ、俺に入れて欲しい」
K谷「ど…どうやって?」
俺「とりあえず寝転んで…」

俺は奴を仰向けにさせて、ローションで自分のオシリをほぐした…
じゅうぶんにほぐした後、俺は奴にまたがった。
初めてやったけど普段からおもちゃなどを入れてたから痛みはあまりなかった。
K谷は俺のオシリにズブズブ入る自分の巨根を興奮した様子で見ていた。
少しきつかったけど根元まで奴を呑み込んだ。

俺は奴の上で思い切り腰を振りまくった。
奴も気持ちいいのか、夢中で下から突いてきた。

俺は初めて掘られたのに、あまりの気持ち良さに絶頂を迎えそうになっていた。
K谷もヤバイようだ…
K谷「で…でちゃう…」
俺「そんまま…いけよ…」
K太「ん…んあ…あ」

俺の中に熱いものが出たのがわかった。その瞬間だった。
俺のチンポから勢いよく精液が飛び出した。
奴のを抜き,トイレに行くと俺のオシリから大量のK谷の精液が溢れ出した(笑)

その後,ふたりでお風呂に入って、俺がゲイだということ・少し前から狙ってたことなどを告げた。奴もまんざらでもない様子で、またヤりたいと言いだした(笑)

俺がK谷を逆レイプしてからは、奴もかなり俺のオシリにいれるのが気に入ったみたいだった。
最初のうちは俺から
「今日来る?」とか聞いてたんやけど少ししてからは奴の方から
「行っていい?」などと積極的に俺を誘ってきた(笑)
奴もなれてきたのか、俺を掘る時は少し男らしく思えたような(笑)。

あれは夏休みに入る少し前だったかな。
俺は言うまでもなく、授業をさぼり涼しい場所を求めて校内をさ迷って、結局いつも行く図書室のはじっこで昼寝をしようとしていた(笑)

どれくらい寝たんやろ?
俺は知らん間に本気で寝てしまってたみたいだった汗

ふと、人の視線を感じて俺は起きた。目を開けたらそこにはK谷がいてマジびびった(笑)
俺「何してんの?汗」
K谷「教室おらんかったから探しててん」
俺「授業は?」
K谷「もう終わったで(笑)」
時計を見たらもう授業は終わって少したっていた汗
かなり爆睡してたみたい(笑)

K谷「なぁ、今日行っていいかな?」
俺「別にええよ~」
K谷「結構たまってんねん(笑)」
マジか~
なんていいながら奴の柔らかいチンポを冗談でもんでやった。
柔らかいながらもさすがは巨根君(笑)ズボンの上からでもかなりのボリュームだった。
その時やった、奴のチンポがピクって反応したかと思うと、あっという間に学生ズボンに大きいテントが張った。

俺は「ありゃ~(笑)はよ俺ん家行かなな(笑)」
と言う終わると同時に、K谷に押し倒された…
俺はいきなりの出来事に唖然となった。
今までは俺が奴を犯すのがパターンだったから、俺が押し倒されるのは初めてだった。

俺は少し抵抗した。びびったのもあったし、いくら人が来んくても図書室はヤバイかなと思って汗

K谷「ええやん、我慢できんくなった」
と言い、俺の首筋を舐めてきた。

首筋は 、チクビの次に俺が感じる場所って事を奴は探り当てていたみたいだった汗

首筋を舐められて俺は力が抜けてしまった…
俺も完全にネコモードになってもうて、こうなったらもうヤンキーと地味くんの立場も逆転やった(笑)

K谷もタチモードになったみたいで、奴は俺の前に立った。
奴のデカいテントはビクビクと動いていた。
俺は奴のズボンのチャックを開けてパンツの窓からデカイのを引っ張り出した。
もう見慣れてたけど、場所のせいもあってか更にデカく見えた。
俺は夢中でしゃぶりまくった。
K谷も自分で腰を振り、興奮していたのかあっという間に俺の口に射精した。俺は全部飲み干してしまった(笑)

よほど興奮してたんか、K谷のチンポはビンビンのままだ。
K谷「次はこっちがいいな」
と俺のオシリを触って言った。
俺「ローションないから…」
K谷「大丈夫やって」
奴は俺のズボンだけ脱がして、パンツの横から俺のオシリを舐めだした。
後から聞いた話しやけど、全部脱がさんかったんは誰か来た時にすぐ履けるようにやったらしい。

俺らは服着てエッチするのが初めてでかなり興奮した。

奴に舐められて、俺のオシリはグチュグチュやった…
その時俺はいつものあの感覚を感じた。K谷はズボンのチャックからチンポを出して俺のパンツの横から入れてきた。
ローションがないから少し痛かった汗
でもだんだん気持ちよくなってきた。

奴の動きが激しくなってきた。
俺は我慢出来ずにトコロテンしてしまった汗
しかもパンツの中で射精してしまってベタベタになった。
その直後に、K谷も俺の中で射精した。

ギリギリセーフで誰かが歩いてくる音が聞こえたので俺たちは急いで帰った。
その日はK谷も帰っていった。

俺は家に帰って急いでパンツを脱いだ。そしたら前は俺の精子、後はK谷の精子でグチョグチョやった。俺はまた興奮して、K谷の精子が当たるようにチンポをパンツで包んでオナニーしてそのまま発射した。

俺たちは中3になった。
K谷とエッチを始めて半年以上たってお互いなくてはならない存在になっていた。
俺なんかと一緒におるせいかK谷もちょっとイメチェン。軽く茶髪にした。てか茶髪の奴はかなりイケてた(笑)

中3に上がりたての時K谷が、
K谷「従兄弟が今年から1年やぁ」
て言っていた。
K谷の従兄弟…また俺の中でなんか考えが汗

俺は早速、その日の休み時間どんな奴か見に行きたいとK谷に言った。

休み時間、
K谷「あれが従兄弟やで」
奴が指さした方向をみると、金髪の奴がいた(笑)
K谷とは正反対な感じのヤンキ―タイプ。俺と同族(笑)
名前はM樹、背丈も体つきも俺と似た感じの奴やった。

数週間後、K谷が風邪で学校を休んだ。俺はチャンスやと思った。放課後、人気の無いトイレにM樹を呼び出した。
M樹はビクビクしながらやってきた。

M樹「話してなんですか?」
俺「なんや思う?」
M樹「俺、なんかしちゃった?」
M樹はかなり動揺している。

俺「ちゃうよ(笑)ただチンポ見たいだけ(笑)」
M樹はびっくりしていた様子やった。

俺「やから、お前のチンポ見せろって」
M樹「はずいです…」
俺「さからうん?」
M樹「……」

M樹は黙って、カチャカチャとベルトを外して、ズボンの前を開けた。そしてパンツをずらしてチンポを出した。

(やっぱり♪)俺はかなり満足♪
M樹のチンポもK谷よりは小さいけれどかなりの巨根☆
俺は
「合格♪」って言って、立ちすくむM樹のチンポをくわえた。

M樹「あっ…」
もちろん童貞のM樹はびっくりしたみたいだ(笑)
M樹のチンポはだんだん俺の口で固くなってきた。
完全に勃起した時点でしゃぶるのをやめて観察(笑)
M樹のは仮性やったけど手で剥かないといけない感じ。
デカさは16センチ☆巨根は遺伝か?(笑)

そんな巨根をみて、俺のオシリはうずきだした(笑)

俺はズボンとパンツを脱いで
俺「お前のやつここに入れろ」
と言いながらオシリをむけた。

M樹「わからないっす…」
と言ったから、
俺が穴へ導いてやった(笑)
クチュクチュと激しく腰を振られ俺はかなり満足だった。

M樹「…ヤバイです」
俺「このまま出せ…」
M樹「あっ…」
M樹は大量の精液を発射した。

M樹はチンポを抜き、拭いていた。 俺はまだ発射してないからシコりながら
「気持ちよかった?」とか「K谷も入れてる」などと話してた。
すると、M樹は
「先輩、かわいい…」なんて言いながら俺のチンポをしゃぶりだした。
俺はいきなりの快感にそのまま射精してしまった。…

中3になってK谷の従兄弟M樹も襲ってからは、交互にエッチしていて楽しんでいた。
まだK谷は俺とM樹がエッチしてるのを知らないでいた。
K谷はびっくりするやろな(笑)

夏休みのちょい前、
K谷「夏休みに田舎帰るねんけど、やん太も来ぉへん?なんかM樹も来て欲しい言うてるけど(笑)」
俺「俺は暇やろから大丈夫やけど、いいん?」
K谷「おかんもいいよて言うてるで」
…てな感じで俺は夏休み、K谷たちの里帰りについてく事になった。

さすがの田舎☆空気も清々しかった(笑)
K谷のおばあちゃん家の離れを俺とK谷が使う事になった。
その日は、長い車旅でヘトヘト(笑) みんなすぐにバタンやった(笑)

翌日、大人たちとM樹は買い物に出かけて行った。
山ん中やけどさすがに夏はかなり暑い(汗
クーラーなんかなくて、俺とK谷はうなだれていた。
いきなりK谷が
「そや!!川行こうや♪」
と言ってきた。もちろん賛成(笑)俺たちは川へ向かった。

そこはかなり綺麗な川やった。
ふたりでパンツ姿になって水遊びをする事にした。
お互いのパンツ姿を見て笑った。何故ならその日は偶然めったにはかない白ブリーフをはいてたから(笑)

水遊び開始。
バチャバチャとお互いびしょ濡れで遊んだ。
もちろん、俺の目がいくのは奴の巨根。(笑)
白ブリーフは濡れてスケスケ。
奴のチンポの形がまるわかりやった。
K谷「あれ?やん太、チンポちょっと立ってない?(笑)」
俺「うん笑 そりゃそんなモッコリ見せられたら(笑)」

K谷は岩に座って、自分の巨根を指さした。
俺もネコモードに移行(笑)
奴のパンツをずらそうとしたら
K谷「ブリーフの窓からチンポ出したらエロそう(笑)」
俺「わかった♪」
俺は濡れたブリーフの窓から奴のチンポを出した。
今思えばめっちゃヤらしい光景やったなぁ(笑)。
童顔のブリーフ少年のブリーフ窓からはダラーンと皮被りの巨根(笑)

俺はしゃぶりついた。
冷えてた奴の巨根君は口の中でどんどん固くなっていった。

奴はチンポを口から抜くと、今度は俺を岩に座らせた。
俺のパンツを脱がすと奴は俺のチンポをしゃぶりながらオシリをいじってくる。
ある程度いじった奴は今度はいつものように穴を舐めてきた。

すぐにほぐれた(笑)
ローションを持ってきてなかったから、入れる前に俺は奴の巨根をよだれでダラダラにした。

奴が入れてきた。いつものように激しく優しく突いてくる。
初めての青姦(笑)
かなり興奮した。しかも奴はブリーフ姿やし(笑)

あっという間に絶頂を迎えた(笑)たぶんふたりともいつもの倍くらいの精子がでた。(笑)
やけどふたりともビンビン(^_^;) 俺たちはそのまましゃぶりあった。
お互い口内発射(笑)
そのまま飲みあった。

気がついたら夕方(^_^;)
俺たちは帰る事にした☆

K谷達の田舎に来て3日がたった。なんも無いとこやったけどけっこう楽しんでた(笑)

その夜遅くに。
俺は心地よい感触で目覚めた(笑)そこには勃起したデカチンをシコリながら俺のをしゃぶるM樹がいた。
M樹「ガマンできなくて(笑)」
俺「あ…K谷に見つかる…」
そう、俺のすぐ隣にはK谷が寝ている。
M樹「バレないっすよ(笑)」
と言いながら、デカイチンポを俺の口元にもってきた。
俺は夢中でしゃぶった。
すると、再び俺のチンポに絡む舌の感触…M樹は上を向いてあえいでる…
下を見ると、俺のチンポをしゃぶるK谷がいた。
K谷「お前らヤってたんや…(笑)」
俺&M樹「う…ん」
K谷「まぁ3人でしようや」

戸惑う俺だったがM樹はノリノリだった…

俺は何も言う間もなく、ふたりに押し倒された。
K谷「じゃあM樹は下を攻めて」M樹「了解♪」

M樹にオシリを舐められ、
K谷にチクビを舐められて俺のチンポはグチョグチョになってしまった。
M樹「先輩エロ~い(笑)」

すると、M樹が入れてくる。
グチョグチョと音が響く。
K谷「じゃあこっちを(笑)」
俺の口にK谷はチンポを入れる。オシリと口に二本の巨根で俺はなんともいえない快感やった。

すると、中に生暖かいものが発射された。M樹が射精したようだ。ふたりは交代した。

K谷はいきなり激しく突いてきた。俺のフェラでいきかけやったみたいですぐに射精した(笑)

K谷「よし、やん太のチンポをふたりで舐めたろ♪」
M樹「了解♪」

俺のチンポに絡む二本の舌の感触で…限界だ
俺「いく…」
K谷「口に出して♪」
M樹「俺にも♪」

射精の瞬間、ふたりは代る代る俺の精子を吸いあげていった。

そのあとにK谷にM樹との事を話した。
K谷も怒らんと笑っていた。
こうして帰る日が来てしまい、田舎を後にした。

その日は居残りで学校から帰るのが遅くなり、外は薄暗くなっていた(涙) 俺とK谷は急いで帰ることに…細い裏道に入った時だった。
K谷が「やん太~起ってもうた」といいながらズボンから巨根を出していた。きっと最初から狙っていたのだろう汗
奴のチンポはヌルヌルびくびくしていた(笑)
俺はびっくりして
「ここじゃヤバイやろ」て言ったんやけど無理矢利,口の中に突っ込まれた(笑)
俺もいいか♪ってなって制服のまま裏道でチュパチュパしゃぶってやった。
K谷も俺のチンポをひっぱり出してしゃぶってくれた。
そして、お互いの精液は飲んだ(笑)

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-イケメン体験談
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.