まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイ体験談

先輩への憧れから、兄弟愛へ・・・・・・

更新日:

登場人物

① 俺 ・・・ 雄 (ゆう)

②先輩 ・・・ 鷹 (たか) 1歳年上

③ 弟 ・・・ 卓 (たく) 2歳年下

俺は、今は立派(?)なゲイです。

そんな俺も、昔、昔は、ノンケでした。

俺は当時、今と違って、どちらかというと童顔で、 顔が可愛いとかは、よく言われていたので、 もう少し男らしくなりたいな。と、常々思っていました。

(可愛いと言われていたのは、中性的な意味でだったのです)

そんな自分を変えるために、まずは外見から変えようと、

中学入学と同時に、水泳部に所属しました。

水泳は、その全身の筋肉を使うスポーツなので、成長期も重なって、 俺の体は、3年間でグッと引き締しまったものになりました。

男もいいな、と思ったのは、中2のときでした。

同じ水泳部の、カッコイイ先輩がいたんです。

坊主刈りで、髭も生えていて、中学生とは思えない雰囲気をしていました。

すね毛も生えていて・・・・・・。

俺は、すね毛は薄い方だったので、すね毛が濃い=男っぽいという印象がありました。

そんな先輩と俺が、部室で二人っきりになってしまったある日の事でした。

「雄ってさぁ、可愛い顔してるよな」

(またかぁ・・・) 水泳を始めて、体が引き締まり始めていた頃だったので、 もう、可愛いと言われる事もないかな、と思っていただけに、正直ショックでした。

やっぱり、顔の造り(童顔)が原因なのかなぁ?とか、思ったりもしました。

「でもさ、雄も男だろ?」

「はい。こんな顔してますけどね」

俺は半分フテくされながら答えました。

「じゃあ、もうするだろ?」

「・・・・・・え?」

俺は自分の心臓が、急に早く脈打つのを感じました。

「する・・・・・・って?」

「決まってるだろ? コレだよ!」

先輩は自分のチンポを撫でました。

俺は性知識とかが遅れていたので、まだオナニーをした事はありませんでした。

「ま、まだです」

「えっ!? そうなのか!?」

「そうですよ! 何か悪いですか?」

ガチャッ!部室の鍵が閉まる音がしたのは、その直後でした。

「先輩・・・・・・?」

先輩のオーラが、ただならぬものであるのに気づいたのはすぐでした。

先輩はそのまま競パンを脱ぎ始め、全裸になりました。

「な、なにやってるんですか!?」

先輩は無言のまま、チンポをブラブラ揺らしながら俺に近づいてきます。

(デ、デカい・・・・・・) 勃起しなくても、15㎝近くあるチンポ。

色は日焼けをしたように黒く、ズル剥けとまではいかずとも、立派な剥け具合。

チン毛はハサミでカットしているのか、短めでした。

「雄、俺が男の良さを味合わせてあげるぜ」

「・・・・・・」

俺はちょっと、顔が赤くなって黙り込んでいました。

先輩はそっと近付き、水着から着替えが終わった、俺の制服のボタンを外しました。

外しながら、先輩は言いました。

「俺、男が好きなんだ」

「えっ・・・・・・?」

「ビックリしただろ?」

「はい・・・・・・」

「雄が水泳部に入ってきた時、俺スゴく嬉しかった。

俺好みの子が来たんだから」

先輩の手が俺の股間に伸びてきます。

「!」

反射的に俺は、先輩を突き飛ばしてしまいました。

「あ、すいません・・・・・・」

「いいよ。急に興奮してこんな事しだした俺も悪いんだし」

先輩のチンポが勃起しているのが、見えました。

「でもな、雄」

「はい?」

「男としてまだオナッてねぇのはどうかと思うぜ?」

「・・・・・・」

「俺が教えてやるから、ここでやってかねぇか?」

「誰にも言いませんか?」

「オナるくらい、男ならフツーだよ」

「わかりました」

「よしっ!」

先輩は白い歯を出して、笑いました。

「ほら、早く制服を脱いだ脱いだ!」

先輩は嬉しそうに俺にそう促しました。

服を脱ぐのはいつものことなんで、気にせずに脱ぐことができました。

キュッと締まった、俺のケツを見ながら、

「雄も立派になってきたよなぁ」

「先輩ほどじゃないっすよ。先輩、胸板も厚いし、腹筋も割れているし、 二の腕も太いから羨ましいですよ、ホント。

男らしいって先輩の人のようなことを言うんでしょうね」

先輩はクスクス笑っていました。

「男らしいとかそんなの関係ねぇよ。

チンポが付いてて精液を出せれば、誰だって男さ」

「そんなもんすかね」

俺が全裸になり終えると、先輩は俺に寄り添ってきました。

初めてでした。

男同士の体を直に触れ合わせるのは。

先輩の引き締まった筋肉が俺の体に触れます。

俺はドキドキしていました。

「興奮しないと気持ちよくねぇからな。

俺が雄を気持ちよくさせてやる」

「なんか怖いっすね・・・・・・」

「心配すんなよ。

強姦するわけじゃないんだから」

「はい」

先輩はゆっくりと俺の腰周りから左腕を回してきました。

左乳首の辺りをくすぐってきます。

俺は初めて他人に乳首をいじられたので、ちょっとビクついてしまいました。

「敏感だな、雄は」

そのまま先輩は、俺をゆっくり寝かせて、抱き付いてくれました。

胸板が俺を押し潰すんじゃないかとか思うほど、

先輩の筋肉の躍動が伝わってきました。

先輩は右乳首を吸ってくれました。

「んん・・・あっ!」

俺は我慢できずに、喘ぎ声まであげてしまいました。

先輩はベロリと舌で、俺のみぞおちあたりを舐めてくれました。

そのまま先輩の顔が、腹筋からへそへと下がっていくのがわかりました。

「雄、おまえの身体、いつのまにかカッコよくなりやがって」

「先輩ほどじゃないっすよ」

「そうか?」

「先輩、カッコ良かったっすよ。

俺の憧れでした」

「じゃあ、さ、雄・・・」

「はい?」

「俺と付き合ってくんねぇか?」

「えっ?」

俺は本当に驚きました。

クールな感じの先輩が、いとも簡単に後輩の俺にゲイであることを告白し、さらに好きだと告白してきたことに。

「ダメか?」

「先輩の事は憧れですけど、急にそんな・・・・・・」

「返事は急がないからさ。

今日は、オナニーの快感を味わってくれたらそれでいい」

そういうと、先輩は俺のチンポを吸い出したんです。

「んっ・・・あ、ちょ、き、気持ちいい・・・」

俺のチンポは、あっという間にギンギンに巨大化し、先輩の唾液でビショ濡れになりました。

先輩は吸いつつも、時々休みつつ吸い続けてくれました。

「俺は滅多にこんな事しないんだからな。

フツーは自分でチンポいじってイク奴が多いんだぜ!覚えとけよ」

「はい・・・」

リアルな音が俺の耳に響いてくるたびに、俺のチンポが脈打っていました。

「あぁ・・・、先輩、なんか・・・あぁ・・・」

「そろそろ来るぜ!」

「んんん~あ、ああ、で、出ます!」

ドピュッ!ドピュドピュドピュッ――! 「あ・・・」

白濁の液体が、俺のチンポから30㎝ほど離れた床に落ちました。

先輩は「ヒュゥッ!」と、口笛を吹いて拍手をしていました。

「おめでと!男への一歩をお前は踏み出したんだ。

精通完了だ!」

「精通・・・・・・」

すごく気持ちよかったんです。

本当に。

「雄」

俺が振り返った時でした。

先輩と俺の唇が重なったのは。

「じゃあな」

俺は呆然としたまま、先輩の唇の感覚の余韻を感じていました。

家に帰って飯を食っても、風呂に入っても、浮かんでくるのは、先輩の唇の温かさだけでした。

初Kissが先輩で、しかも、それが男だったなんて・・・・・・ その日から、俺は風呂場で毎日オナニーをするようになりました。

俺の精液は、かなり飛ぶほうで、

鏡を前に、毎日精液を飛ばしていました。

あれ以来、先輩と二人で何かをしたりする事はありませんでした。

やっぱり、男同士で、それも中学生が付き合うのは、まだマズいと思います。

と正直に答えました。

先輩も言った後に後悔したらしく、納得してくれました。

けれど、それからも、俺のオナニーのオカズは先輩でした。

先輩が卒業する頃、俺はかなり悩んでいました。

俺は思い切って先輩に相談しました。

先輩にKissされてから、自分は男にも興味を抱いてしまっている事。

先輩をオナニーのオカズにしている事も全部言いました。

先輩はニッコリ笑って答えてくれました。

「今の日本じゃ、雄の事を変だと思う人は多いだろうな」

「やっぱりですか?」

「でも、雄はどう思う?」

「・・・・・・」

「自分が変だと思う?」

「俺は、男も好きな自分は、別に変だとは思っていません」

「なら、それでいいじゃん?」

「えっ?」

「自分の信じる道を歩んでいけよ。

なっ?」

「そうですね!」

先輩に相談してよかった。

俺は心底から、そう思いました。

「用事はそれだけか?」

「はい!」

「じゃあ、水泳頑張れよ!」

「はいっ!」

先輩が後ろを向いて歩いて行ってしばらくしてから、俺は先輩を呼び止めました。

「先輩!」

「ん?」

先輩が振り向いたと同時に、俺は先輩の唇を奪いました。

「卒業祝いです」

「バーカ」

先輩も、もう一度、俺に唇を重ねてくれました。

先輩が卒業してからもずっと、俺は、男が好きになっていました。

野球部の人に欲情したり、相変わらず、オナニーには先輩が出てきていました。

俺の中で何かが変わった日。

それは、中3の夏休みのある日でした。

俺には、2つ下の弟がいます。

俺は水泳。

弟は体操。

体操って、筋肉がやたら付くみたいで、俺より背は低いのにガッシリしていて、 タンクトップとか、Tシャツとかを着たら、胸板が厚いのが強調されるんです。

俺は、そんな弟にも、ドキドキしている感情に、気付いたんです。

(とうとう弟にまで・・・・・・)

今までは、あくまでも他人を好きでいたのに、弟にすら、そういった感情を持つようになるとは・・・・。

俺もヤバいかな~と思っていました。

そんなこんなで、夏休みのあの日。

俺が部活から帰ろうと校門を出たら、弟(卓)が校門のそばで待っていたんです。

「あ、兄貴! 待ってたんだよ」

「なんで?どうしたんだよ、卓?」

「今日、お父さんも、お母さんも出かけていないじゃん!だから晩飯二人でなんか買ってくんだろ?」

そういえばそうだった、と思い出したのはその時でした。

「どうする?お弁当でも買って行く?」

「うん、そうだな。そうしようか」

「じゃあ、早く行こうよ」

そういって、卓は、俺の手を引っ張って、走り出しました。

そのとき差し出してきた、手の太く、逞しいこと。

俺は、ドキドキする熱い思いを、抑えられずにいました。

弁当屋さんで夕飯を買って、近所の路地裏を、一緒に歩いていた時でした。

卓が、ギクッとさせる質問を、唐突にぶつけてきたんです! 「ねぇ、兄貴」

「ん?」

「兄貴ってさ・・・・・・」

「なんだよ?」

「男が好きなの?」

「な、なに言ってんだよ、おまえ・・・・・・」

俺は冷静を装っていましたが、卓は見抜いていたようでした。

「焦ってるね、兄貴」

「焦ってなんか・・・・・・」

「嘘ついたってダメだよ!ほぉら、これなぁんだ?」

卓はバッグから、俺がこの間初めて買った、ゲイ雑誌を取り出してきたんです。

「おまっ・・・・・・!」

「やるよねぇ~兄貴も!」

卓は妖しい笑みを浮かべて、俺を見つめてきました。

俺よりガッシリした弟に、ちょっとした恐怖心も抱いていたかもしれません。

嘘をついたって、もうどうしようもないかと、俺は開き直って言いました。

「あぁ。男も女も好きだよ」

「男だけじゃなくて?」

「あぁ、そうだ!」

「ふぅ~ん・・・・・・」

なんだよ、その反応。

どうせ親にチクッて、とか考えていた時でした。

何かが、俺の唇に当たりました。

温かく、柔らかい。

「んっ!!」

卓が、俺の口に、自分の口を重ねていました。

「んっ、な!!」

俺は思いっきり卓を突き飛ばしました。

卓は受け身を取って体勢を整えました。

「お前、なんだよ!?」

「俺も、男の人好きなんだ~♪」

卓はサラッと言ってきました。

「だから、兄貴も男の人好きなんだってわかって、スゴく嬉しい。

家族でもそういう人がいてくれると、スゴく気持ちが楽になるんだ」

「卓・・・・・・」

いつからだったんだろう。

俺はちょっと考えてみました。

でも、考えても仕方ない事かと思い、やめました。

「帰ってメシ、食おうか」

「うん!」

卓と俺に、兄弟愛という、美しい絆が生まれました。

その日の夜、俺と卓は繋がりました。

親は明日にならないと帰って来ないとわかっている以上、 そして二人とも、男に対して好意を抱けるとわかった以上、 二人でやらないわけにはいかないな、という空気になりました。

まず、俺が買って、持っていた、ゲイ・ビデオを見ました。

部屋の電気を消してリビングで。

ラグビー部の野郎が、合宿中に寝室で、Hをする内容だったと思います。

俺は何回も見ていたので慣れていましたが、卓は初めてのようで、顔射とか挿入に興奮しっぱなしでした。

兄弟二人が、全裸で自宅でゲイビデオを見ているなんて、他人から見れば変ですよね、かなり。

ビデオを見慣れていた俺は、ビデオの光に反射して浮き上がる卓の筋肉を見ていました。

盛り上がる二の腕の筋肉、分厚い胸板、ボコボコに割れた腹筋・・・・・・。

いつの間に、弟がこんなに逞しくなったのか。

綺麗な肌もしている。

モテるだろうなぁ~、 とかいろいろ考えをめぐらせているうちに、ビデオは終わりました。

「スゴかったね! 兄貴!」

「おもしろいだろ? おっ、おまえ、チンポ勃ってるじゃん!」

「えへへ。でも、兄貴ほどデカくないよ?」

俺は、先輩にオナニーを教えてもらってから、

毎日ヌイては発射する日々が続いていたので、 チンポはみるみるうちに巨大化し、どす黒くなっていました。

ドッシリと存在感のあるチンポで、同級生の間でも、特にカリの部分が、デカいほうでした。

「俺は去年初めてオナニーしてさ。

それから毎日やってたら、こんなになったんだよ」

「スゴいね!やっぱり兄貴だよ!」

「ハハハ!卓は、オナニー経験してるだろ?」

「一応ね。でも、毎日はしないよ。

1週間から2週間に一度。疲れるんだもん」

「そうかぁ。まだ中1だもんな。

中3だったら体力もあるし、毎日できるだろ」

「何を証拠にそんなこと言ってるの?」

「証拠なんかねぇよ」

「そこも兄貴らしいや」

俺たちは裸のまま、笑っていました。

「ねぇ・・・兄貴・・・」

「ん?」

「寝て・・・みたいな」

「いいよ・・・」

俺たち兄弟は、大人の世界へと飛び込みました・・・・・・

兄と弟・・・・・・

血を分け合った、兄弟だからこそ、解り合い、

感じ合い、愛し合える世界・・・・・・

それはまるで、砂糖菓子が、ゆっくりと溶けて、

交ざり合って行くようかのような、 これ以上はないような、甘美で、美しい世界・・・・・・

兄は弟を求め、弟は兄を受け入れて、

ひとつの形となって、永遠の愛を築いてゆく・・・・・・

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-ゲイ体験談
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.