まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

イケメン体験談

サッカー部3

更新日:

イケメンゲイとの出会いはここで得れる!!

舟木がスパイクをどけると、良太のチンポはソックスの中で我慢汁と精液でグチョグチョにまみれていた。

「うわースパイク洗わなきゃだな…」
「なぁ大輔、俺もう我慢できねーや。もうヤッちゃわね?」

そういう川村のチンポはもう限界まで勃起してはち切れそうになっていた。
それは大輔も一緒だった。

「俺も限界(笑)。良太ぁ、お前のせいだからな。責任とれよ」

そう言うと舟木はグッタリしている良太をストレッチ用マットの上に仰向けに押し倒して、良太の股をぐいっと広げた。

「あ…せ、…」
「うわー股ぐちょぐちょじゃん」
「エロ…。これはお仕置きモンだぞ良太」
「は、恥ずかしいです…」

良太は手で股間を隠した。

「おい隠すなよ。こんな勃起しといて今更どうでもいいだろ。川村、手押さえとけ」
「おう」

川村に万歳の格好で押さえつけられ、舟木には足を広げられて、良太は体の隅々まで見られる格好になった。

「チンポぴくぴくしてるぞ」

恥ずかしいはずなのに、二人の言葉にチンポが反応してしまう。

-----------
舟木はどろどろになったチンポから我慢汁と精液を指ですくって、それを良太のアナルに塗りつけた。

「あぁっ…!せっ先…輩…!ダメ…あんっ…ダメです…!」
「んー?気持ちいいのか?」
「ちが…ぅ…あぁっ…」

舟木はアナルの周りをマッサージするようになで回した。
誰にも見られたこともないその場所を触られて良太は敏感に反応してしまう。

「キレイなケツしてんなー。つるつるしてる」
「先輩…やめ…っ…!!あぁぁぁ!!」
「あ、わりぃ穴に指入っちゃったよ」
「あっ…はっ…抜いて…下…さい…」
「お前が悪いんだぞ、ケツの穴ゆるいから入っちゃうんだよ」
「今まで使い込んできたんじゃねーの?」

川村の笑い声が響く。
舟木の指がゆっくりと出たり入ったりを繰り返すうちに、最初の痛みがだんだん薄れ、快感に似た感覚が良太のアナルを支配した。
その指の動きに合わせ勝手に声が漏れてしまう。
しばらくすると、舟木の指がある部分に触れた瞬間、体に電気が走るような快感が襲ってきた。

「…!!…あっ!あっ!す…すげ…!」
「ん?ここがいいのか?」

スポットを見つけた舟木はそこを集中して愛撫し始めた。

「あぁぁ!!せっ先…輩…!!ダメです…!ダメ…!あっあっ」
「どうした?何がダメなんだよ?え?言ってみろよおら!」

舟木は指を猛スピードでピストンさせた。
クチュクチュといやらしい音が部室内に響く。

「あぁぁぁ!!あぁ!!はぁ!!先輩!ダメ!先輩!んぁっ!なんっ…もう…あっ!イクゥゥ!!」

そう言ったとたんに良太のチンポからさっきよりも大量の精液が飛び散った。

「あっ…ハッ…ハッ…ん…あ…」
「すげ…ケツだけでイってやんの」
「お前マジ淫乱だな」
「気持ちよかったか?」
「……は…い…」
「じゃあ今もっと太いの入れてやるよ」

舟木と川村ももう限界だった。
良太に負けないくらい我慢汁が溢れていた。
舟木はチンポを良太のアナルにあてがってゆっくり挿入していった。

「んっ…はぁぁ!すっ…すげっ…先…輩…!」

アナルが指よりも太く押し広げられていく感覚に、良太はもう快感以外なにも感じなかった。

「ぅお…すげ…もう半分入ったぜ…」
「あ…ハッ…あぁ…ぁ…」
「じゃあ俺はこっちをしてもらおっかな」

顔の前に川村のチンポが現れた。
それはもう我慢汁でグチョグチョでビクビク脈打っていた。
それを良太は抵抗なく口に含んだ。
もう快感と興奮で何も考えられなかった。

「じゃあいくぜ」

そう言うと舟木は勢いつけてチンポをアナルの奥深くまで突いた。

「んあああああ!!」

そのまま激しく腰をピストンさせた。
精液と我慢汁がグチュグチュと音を立てた。

「ハッ…ハッどうだ?…気持ちいいか?」
「んっ…んっ…は…いっ…きっ気持ち…いい…あっ…んぁぁ!」
「ほら口も休んでないでちゃんと舐めろよ」

舟木のチンポがアナルの奥を突く度に良太のチンポからまるで射精しているかのような我慢汁があふれ出る。
川村が良太の両乳首をいじり始めた。

「んんはぁ!!せ…せんぱいぃ…ダメ…!おがじくなる!!…」
「おかしくなっちゃえよ、ほらほら」
「あぁぁ!!だめ…!あっ…だめ…です…!あっあっ…きもちーよー!!」
「お前のケツまじ最高」
「乳首もビンビンに勃ってんぜオイ」
「あああ!!せんぱい…!!そこっ…ヤバい…!!」
「ん?ここか?ここ気持ちいいのか?」

舟木のチンポが良太の感じるポイントを突いた。
舟木は執拗にその場所を狙って腰を振った。

「あっ!あっ!だめっ!せんぱいっ!おれっまた…イっちゃいそう…!!んぁっ!!」
「おっと、まだイくなよ」

舟木は良太のチンポの根元をギュッと掴んだ。

「あぁぁ…!?せんぱい…!」

チンポを握られて射精を止められ、イく直前の猛烈な快感がおさまることなく良太を襲った。
その快感で良太のチンポはビクビクと激しく悶える。

「イきたいか良太?イかせてほしいか?」
「イぎだいですっ…!あぁぁ!!」
「じゃあ…お前…これから俺らのおもちゃになれよ」
「それいいな。毎日こんな気持ちい事してやんよ」
「あっ…!あぁっ!」
「どうだ良太?俺らの奴隷になる?」
「な、なりますっ…!あぁっ…奴隷にでも…おもちゃにでも…んっ…何でもなりますっ…!だから…イかせてくださいっ…!お願い…しますぅ…!!あぁぁ!!」

良太が堕ちた瞬間だった。
止まらない射精の快感で思考が完全にできなくなっていた。

「よしっ…じゃぁイかせてやるな」

舟木は良太のチンポを解放した。川村と舟木は顔を見合わせてニヤリと笑った。

「あっあっあっ!!せ、せんぱいっ…もうっ…だめっイきますっ!イっちゃいます…!!」
「俺もイきそう…!お前のケツん中出してやるよ…!」
「俺も…!全部飲めよ…!」
「あぁぁ!!も…だめっ…!!あぁぁぁぁっ!!」
「あー!イくッ…!イくッ!」
「あっあー!!」

ドピュッドピュッ!!

イケメンゲイとの出会いはここで得れる!!

人気記事

1

ぽっちゃり出会い・デブ専ゲイの出会い広場   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よか ...

2

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方! 1:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体7 ...

3

アナル!ペニス!ゲイ!性欲が止まらないサカリまくってるゲイの貴方へ。効率の良い無料のセフレの作り方を伝授します。色々な煩わしさや、コスパを考えると、やっぱりゲイセフレのストックは必須です! 1: 陽気 ...

4

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方! 1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2019/9//20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッググ ...

-イケメン体験談
-, , , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.