まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

マッチョ体験談

留学先で

更新日:

大学1年生の時の話しです。

夏期休暇の期間、カナダに留学することになっていました。英語は受験勉強こそ行なってきたにもかかわらず、会話に関してはまるで、外国で自分ひとりで暮らすのだって初めての経験で、心配だらけでした。

更に留学先もトロントやバンクーバーというような大都市でなくて、田舎の街で、街全体を通して見まわしても日本人は数えるくらいしかいないといったような所だったのです。

ホームステイにするのか、寮に入るか、マンションでひとり暮らしをやるかのチョイスがあったが、勿論、日々の生活のお世話してもらえる安心感と、会話を向上させる主旨も兼ねて、ホームステイを選択しました。

色々支度をして、カナダへ1人出発。航空機や列車、バスを乗り継いでついにホームステイ先の自宅まで辿り着きました。

ホストファミリーは白人のご夫婦と高校生と小学生のお子さん2人の4人家族の家でした。特にリッチなご家庭というものじゃないですけど、カナダの田舎だから、大きいおウチで庭については小さいプールとジャグジーがありました。

きっと何回も留学生を受けいれているおウチで、半ば仕事のようにホストファミリーをしているというような家だったから、大歓迎といったことではないけれども、少なからずおもてなしを受け、片言ながらもコミュニケーションをはかりながら日々の生活を始めたのです。

ホームステイスタートから1週間程度過ぎ去り、ちょっとくらい馴れてきたとある週末のことでした。

週末はいつも、何処かに連れて行ってくれるわけでなく、さらには自動車が無くて、繁華街さえも遠く、自らが動き回ることが出来ないで、基本的には家に居て、ホストファミリー自慢のプールとかジャグジーの中で、1日を潰しているみたいな状況でした。

この日も午前中からすべきこともなしに、高校生のお子さんがお出掛け、小学生のお子さんが「一緒にジャグジーに入ろう」ということで、ジャグジーに入りつつもボーッと過ごしていたのです。ホストファザーは庭仕事をしながら、自分達の事を見つめ、ホストマザーはおウチであれこれと家の仕事を行なっていたんです。

すると真昼を過ぎて、ホストマザーが小学生のお子さんに声がけし、「晩ごはんの買い出しに出かけるんだけど一緒にいくわよ!もうジャグジーからあがりなさい!」といったことを口にして、2人してお出掛けしてしまったのです。

僕とホストファザーが残されたのです。実はホストファザーと2人きりなのははじめてのため、ちょっとだけどういうことを話していいのか分からず、何となしに気まずい雰囲気が過ぎて行きました。でも、あれこれと話し掛けるくらいの英語力がなくて、何となしに居場所なさげにジャグジーの中で本を見てました。

少し経つと、本を読み進むのに専念しており、気づかなかったのですが、ホストファザーが突然ジャグジーに入ってきたのです。

ザバァーーっとビッグサイズのカラダで入って初めて気付いたのですが、なんと水着を履かず、素っ裸だったのです。でも、いずれにしても自宅のジャグジーだし、男同士だから水着を取りに行くのだってめんどくさいという意味でそうしたのかなあ?って少々驚愕ながらも何一つ言わないでいたんです。

しばらくの間無言が続きましたが、ホストファザーが口を開きたのです。けれど、ちょっとだけ早くどんな事を言われているのだろうか聞き取れてませんでした。今一度聴きなおすと、どうにも僕の水着を指差して何事か言っているようです。よくよくきいてみると、

「俺ばっか素っ裸では気恥ずかしいだろ、男同士という訳でお前も水着身につけないで入れよ。」

みたいなことを言われているみたいでした。

驚愕しましたが、いずれにしても日本の銭湯とか温泉じゃ当然ですし、何となしに拒むのだって気まずかったもので、OK!と言って僕も水着を脱ぎました。

それがどうやら誤ちでありました。「水着を脱げ」という部分は捉え方が合っていたわけですが、その前と後は全然違っていたようです。

水着を脱いでジャグジーに戻ると、ホストファザーが横にやって来ました。「ん?何だか近いな」と思ったのだけど、普通にニッコリしていると、突然ホストファザーが僕のおちんちんに触れてきたのです。

「え?なになになに!?」といったリアクションをして、ひとまず、「No!!」と言ったら、いつも大人しいホストファザーが一変して激昂し、真っ赤な顔で声を張り上げはじめました。わけが理解できないままで、ボケっとしていたけれど、言われていることをよく耳にすると、どうも、先ほど「水着を脱げ」と言う時点で僕の聞き違いで、どうも口説かれていたみたいなのです。それに対して、僕が「OK」と言ってニッコリしつつ水着を脱いだので、ホストファザーは受け入れられたと捉えて近付いて来たみたいなのです。

僕はでかい白人の物凄い剣幕に完璧にビビってしまって、何にも言え無くなっています。したら、ホストファザーは僕が意思を固めたと想定したのだろうか、落ち着きを取り戻して、「可愛いよ」だの「セクシーだよ」と言いながらも、再び触れてきたのです。この辺で家を放り出されたら、野垂れ死ぬといった考えもあって、されるがまま動かないでいたんです。その際、水中のホストファザーの股間が見えた訳ですが、信じられないくらいビッグサイズのものがビンビンにデカくなっていたんです。

その途中にも、ホストファザーの手は僕のおちんちんをまさぐり、乳首を触り、それにお尻の穴も触れて来るようになっていました。当時僕は童貞で人に触られることは生まれて初めてで、男相手だけども、触られている心地よさで勃起してしまっていました。したら、ついにOKサインだと思ったのでしょう、ザバァっって立ち上がり、僕の顔前にスゴイサイズの外国人ちんこを持って来て、僕に「suck」と一言のみ発して来たのです。このことぐらいは僕もわかったのです。

「どうしたらよいものか。。」と思っていると、焦れたかのごとく僕の手を取って、握らせたのです。
スゴイ太さなのです。少しでも早く済まして、残り二~三週間居させてもらえなければ、追い出されたら大変になる。。。と把握し、恐る恐ると舐めてみることにしました。はじめてのちんこの味は無味無臭、ちょっとだけジャグジーのカルキの香りがした程でした。

ペロペロって外側を舐めているうちに、ガバっと顔を押さえられ、口に丸々含まされたのです。
オエッとなってしまったが、オエッとするとより気分よさそうにガシガシと口にちんこを突っこんで来るんです。とんでもなく辛くなって、ヨダレが一杯になってぐちゃぐちゃになり、目に涙が出そうだったのです。

ちょっと経ってから、ちんこを動かすスピードがますます早まり、まさか!と感じている間も無くて、「ウォッーー!」といった声と一緒に口の中にビューーーっと精子が放たれたのです。気分が悪いやら、ツライやら様々な感情が錯綜し、ザバっとジャグジーに潜り込むと、口の中と顔をすすいで、ジャグジーから飛び出して、自分の部屋に走って戻りました。

部屋でタオルにくるまって、半分泣きで座っていると、ノックの音がしてホストファザーが入ってきたのです。

手にビデオを持ってます。

部屋のビデオデッキにそれを入れて、僕の隣に無言で座りました。
ビデオデッキに映った動画を見て驚かされました。なんとつい先ほどの一通りの事が映されてるのです。防犯用に庭に備え付けられているカメラの動画みたいでした。

衝撃を受けてホストファザーの顔つきを見ると、ニヤニヤと笑って何だか口にして来ます。どういう事を話されているのかというのは理解できませんでしたが、言われるまでもなく理解できました。つまりは、これの動画を誰かが見せたくなければ気付いてるよね?ということだろうと理解したのです。

そうしてから長い時間、ホストマザーとお子さんが帰宅するまでの間、玩具やオイルを使ってこれでもかというほどお尻の穴を広げられてしまっていました。

それから当日の夜、ホストファザーが部屋にこっそり訪ねて来て、メチャメチャでっかい外国人ちんこをお尻の穴に入れられ、中出しまでもされてしまいました。

言うまでもなく、それ以後帰国迄の3週間くらい、毎晩みたいにお尻を拡張された上で、外国人ちんこで犯され、中出しされるなり、精子を飲まされるとかしたわけです。週末なんかで1日自宅にいる日は、ホストファザーが言葉巧みにその他の家族を追い出し、四六時中家の中のいろんな所で犯されたのです。

とある週末には、「友人のおウチでパーティあるから一緒に出掛けよう」という事で後をついていくと、やっぱり「その種のご友人」の集まりで、皆ホームステイを受入れ、そこの所にやってきた学生を手なづけ、引き連れて来ているみたいでした。

僕くらいの男子学生もいたし、女子学生もいたんです。けれども同じ国の言葉を話す学生はおらず、また全員がまだまだ英語もうまく喋れないといったような学生でした。

この日は色々な家のホストファザーに入れ代わり立ち代わりお尻を犯され、その光景に興奮したのか、家に戻って以降は日頃より興奮したホストファザーにいつもよりめちゃくちゃ犯されたのです。この日は初めての経験で、僕が犯されて射精しちゃった日でもありました。

それから帰国の日、僕は「ようやくのこと帰れる」というような安心感でいっぱいでしたけれど、思いの外ホストファザーは目に涙を浮かべて、「さびしい、帰郷して欲しくはない」って別れを嘆いてくれたのです。それを目にして何となしに思ってしまったのだけど、彼は彼なりに僕の事を必死に愛していたのだなと言うことでした。

僕が更に英語が理解できると、多分色々分かり合えたのだろうなと感じました。

以降、英語の勉強を努力し、現在はアメリカに暮して仕事しています。

人気記事

1

  1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:JP7hVhFra0 「・・・よかろう」 だってよwwwwwwwwwwww ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-マッチョ体験談
-, , , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.