まとめてゲイ

沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

イケメン体験談 マッチョ体験談

そして武はそのままゆうたのデカマラを擦り始めた。

更新日:

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方!

武「おい、お前こっちこい。お前ストレッチしながらおっ立てたでカマラ俺にずっと押し付けただろ。わかってんだよ。」
ゆうた「すみません、そんなつもりじゃなかったんです。」
泣きそうになるゆうたに武が追い討ちをかける。

武「そんなつもりじゃなくて、どうして勃つんだよ。まさかまだ勃ってんじゃねぇだろうな。ちょっと見してみろよ。」
そう言って武はゆうたのサカパンを下ろした。
スパッツにはもう平常時でも10cmはあろうゆうたのマラがくっきり浮かび上がっている。そしてその周りには黄色く乾いたシミができていた。
武「なんだこのシミは?まさか出しちゃったのか?とんだ変態だな、部活中にこれが知れ渡ったらお前どうなるかわかってるよな?」
ゆうた「・・・それは頼むから勘弁してください。」
武「どの口がそれを言うんだよ・・・こんなシミ作っておきながらよ。」

そう言って武は再びスパッツ越しにゆうたのマラを揉みしだいた。
揉みしだかれた肉棒は再び頭をもたげ、膨れ上がり、そしてスパッツの上から頭を出した。

武「結局また大きくしてんじゃねぇか。そうだ、いいこと考えた。お前、黙っていて欲しければ大人しくしてろよ。」

武はそう言って部室の中に置いていた、湿って履けなかった自分の黒のプーマのストッキングを持ってきた。そしておもむろにゆうたの白いスパッツを引き下ろし、露わになったゆうたの肉棒に被せ始めた。

武「おら、これをチンコに被せてやるよ。ちょっと待てよ、こうして、こうして・・・よし、全部咥え込んだ。金玉も被せこんでやるからな。ほら、気持ちいいだろ。」

そして武はそのままゆうたのデカマラを擦り始めた。
ゆうた「あっ、あっ、んん、あっ。」
武「どうだ、気持ちいいだろ?気持ちいいなら気持ちいいっていえよ。」
ゆうた「はい・・・気持ち・・・いいです。」
武「おら、もっとこすってやるよ。」

武はこする速度を速めたり、またストッキングごと肉棒を振り回したりして
刺激を強めた。

ゆうた「あっ、やばい、気持ちいい。。。あっ、んん、っ、んん。」
武「
お前だけ気持ち良くなってんじゃねぇよ。俺にもやらせろよ。」

そういった武は自分のサカパン・スパッツを下げ、少し考えたあげく同じくボッキしたその陰茎をゆうたの棒の脇からストッキング内にねじ込んできた。
ストッキング内でこすれ合う肉棒の感触、そしてちょっと前にゆうたが中に大量に射精したザーメンがローションになって、とてつもない快感が押し寄せていた。

武「あぁ、気持ちいい・・・」
ゆうた「やばいです、出ちゃいそうです・・・あっ、あっ、あっ、出る、出る、出る・・・んんっ!」

びちゃっ、びちゃっ。

サカストの中に再び精子が注ぎ込まれ、それは2本の肉棒に垂れかかった。
武は構わず2本まとめてしごきつづけ、中で精液と肉棒とストッキングが絡み合う音がにちゃっにちゃっと鳴っていた。

武「あっ、やばい、俺も出る、あっ、んんん、ああ!」

じゅっ、じゅっ、じゅっ、じゅっ、じゅっ。

とてつもない量の白濁液が噴射され、そのあまりの量と勢いにストッキングの先から染み出してきている。

武「はぁ、はぁ。気持ち良かった・・・。どうだゆうた、お前 が一人で射精した俺のストッキングの中で2本突っ込みながら射精した気分は?」

ゆうた「はい、すごい気持ち良かったです・・・。えっ、先輩何て言いました?」
武「お前が俺のいないところで俺のストッキングで勝手に射精したって言ったんだよ。それでもう一回同じストッキングで一緒に抜いてやったんじゃねぇか。」
ゆうた「えっ、何を言ってるのかよく・・・」
武「お前俺が何も知らないとでも思ってんのか?お前がやってたの見ちまったんだよ。黙っててやろうかと思ったけど、練習してる間から俺もなんかムラムラしてきてよ、そしたらお前が勃起してるわ射精するわで、まじ笑っちゃうよ。お前、わかってるよな?」
ゆうた「えっ、なんのこと・・」

言い切る間もなく、武は肉棒にストッキングを被せたままゆうたの体を引き寄せ、その口に舌を絡ませた。そしてストッキングを再びこねくり回し、中でそのカリ首が再び頭をもたげてきていた。

武「ゆうた、座れ」
武は黒のストッキングを肉棒から外し、ゆうたの頭をぐっと抑えこみひざまづかせた。そして自分の陰茎をゆうたの口へ押し込んだ。
ゆうたはえづきながらも頭を抑えこまれているせいで、逃げられない。

武「あぁ、いいぞ。中で舌動かせ!・・・そうだ、上手いぞ。気持ちいい・・・はぁ、はぁ。」

突然武はゆうたの口からその棒を抜いたと思ったら、再び黒のストッキングを被せこみ、ゆうたの口に突っ込み直した。

武「くせぇだろ。あぁ、でも2重に温かくって、やべぇよ。気持ちいい。」
「あ、やべぇ、あ、やばい、やばい、あ、出る、出る、出る、あぁぁぁぁぁあ。」

びゅっ、びゅっ。

サカストの中で射精した武のザーメンは、もはや大量のザーメンに耐え切れなくなったサカストの先っちょの繊維の隙間から大量に漏れ出していた。
射精しても容赦なく突き続ける武の動きに、その精液はゆうたの喉の奥に押し込まれ、飲み込むほかなかった。

2度の射精を終え口からサカストごと肉棒を抜いた武を前に、
ゆうたはへたり込んだままだった。
憧れの先輩のサカストで射精し、それがばれていたあげく、
その先輩に半ば脅されるような形で性欲処理をさせられている。
逃げ出したい反面、なんとも言えず甘美な感情も一部芽生えていた。

しかし、これはまだほんの序の口だった。

武「おいゆうた、こんなもんで俺が許すなんて思ってねぇよな?」

親父ゲイサイトを徹底調査!熟年男性同性愛者との出会い方!

人気記事

1

サムソン系親父と親父好きを結びつける男性同性愛者専用メール型文通欄です。   1 :以下、陽気なGAY!(^^)!がお送りします: 2017/02/08(水)17:19:15.50 ID:J ...

2

1:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2016/12/22(金) 20:41:48. ...

3

無料の親父ゲイ出会いけいじばんを徹底比較・完全評価! 1: 陽気な774さん :2013/10/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、 ...

4

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2016/03/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

-イケメン体験談, マッチョ体験談
-, , , , , , , , ,

Copyright© まとめてゲイ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.