沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ

マッチョ体験談

部活の先輩と

初めて投稿する、高校2年の一秋です。よろしく。
俺は、6月の初めに今の学校に転入しました。
クラスの奴らともすぐに打ち解けて、特に拓己っていう奴とかなり仲良くなった。
拓己はバスケ部で、俺も見学させてもらったんだけど、かなりカッコいい。
俺はシュートの時、ジャンプした拓己に一目惚れ(?)してしまったらしい。
すぐにバスケ部に入ることにした。拓己はそれを聞いて、喜んでくれた。
でも、俺はバスケそれ程上手くないんだよな…実は。
それからは、朝練までして練習を頑張った、拓己のために。
俺のカッコいいところ見せてやろうって思ってた。
拓己は、頑張って練習してる俺見て、かなり喜んでた。
「お前が入って来てくれてよかった!!
今まで朝練してる奴なんて1人もいなかったからさぁ…俺以外は」
そう、拓己以外は全然やる気ない奴らばっか…
まぁその分2人っきりで練習できるから、俺は滅茶苦茶感謝してたけど。
拓己は「みんなで練習したい」って悲しそうに言ってた。
俺はそんな拓己を見て決心した。
真面目にやらない奴らに文句言ってやる!!!
俺は昼休みに、3年の教室に行って、先輩たちを呼んだ。
みんな部活に全然出て来てないから、俺と初対面の人もいた。
「どしたの、こんなとこまで来て」
先輩たちはケラケラ笑いながらトイレに向かう。俺もついてった。
トイレに入ると、先輩の1人が俺を振り返った。
すんげぇ背が高い。顔も結構…カッコいい、渋い顔。
「お前、こないだ入ったばっかだろ…少しは上達したか?」
声は低いけど、柔らかい感じ。俺はこの先輩に好感を持った。
「あ、ハイ。朝練とかしてるんで」
ちょっと緊張しながら言うと、その先輩は優しい顔になった。
「だよな。しょっちゅう見るもん。お前ら2人」
「え、朝練してる時…ですか?」
「あぁ。学校来たら既にいるからな。たまに覗きに行ったりしてるんだぜ?」
先輩はちょっと意地悪そうに笑う。
「何で先輩たちは練習来ないんですか? 拓己、頑張ってるのに」
俺がそう言うと、他の先輩が笑い出した。
「あぁ、あいつ、馬鹿だよな! 何、マジになってんだよ、
たかだかこんなガッコの部活に。誰も真面目に練習なんてしねぇよ!!」
俺はそれ聞いてキレた。
「あんたら最低だ。辞めちまえ!!」
言った瞬間、後悔した。
先輩3人に対して、俺1人。勝てるわけない。
「何、こいつ。むかつくなぁ~。おい、何かしようぜ」
先輩の1人が笑いながら言った。
俺は何をされるのかと、少しビクビクしながら、その場に固まっていた。
「ボコボコにしちまおうぜ。泣かしてやる」怖いことを言う。。。
俺は逃げようかと思い、出口に向かおうとした。
すると、長身の先輩が出口の前に立って、俺の逃げ道を失くした。
俺はショックで、頭が回らなくなった。だって、いい先輩だと思ったのに…
「逃げるなよ。お前が生意気だから悪い」
「殴るん…ですか…?」
「…そうだな…思いっきり殴ってやる。もう生意気な口訊けないようにな」
俺は半泣きになってた。情けない…あんなこと言うんじゃなかった。
でも、拓己のこと馬鹿にするのは許せない。
俺が黙ってると、先輩たちが俺に近づいてきた。
色白のデブの先輩が、俺のこと後ろから羽交い締めにした。
そしたら眉毛のない先輩が、俺の正面から俺の首締めた。
「う……くるし…」
抵抗してもビクともしない。デブの先輩は力強かった。
「死ね! 死ね! 死んじまえ!」
俺の首締めてる先輩が、歌うみたいに言いながら、両手に力を込めた。
「い…やだ、たすけて…」
涙が出そうになった時に、首締めてた手が外れた。
俺は咳き込みながら、床にへたり込んだ。
「大丈夫か?」
あの長身の先輩が、心配そうに俺の顔覗き込んでいた。
「はいぃ…だいじょぶ、です…」
俺は変な声を出した。のどがおかしくなってたせいだろう。
俺の首締めてた先輩と、デブの先輩が笑い出した。
「こいつ、保健室に連れて行くから。お前ら教室に戻れよ」
先輩はそう言って、俺を抱きかかえるよう立ち上がらせ、
保健室に連れて行ってくれた。
保健室に着くと、先輩は俺を空いてるベッドに座らせた。
先輩はイスを持ってきて、俺の正面に座った。
「大丈夫か?…ごめんな」
「何で謝るんですか。ボコボコにするんじゃなかったんですか?」
「殴ってほしいか?」先輩はじっと俺を見つめた。
ちょっと怖くなった俺は、立ち上がり、逃げようとした。
でも先輩に抱きかかえられて、強引に座らされる。
「どうなんだ? 俺にどうして欲しい? 殴って欲しいなら殴ってやるぞ」
「いやだ…」殴って欲しいワケがない。俺はマゾヒストじゃねぇんだから。
「部活、出てくださいよ…拓己が可哀相だと思いませんか?」
「お前、何、あいつのこと好きなのか?」
「えっっ…」言葉に詰まった。でも、先輩は見抜いていた。
「いつからだ?」
「はっ?」
「いつ好きになった?」
「何でそんなこと言わなきゃいけないんですか?」
俺がちょっとムッとして答えると、
先輩は意地悪そうに笑った。なんか可愛いかも…
「認めたな。好きだって」
「あ…」
先輩は俺に顔を近付けてきた。
間近で見ると、ホントカッコいい。凄く大人っぽい。
「拓己は好きな奴いるぞ」
俺の頭の中は真っ白になってしまった。
そんなこと聞いてない…俺、何のために頑張ってたんだ…?
「可哀相なのはお前の方だな」先輩は俺の頭を撫でた。
先輩に頭を撫でられているうちに、俺は泣いていた。
これまで楽しくやってきたのに、全部壊れてしまった感じがした。
拓己のために頑張ってきたのに…俺はひたすら泣いていた。
「拓己の好きな奴、気にならないのか?」
先輩は優しく俺の頭を撫でる。あぁ、やっぱりいい先輩じゃん。。。
「誰ですか…」
「女だよ」
先輩は言い辛そうに、俺のことを抱き締めながら言った。
終わったって感じ。何だか知らないけど、すっごく虚しい気持ちになった。
先輩は何も言わずに、俺のことを抱き締めてくれている。
ふと、疑問に思った。
「先輩」
「…何だ?」
「先輩は男…好きですか?」
先輩は勢いよく俺から離れ、怪訝そうな顔をした。
「どういう意味だ?」
「え、いや、先輩は、男平気かなぁ…って……」
「そんなワケないだろう」
あれ…? 俺の勘違い?
こんなに優しくしてくれるのに、ただの親切なのか…?
「お前はどうなんだ」
「はっ?」
「お前は男が好きなのか?」
「あ…ゲイかどうかってことですか。ゲイですよ」
先輩は暫く無言になったけど、暫くしたら、また俺に抱き付いてきた。
「お前とならいいぞ」
「はっっ??」
さっきから何言ってんだ、この人。
「付き合ってやってもいい」
「俺、別に先輩のこと好きだって言ってませんけど…」
「嫌か?」
「え、別にそういうワケじゃぁ…」
言い淀んでる俺に、先輩は顔を近付けてキスをした。
先輩は何度も俺にキスをした。
どういうこと? 先輩は俺ならいいって…
「先輩、俺のこと好き…なんですか?」
「自惚れるなよ。試しにヤってみるのもいいかと思っただけだ」
ふ~ん…男とのセックス、興味あるんだ…
俺は先輩に抱き付いた。
「いいっすよ? 抱いてくれても。先輩、俺の好みだし」
先輩はそのままベッドに俺を押し倒した。
俺の上に乗って、さっきより激しいキスをしてくる。
俺は段々興奮してきた。
「…ここでするんですか?」
「嫌か? 保健室…いいシチュエーションだろ?」
先輩は意地悪そうに笑う。
俺、この顔に弱いんだよな…なんか渋い先輩が急に可愛く見えるから。
「ってか、先輩、男とヤったことあるの?」
「ない」
なんか急に寒気がしてきた。経験がない男は嫌いだ。
「やっぱりやめる…」
俺が立ち上がろうとすると、先輩は俺を押さえつけた。
「何すんですか」
「このまま帰すワケないだろ。心配するな。俺、上手いから」
「それは女とのセックスでしょ?
男とのセックス、やり方知ってるんですか?」
先輩はちょっとムッとしたみたいだ。
少し乱暴に俺の服を脱がし始めた。
「や、やめてくださいよ…俺、痛いの嫌なんです。
こんなトコじゃローションもないし。。。」
「ヌルヌルしてりゃいいんだろ?」
先輩はそう言うと、起き上がって何かを取りに行った。
俺は下着姿で先輩を待つ。
すぐに先輩は戻ってきた。手に石鹸を持っている。マジかよ…
「ソレを塗る気ですか…?」
恐る恐る訊ねると、先輩は無言で俺の下着に手を掛けた。
「ちょっと!! ヤですよ! そんなの…腹壊しそう…」
「大丈夫だ。終わったら、綺麗に掃除してやるから」
「嫌だってば!!」
俺の抵抗も虚しく、俺はあっという間に裸にされてしまった。
先輩は俺の尻に手を持っていき、石鹸を塗り始める。
クチュクチュという音が響く。
俺は誰か来たらマズイよなぁ…と考えながらも、
段々気持ちよくなってきていた。
まだ中には塗ってないけど、周りだけでも感じた。
「中にも塗って…」
「何だよ、嫌がってたくせに。中は自分で塗れ」
何だよソレ!! ちゃんと塗ってくれよ!…って言いたかったけど、
俺はしぶしぶ自分で塗り始めた。指に石鹸を塗りつけて、穴に入れる。
「あ…はぁ…」
「気持ちいいのか?」
先輩は理解できないという感じで、俺の顔を見てる。
見られていることにも感じてしまってイキそう…
「う~…気持ち、いい…」
後ろを使うのはひさしぶり。拓己のことしか考えてなかったからなぁ…
俺は、これから先輩に入れられるんだと思い、
とてもワクワクしていた。
「そんなに気持ちいいのか? 痛くないのか?」
「うん…大丈夫。あぁ…ヌルヌルしてる…」
指を増やして、俺は1人で感じていた。
すると、先輩が俺の指を強引に抜いた。
「あぁっ…なに…?」
「俺にもヤらせろ」
先輩は急いで服を脱ぎ始めた。俺はその様子をじっと見つめる。
先輩のチンコはどのくらいの大きさだろう…
全部服を脱ぎ終わった先輩を見て、俺は愕然とした。
先輩は、ニヤニヤしながら、俺の体を撫でた。
俺はビックリして放心状態…あんなの入らねぇよ!!
「何ボーっとしてんだ?…デカすぎて興奮してんのか?」
「そんなの入らない…無理。。。」
俺が言うと、先輩は俺の口元にチンポを近付けてきた。
「舐めろよ」
俺は先輩のでっかいチンポを口に含み、丁寧にしゃぶった。
うぅ…アゴ外れそう…外れたことないけど。デカすぎて、フェラ疲れる。。。
段々力が抜けてきて、先輩がイク前に口から出してしまった。
「…おい、ちゃんとやれよ」先輩はちょっと怒ってるみたい。。。
「ごめんなさい。でも、こんなデカいの初めてで…」
「これからお前の中にコレが入るんだ。興奮するだろ?」
先輩は俺の耳元で囁く。低い声に、俺はゾクゾクした。
「入れて…くださいよ、早く…」
「焦るなよ。このまま入れても入らないだろ」
そう言って、先輩は自分のチンポを俺のアナルに擦りつけた。
「早く…」
「わかったから…ちょっと待てよ」
先輩は俺のアナルに指を入れた。
3本入れて、中を掻き回すように動かす。
気持ちいい…
「うっ、あぁぁ…もっと…」
「もっと? 全く欲張りな奴だな…
しょうがない、俺のぶっといの入れてやるよ」
指を抜かれ、代わりに先輩のチンポを入れられた。
「ああぁっっ、…痛い…」
「我慢しろよ‥」
なかなか奥まで入らない…先輩もキツそうだ。
「ちゃんと力抜けよ」
「抜いてるって……あっっ!」
先輩は無理矢理奥まで入ってきた。
痛くて涙が出る。動けない。。。
先輩も暫く動かないでいてくれた。
「もう大丈夫か?」
「はい…多分」
「じゃあ動くぞ」
先輩が動き出した。やっぱり痛いけど、我慢だ…
暫く我慢してたら、痛いのが気持ちいいに変わった。
俺は我慢できずに声を出してしまう。。。
「おい、うるせぇぞ。誰か来たらどうすんだ」
「そんなこと…言ったってぇ…あぁっ…」
先輩は体を曲げて、俺にキスをした。
喘ぎ声が先輩の口の中に消える。ってか、息苦しいよ。。。
「う…息、できな…あぁ、もう、ダメ…」
俺はそろそろイきそうなんだけど、先輩はまだ余裕みたいだ。
ガンガン腰振って、俺の奥を突いてくる。最高に気持ちいい…
「あぁっ、やっぱり…先輩、エッチ、上手い、ね…」
「…だろ? だから言った…だろうが…」
途切れ途切れに会話しながらも、
先輩の動きはどんどん速くなっていく。もう限界。
「あぁぁっっ!! もう…ダメ!! いくうぅぅぅっっっ…!」
俺は叫んで、先輩の腹にザーメンぶちまけた。
先輩は慌てて俺にキスして口塞いだけどもう遅い。
かなりでっかい声出してしまった。
でも、先輩はそこでやめずに、もっと腰の動きを速めた。
俺はもう気絶しそう。。。
「い…一秋、中に、出すぞ…」
先輩は大きく腰を打ち付けて痙攣した。
俺の中に出してる。すっげぇ量が多い…温かくて気持ちいい。
俺はまたイッてしまった。
「なんだ、お前…中出しされるの…好きなのか」
先輩は荒い息をしながら言う。俺は夢中で頷いた。
「どうだ、ヨかっただろ? 俺のコレ」
先輩は自分のチンポを自慢げに指差した。
「凄いよかった…です…あの、また…してくれますか?」
「お前さえよければ、付き合ってやる。セックスだけじゃなくて…
でも付き合ったら、いつでもコレが味わえるんだぞ?」
先輩はまた意地悪そうに笑った。俺は何度も頷いた。
その後、俺と先輩は付き合うことになり、
今はほとんど毎日セックスしてる。
いろんな場所で、いろんなやり方で。
機会があったら、また書こうかと思います。
読んでくれた人、どうもありがとうございました。

確実に出会えるタイプ別男性同性愛者専用サイトランキング!!

親父との出会いはこのサイトで決定!フケ専ゲイの出会いの決定版!!

ゲイ親父と老け専げいのための掲示板サイト

若いゲイと出会うにはこのサイト!ジャニ系、マッチョ系、いろんなタイプのゲイが出会いを求めています!

ネットやスマホを使ってゲイの出会いを探そう!若い子がたくさん!いろんなタイプの若い子はいろんなタイプの人が好きなので常に会員が足りていません!今すぐ登録してよい出会いをゲットしちゃおう!

巨漢、デブ、白デブ、黒デブ、若いデブ、年老いたデブそんなデブがたくさん登録してゲイの出会いを待ってます!

太ったゲイ!太ったゲイが好きなデブ専のゲイ!そんなゲイが出会うサイトがこちら!!

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2019/9//20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

  1:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:4 ...

1:陽気な774さん  投稿日:2013/09/19(火) 20:58:37.08 ID:XKgOikmEy 出会い系とかでヤった野郎の画像を貼ってく お前らも貼ってけ 3:陽気な774さん  投稿日 ...

1: 陽気な774さん :2019/9/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :201 ...

即会いサイトでジャニ系アナル掘ったけど質問ある? 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2012/08/22(水) 21:01:44.06 ID:ubbw52j8 なんでも答えるよw 8:名も無き被 ...

-マッチョ体験談
-,

Copyright© ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.