沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ

マッチョ体験談 発展場体験談

30代前半だと思われるソイツの肉体は、筋肉の上に程良く脂肪が乗っていて、思わず触れたくなる。

7月 6, 2020

俺の住むところは、サーフィン大会が開かれるほど有名なスポットがある。
家から近いこともあり、俺はよくサーファーの生着替えを見物に行っていた。
とは言え、ロン毛のチャラチャラしたガキには興味がない。
短髪で精悍なオスが俺の股間を熱くさせるんだ。
そんな中でも、俺のお気に入りのサーファーがいる。
30代前半だと思われるソイツの肉体は、筋肉の上に程良く脂肪が乗っていて、思わず触れたくなる。
おまけにヘソからモミの木のように毛が陰部に向かって広がって生えている。マジたまんねぇ!
基本リバな俺は、妄想の中で何度もソイツ抱き、何度も抱かれながら、自らを慰める毎日だった。
それはとある金曜の午後。
俺は助手席のシートを倒して寝たフリしながら、いつものようにサーファーが来るのを待っていた。
と、あのサーファーのワゴン車が左隣に止まり、ヤツが降りてきた。
仕事上がりで直行したらしく、頭に巻いたタオルとニッカポッカが精悍さをより一層際だたせている。
今日も生着替えが拝めると心躍らせたその瞬間!
やおらニッカポッカの前を下げ、周りをはばかることなく小便をし始めたんだ!
相当溜まっていたらしく、半勃起すらしていたチンポは、マン汁焼けで黒々としていた。
俺とソイツとの距離はかなり近く、小便が亀頭の先端で8の字のように広がって、
草むらへ放出される様までハッキリと見えた。
俺の心臓は早鐘を打ち、興奮のあまり呼吸すら忘れるほどだった。
その後、ソイツは浜へ出かけて行ったが、あまりの“クソ波”だったようで、さっさと帰ってしまった。
『チクショウ! あんなモン見せられたら、マジ欲しくなるじゃねぇか!
 あのデカ黒い肉棒で掻き回されてぇ!』俺は完全にウケモードになってしまった。
午後の情景を思い出して、その日何度も慰めた。
しかし、夜中になっても興奮は治まらず、俺は掲示板で相手を探すことにした。
日付が変わっていたので、ケツの準備は時間がかかるし、面倒だ。
とにかくチンポがしゃぶりてぇ。そう思ってると、わりと近場でよさ気な奴を見つけた。
何度かメール交換して会うことに。
待ち合わせはあの駐車場にした。
暫くして、ヘッドライトが近づいてきた。
午後と同じように、隣に停まったのは軽。降りてきた男が助手席の窓をノックする。
ロックを外すと、ねじ込むように乗り込んできた長身の男は‥‥!!!!
タンクトップにハーパン、そしてサンダルという服装の相手は、まさしくあのサーファーだった!
俺は言葉を失い、ついでに気を失いそうになっていた。
しかし、ヤツは俺の動揺など意に返さず、意味深な笑みを向けていた。
「いつもここで休んでる人ですよね」
「…え、あ、ああ。き、気づいてたんだ…」
「プロフとか車種、それにこの場所選んだ辺りで、
 もしかしたらって思ってたんですよ。予想が当たってよかったっす」
「え? よかった?」
「オレ、アニキのこと前から格好いいな~って思ってたんすよ。
そのラウンド髭、めちゃたまんないっす」
話を聞くと、あの立ちションは、俺のリアクションを見るために、わざと見せつけたんだそうだ。
完全にノンケだと思ってたサーファーがこっちの奴だったなんて、こんな展開ありか?
俺は軽くテンパってしまった。
「あの、オレ明日土曜でも仕事なんすよね。なんでなるべく早く帰りたいんで…」
「あ、おお、そうか。あ…でも、この車じゃ狭いな…」
「すんません。オレも今日、嫁さんの軽なんで…外でしませんか?」
駐車場から海へ延びる松林の遊歩道を歩きながら、
ソイツがYという名前で、俺より4つ下の30歳であることを聞いた。
そして、この秋に父親になることも。。。
「この辺でどうっすか?」
先を歩くサーファーが立ち止まり、
丈の低い植え込みで囲まれた、背もたれのないベンチを指す。
「ああ、いいぜ」言うが早いか、奴は俺を抱き寄せ、首筋に顔を埋めてきた。
「うあ~マジたまんねぇ! キス、オッケーっすか?」
「あ、ああ、もちろ…ンッ」その言葉も言いきらない内に舌が入り込んできた!
緊張のあまりカラカラに乾いていた俺の口腔内に、大量の唾液が押し寄せる。
「アニキの舌、柔らけ~」
貪るように暴れ回る舌は、口角から頬、髭にまで移動し耳の穴や耳の後ろにまで暴走した。
「な、なあ、時間ないんだろ? だったら俺がしてやるよ」としゃがみ込んで、ボタンを外す。
妄想の中でしか味わったことのない肉棒を、やっと味わえる! 興奮のあまり手が震える。
ヘソ毛に鼻を押しつけ、臭いを肺いっぱいに吸い込み、
舌を這わせ、両の手でボクサーを一気に引き下げる。
ビィィィン! と弾かれるように露わになったデカマラは、既に先走りでネトネトだった。
「スゲェ…」今度は俺が暴走する番だった。
一気に喉奥までくわえ込み、ねっとりと吸い付けるように舌を這わして、ゆっくりと上下する。
マジうめぇ! 清潔な石けんの香りに、クラクラする先走りの臭いと塩気!
俺は無我夢中でしゃぶった。
Yは「あぁ!!」と喘ぐと、俺の肩に添えた手にグッと力を込め、口を遠ざけようとする。
「ヤバイっすよ。オレ、もうイっちゃいそうっすよ」
「イケよ。1回じゃ済まねぇだろ?」
俺は根元を握ると、下向きに扱きながら、口の中で唇と舌でカリを刺激する。
「あああ…あっっ!」
突っ張るYの手に抵抗するように音を立てて、バキュームフェラをし続ける。
「イ、イっちゃうっす! あっダメ! イク!!」
次の瞬間、ビシャ! ビシャ! と熱くて勢いのあるザー汁が喉の奥に何度も当たった。
「ス、スゲェ…ハァ、ハァ…」息も絶え絶えのY。
俺はゲル状のそれを口の中で転がし、わざと聞こえるように音を立てて飲み込んだ。
「うめぇ…」
「飲んじゃったんすか?」
「…ひくか?」
「そんなことないっす! マジ嬉しいっす!」
そう言うと、Yは両手で俺の頭をガッシリと掴み、キスをしてきた。
「お、おい、いいのか? 自分のでも嫌だろ?」
「全然へーきっす。つか、オレマジ幸せっす!」
大量の唾液とねっとりとした舌が、俺の口腔内を嵐のように暴れ回る。
貪るようなキスは暫く続いた。

確実に出会えるタイプ別男性同性愛者専用サイトランキング!!

親父との出会いはこのサイトで決定!フケ専ゲイの出会いの決定版!!

ゲイ親父と老け専げいのための掲示板サイト

若いゲイと出会うにはこのサイト!ジャニ系、マッチョ系、いろんなタイプのゲイが出会いを求めています!

ネットやスマホを使ってゲイの出会いを探そう!若い子がたくさん!いろんなタイプの若い子はいろんなタイプの人が好きなので常に会員が足りていません!今すぐ登録してよい出会いをゲットしちゃおう!

巨漢、デブ、白デブ、黒デブ、若いデブ、年老いたデブそんなデブがたくさん登録してゲイの出会いを待ってます!

太ったゲイ!太ったゲイが好きなデブ専のゲイ!そんなゲイが出会うサイトがこちら!!

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2019/9//20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

  1:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:4 ...

1:陽気な774さん  投稿日:2020/06/09(火) 20:58:37.08 ID:XKgOikmEy 出会い系とかでヤった野郎の画像を貼ってく お前らも貼ってけ 3:陽気な774さん  投稿日 ...

1: 陽気な774さん :2019/9/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :201 ...

即会いサイトでジャニ系アナル掘ったけど質問ある? 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2012/08/22(水) 21:01:44.06 ID:ubbw52j8 なんでも答えるよw 8:名も無き被 ...

-マッチョ体験談, 発展場体験談
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.