ゲイ体験談 東京都 発展場体験談

その日は祝前日で、上野サウナは結構込み合っていたみたいでした。

さてそう言いつつ、今回は映画館ではなく、いわゆるハッテンサウナでの事です。
上野サウナと言うサウナなのですが、ご存知でしょうか?
上野の○井の裏にある、一応一般向けのサウナ(会員制ではない)なのですが、
使っているのはおそらくほとんどがゲイなのではないかと思います。

3階・4階・5階となっていたと思うのですが、下の2フロアは一般のサウナ風です。
3階は受付とロッカーと大浴場、4階は食堂や一般仮眠室なのですが、
特筆すべきは「専科」と呼ばれる5階フロア。ここがハッテン場となっています。

4階から狭くて急な階段を上ると、そこはカーテンで仕切られた、暗い部屋。
そのカーテンの中には布団が敷き詰められ、男たちがくんずほぐれつしています。
僕も以前知り合いに連れて行ってもらって、こう言うサウナがあると知ったのですが、
今回は初めて一人で行った時の体験を書いていきます。

その日は祝前日で、上野サウナは結構込み合っていたみたいでした。
入場後すぐお風呂に入り、食堂で少し涼むと、僕はすぐに専科フロアに上がりました。
通路を歩きながらカーテンの中を見ると、布団は結構埋まっています。
盛り上がっている所もあれば、寝ている人ばかりの所もありました。
でも人が多い割には全体的に静かだった様に思います。

そんな中、僕は割と空いている場所を見つけ、そこに横になることにしました。
シーツは被らず、大きく足を開いてどうみても寝待ちの体勢です。
そのまましばらく待っていると、顔を覗き込み、そのまま太股を撫でる手が。
来たかな?と思うと、しばらくしてどこかへ行ってしまいました。
どうやらお気に召さなかった様子です。

そんな事を何度か繰り返し、何人目かでようやくチンポに手が伸びて来ました。
そのままその手に揉まれ、僕のチンポはどんどん大きくなっていきます。
そして後少しで完全勃起、と言う所でその人はサウナパンツを脱がせて来ました。
サウナパンツの下は当然ノーパンなので、僕の半勃ちチンポが露わになります。
その人は僕のサウナパンツを足から抜くと、いきなりチンポをパックリ咥えました。

「あっ」と僕の口から思わず声が漏れます。
半勃ちチンポに舌が絡み、唇で扱き立てられ、僕のチンポは一気に完全勃起状態に。
僕の反応を見ると、その人は今度は上着の紐に手をかけ、上半身を肌蹴させました。
そして手を伸ばし、乳首を探り当てると、乳首とチンポの同時攻めが始まります。

その人の責めは焦らす様な感じで、チンポを責めてはタマを舐め、
またチンポに戻っては蟻の門渡りを責める、と言うような感じでした。
中々射精感を覚えるまでは上り詰めないのですが、全身が快感に包まれる感じです。
人は多いけど、割りに静かな専科フロアに僕の喘ぎ声が響いていたかも知れません。

そんな状態だったので、結構多くの人がカーテンから覗き込んで来ました。
僕はご存知の通りの見られ好きなので、上着も脱がして全裸にされたかったのですが、
その人は上半身は肌蹴させただけで責めを続けていました。
しかし、全裸にされたい、と言う僕の思いはしばらくして叶う事になります。

カーテンから覗き込んで来る人は大抵無言で、チラッと見ては去っていきます。
たまにカーテンの中に入ってきても、少し脇で僕の体を撫でてはまた去る感じでした。
しかし賑やかな声で階段を上がり、話ながらカーテンを開けた二人組みは違いました。
どうやら常連らしいその二人組みは、僕の喘ぎを聞きつけ、カーテンを開いた様です。

「おっ、ここは派手にやってんなぁ!」
カーテンが開いた第一声はそんな感じでした。
「ほら、やっぱわっかい子や、元気ええな」
もう一人もそんな風に応じます。(注※ 僕は36歳なのでそんな若くないです)
「良い反応してるな、見せてもらお」
そう言って、二人は僕の両側に腰を下ろしました。

僕のチンポを咥えていた人は一瞬戸惑った様でしたが、再びしゃぶり始めます。
それにあわせ、僕もギャラリーが出来たことで興奮が高まり、また声を上げます。
すると、脇に座った一人が
「見られても気にせん見たいやな、それやったらこんなん脱いでまえ」
と言って、は僕のガウンに手を掛けると、肩から抜いてしまいました。

これで僕は3人の男性の前で一人全裸に剥かれてしまいました。
他の人はサウナガウンを着ている中、自分だけ全裸で勃起チンポを晒しています。
露出好きの僕としては最高のシチュエーションに、興奮が高まりました。

そんな感じでしばらくしゃぶられていたのですが、後から来た二人のおじさんが
「感じまくってるなぁ」とか「乳首も良い反応だ」とか言うのがうるさかったのか、
僕のチンポをしゃぶっていた人は途中で止めてどこかへ行ってしまいました。

”あ~あ、気持ち良かったのになぁ”と思っていると、次の展開が。
二人組みのうち一人が僕の股の間に入ってきたのです。そして
「悪いな、邪魔しちゃったか。ちゃんと責任取ったげるからな!」
そう言うと、大きく開いた僕の足を持ち上げ、腰の下に枕を二つ入れてきました。
M字開脚の体勢を取らされ、上方を向いた僕の尻たぶにおじさんの手が掛かります。
されるがままの僕。グイッとおじさんの手に力が入り、尻たぶが左右に開かれました。

ご開帳の瞬間です。僕は恥ずかしさに思わず「あっ」と声を上げました。
そのまましばらくおじさんは僕の穴をまじまじと観察しているようでした。
僕は恥ずかしくて逃げ出したいほどでしたが、体が言うことを聞きません。
それどころか、チンポはビクンビクンと跳ね、恥ずかしさを快感に感じていました。

僕の穴をじっくりと観察したおじさんは、僕の尻に顔を埋めます。
そして穴の周辺に舌を這わせ、ペロペロと舐め始めました。
「あうぅぅ・・・」
気持ちよさに思わず身をよじる僕。
するともう一人のおじさんが、チンポを握り、乳首に舌を伸ばしました。
そしてゆっくりと扱きながら乳首を舐め、空いた手でもう片方の乳首を弄り始めます。

「ああぁぁ・・ああぁ・・」
複数の性感帯を同時に責められ、僕は感じまくってしまいました。
特に、穴の周辺を舐めていた舌が、直に穴に這った瞬間は強烈でした。
「あひっ!」
僕が思わず大きな声で喘ぐと、尻を舐めていたおじさんの指がチンポに伸びました。
そして指先で僕の鈴口を撫で、そこがヌルヌルになっている事を確認すると
「お尻舐められるの好きなんだね、こんなに我慢汁漏らしちゃって、エッチだね。」
と、鈴口を指先で弄りながら言って来ました。

「ああぁぁ・・あうぅ・・・」
僕の声が答えにならないことを確認すると、おじさんは再び尻舐めを始めました。
今度は舌を尖らせ、ツンツンと突きながら穴の少し奥まで責め始めます。

「ひぃぃあぁっ!」
僕が感じまくるのを見て、乳首を責めていたおじさんの責めも力が入り始めます。
乳首に這っていた舌が、今度は僕の腋の下に伸びて来ました。
チンポを握る手にも力が入り、シコシコクチュクチュといやらしく扱き立てます。
腋下を舐められ、僕は全身を震わせるように感じてしまいました。

すると「どこ責めても良い感じ方するねぇ、ここはどうかな?」と
腋を責めていたおじさんが耳元で囁き、僕の耳に下を這わせてきました。
僕は耳も弱いので、更に感じまくってしまい、喘ぎまくってしまいます。
同時に尻を舐めていたおじさんの手が開いた乳首や脇腹に伸びてきて撫でて来ました。

僕はもう何が何だか分からないような状態で全身を愛撫され、感じまくりでした。
恥も外聞も無いように喘ぎ悶え、チンポからは我慢汁が垂れまくりです。
そして徐々に限界が近くなってきたので
「いっ・・・イキそう・・・」
と伝えました。

すると尻を舐めていたおじさんの手が、チンポを扱いていた手にストップを掛けます。
「まだちょっと早いな。もうちょっと楽しもうや。」
そう言って僕の足を下ろしてしまいます。
僕は全身から噴き出した汗をタオルでぬぐい、ちょっと一息つきました。

そうして僕が落ち着いたのを見ると、おじさんは僕の体を反転させました。
うつ伏せ状態になると、おじさんは僕の尻を引き上げ、尻を突き出させます。
さらに乳首を責めていたおじさんが僕の肩を持ち上げ、両手で体を支えさせました。
四つん這いの犬のようなポーズで、僕はおじさんの目の前に尻を突き出した状態です。

「もっと気持ちよくしてあげような。」
そう言うと、またおじさんは僕の尻に舌を這わせ、責めを再開しました。
もう一人のおじさんは両手で乳首を責め、耳に舌を這わせ始めます。
さらに首筋や背中など、僕の感じるポイントを次々と探り当てて行きました。
僕はその度に体を反らせ、喘ぎ声を上げてしまいます。
犬のようなポーズで同時に複数の性感帯を刺激され、たまらなく気持ちよかったです。

そして色んな性感帯に舌を這わせたおじさんは、仰向けに僕の体の下に潜り込みます。
おじさんの目の前にはしばらく放置されたにも関わらず、ビンビンの僕のチンポが。
そそり立つ勃起チンポを間近で観察されていると思うと、体が羞恥に熱くなります。
体の下に潜り込んだおじさんは指先で僕のチンポの裏スジあたりをツンツンと突くと、
「お~お~、いやらしいお汁が垂れちゃってるよ。エッチなちんちんだなぁ。」
と感想を言って来ました。

僕は恥ずかしくて、思わずチンポをビクン、と跳ねさせてしまいました。
するとおじさんはさらに
「おっ、チンチンがビクってしたよ。イキたいの?」
と聞いてきたので僕は正直に「イキたいです」と答えました。

するとおじさんは「エッチな事に正直だね、可愛いよ」と言って、鈴口を撫でました。
ヌルヌルした感触が僕の亀頭にも伝わり、僕は思わず声を上げてしまいました。
その姿を見たおじさんは、僕のチンポをギュッと握ると
「俺の脚にもたれていいよ。気持ちよくなったら腰振っても良いからね。」
と言って僕のチンポを下から咥え、チンポに舌を絡ませて来ました。

そこから先はもう気持ちよさが怒涛の様に押し寄せてきて堪りませんでした。
尻を舐めているおじさんの手が乳首に伸びてきて、こねくり回します。
チンポを舐めているおじさんの手は背中やタマや蟻の門渡りなどを撫で回します。
僕は言われたとおり僕の下に居るおじさんの足に身を預け、されるがままでした。
半狂乱になるほど喘ぎ悶えさせられ、おじさんの足は僕の涎で濡れていた気がします。

そんな状態でしばらくすると、尻を舐めていたおじさんが僕の尻をぺちぺち叩き、
「ほら、自分で気持ちよくなってみな。腰振って良いらしいから腰振れよ。」
と言って来ました。
僕はいいのかな?と思いましたが、下のおじさんも頷いているようでした。
お言葉に甘え、僕は腰を振り始めます。正に犬が交尾をしているような姿勢です。

腰を前に突き出すと、下のおじさんの舌がチンポに絡みつきます。
腰を後ろに引くと、後ろのおじさんの尖った舌が僕の尻穴に突き立ちます。
どちらに行っても訪れる快感に、僕は夢中で腰を振り続けました。
「ああぁぁー!気持ち良い!」
素直に快感を口にすると、どちらの手か分かりませんが、頭を撫でてくれました。

それすらも快感に感じながら、僕はサカった犬のように腰を振りまくります。
そしていよいよ絶頂が訪れました。
「あっ、あっ、あっ、イ、イキそう・・・!」
チンポに絡みつく舌の快感に耐えられず、僕は射精感を覚え、腰を引こうとしました。
しかし、下のおじさんの手が僕の尻に周り、腰を引かせてくれません。

「あっ、ダメです、出ちゃいます。」
僕がそう言ってもおじさんは手を離してくれません。
それどころか、手に力を入れ、僕の腰をピストン運動させ、チンポを抜き刺しさせます。
「あっ、ダメっ、ダメっ、もうっ、でるっ、出ちゃうっ!」
おじさんの手に力が入るだび、僕のチンポは限界へと追い詰められていきます。
限界まで勃起したチンポは口の中でビクつき、我慢汁が漏れているのが分かりました。

「あっ・・・でっ、出るっ!イクっ!イクーッ!」
ついに射精感が僕の我慢の限界を突破してしまいました。
チンポを突き出し、体を震わせながら、僕はおじさんの口の中に射精しました。
「あっ!ああぁっ!あひっ!ああぁっ!」
体を反らせ、喘ぎ声を上げながら、僕は何度も何度も喉奥に精を叩き付けます。
おじさんは喉を鳴らしながら僕が吐き出す精液を飲んでしまっているようでした。
少し申し訳なかったのですが、出てしまったものを止める事は出来ません。
僕は最後の一滴までおじさんの口の中に放出すると、ぐったりしてしまいました。

全て出し終わったあと、尻を舐めていたおじさんが尻から顔を離し、
「お~、いっぱい出したか。気持ちよかったか?」と聞いてきました。
僕は素直に「はい、凄く気持ちよかったです」と応えるとおじさんは嬉しそうでした。
そしてチンポを口から抜こうとすると、チンポを咥えたおじさんは唇をすぼめ、
最後の一滴まで精液を搾り取ってくれました。

下のおじさんが僕の下から這い出るとき、僕は仰向けに転がされました。
全身の力が抜け、全裸のままで僕は布団に寝かされます。
おじさんがタオルで汗を拭いてくれ、サウナ着を着せてくれました。

全てが終わって、おじさん二人が去っていこうとしたので、僕は
「ありがとうございました、凄く気持ちよかったです。」とお礼を伝えました。
するとおじさんは「こっちこそありがとね、楽しかったよ」と言ってくれました。

映画館でのハッテンが好きですが、こう言うサウナでのハッテンも悪くないです。
その後、昼前までの退館までにもう2発抜いてもらい、計3発射でした。
一般(ノンケ用)仮眠室で抜かれたのと、イケメンさんとの甘い雰囲気のHでした。
また機会があれば上野サウナ、行って見たいと思います。

確実に出会えるタイプ別男性同性愛者専用サイトランキング!!

親父との出会いはこのサイトで決定!フケ専ゲイの出会いの決定版!!

ゲイ親父と老け専げいのための掲示板サイト

若いゲイと出会うにはこのサイト!ジャニ系、マッチョ系、いろんなタイプのゲイが出会いを求めています!

ネットやスマホを使ってゲイの出会いを探そう!若い子がたくさん!いろんなタイプの若い子はいろんなタイプの人が好きなので常に会員が足りていません!今すぐ登録してよい出会いをゲットしちゃおう!

巨漢、デブ、白デブ、黒デブ、若いデブ、年老いたデブそんなデブがたくさん登録してゲイの出会いを待ってます!

太ったゲイ!太ったゲイが好きなデブ専のゲイ!そんなゲイが出会うサイトがこちら!!

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2019/9//20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

  1:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:4 ...

1:陽気な774さん  投稿日:2020/06/09(火) 20:58:37.08 ID:XKgOikmEy 出会い系とかでヤった野郎の画像を貼ってく お前らも貼ってけ 3:陽気な774さん  投稿日 ...

1: 陽気な774さん :2019/9/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :201 ...

即会いサイトでジャニ系アナル掘ったけど質問ある? 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2012/08/22(水) 21:01:44.06 ID:ubbw52j8 なんでも答えるよw 8:名も無き被 ...

-ゲイ体験談, 東京都, 発展場体験談