イケメン体験談

ノンケからゲイへ。男好きになっていく若い子の物語⑤

イケメンを無料で出会おう!

頭の中で「彼の精液が飲みたい、早く飲みたい。」という思いを我慢して、セックス犬の僕の飼い主である彼の「ヨシッ。」と言う言葉を待つ僕の口の中は、彼の大量の精液でいっぱいになりました。

床に両手を付け、顔を上げ、大量の精液が入った口を彼に向け続ける僕を見て、彼は「セックス犬だし、種壺犬だね。」と言いました。

口を開けたままで、「飲んでいい?飲んでいいですか?」僕がと言うと、彼は「何?何て言ってるの?フッフッ。ヨシッ。ごっくんしていいよ。」と言ってくれました。

僕は、待ちに待った彼のザーメンを一気飲みしました。「美味しい、すごく美味しいよ。もう一回、飲みたい。」と僕は彼に言いました。

彼は、笑いながら、「今度は、直接、飲む?飲みたいんでしょ?」と言って、僕の顔の前に、自分のズル剥けの極太巨根チンポを持って来ました。

いってしまって、時間が経った彼のチンポは、軟らかくフニャマラになっていましたが、やっぱり、すごく大きくて、美味しそうにぶら下がっていました。「可愛い、僕のワンワン、食べていいよ、御主人様のおチンポソーセージをあげるよ。」と言う彼を見上げると、彼の目は、いつもの爽やかな男子大学生の目ではなく、変態の中年の目のようになっていました。

「ほら、ほら、美味しいよ。」と彼に言われ、僕は、彼のズル剥けの極太巨根チンポを口の中に含みました。

「美味しい、精液の味がする。」と彼のチンポを口の中に入れたままで、見上げて彼に言いました。少しずつ、僕の口の中で、彼の極太の巨根チンポは、硬く大きくなりました。

彼の下半身に抱き着き、一心不乱に彼のチンポをフェラする僕は、お腹が空いた犬のようで、変態の彼は、写真ではなく、動画を撮り始めました。

動画撮影スタートのボタンの音がした時、僕の変態のスイッチも入ってしまい、僕は、彼のスマホに向けて彼のチンポの亀頭をペロペロ舐めたり、チンポを口に入れたり、自分でも信じられないくらい、どんどん大胆になりました。

「エロいよ。すごくエロいよ。美味しい?御主人様のチンポ、美味しいでしょ?」と彼に聞かれた僕は、「美味しいです。御主人様のおチンポソーセージは、どんな料理よりも美味しいです。ありがとうございます。」と、僕は彼のシモベ、セックス犬になってしまっていました。

彼のフル勃起した巨根チンポをおしゃぶりする僕を見て、「ホント、犬みたいだね。美味しそうに、チンポしゃぶるなあ。」と言いながら、上から僕をスマホで撮影し続けました。

「スマホで撮られて恥ずかしい。でも、撮影されていると、興奮しちゃう。」と言う僕の右の乳首をいじってくれました。

彼は、撮影しながら僕に「スマホに向かって、何か言って。」と言いました。

僕がスマホに向かって「巻き寿司みたいに太いチンポ、美味しい。すごく極太だよ。チンポの先から、美味しいのが、いっぱい出てる。」と言うと、彼は、笑いながら「なに?それ、節分の巻き寿司ほど、太くないよ。黒いけど。北北西を向いて、黙って巻き寿司を食べるといいんだって。黙って、フェラして。」と言いました。

彼は、僕が彼のチンポをフェラするのをスマホで動画撮影していましたが、写真撮影に変えました。

シャッター音は、撮影されているのがわかって、ますます興奮してしまいました。

「エロく撮ってよ。」と彼に言い、僕は、舌を出して、彼の極太巨根チンポの割れ目を舐めながら、「欲しいよ。お尻の穴にも欲しいよ。」と言いながら、自分で自分のアナルに指を挿入して、アナルの中の壁をこすり出しました。

「お尻、舐めてあげるよ。ほぐしてあげるから、お尻をこっちに向けて。」と、彼は僕に言いした。

僕は、うれしくて、彼が言うとおりに、四つん這いで、お尻を彼に向け、上半身を床に付けて、お尻だけを突き上げ、彼にアナルをほぐしてもらうのを待ちました。その間も、興奮している僕のチンポは、フル勃起状態で、チンポの先から、先走りのチンポ汁が垂れていました。

お尻を突き上げ、彼にアナルをほぐしてもらうのを黙って待っていると、指ではない何かが、僕のアナルに挿入されるのを感じました。

「あっ、あっ。何、入れたの?気持ち良い。」と僕が彼に聞くと、彼は僕の後ろの方から、「玉ディルドだよ。使ったことないの?」と言いました。

「そんなエッチなもの、使ったことないよ。すごい気持ち良いね。5つ入ったでしょ?わかったよ、玉がアナルに挿入されるたび、すごく気持ち良かった。」と僕は彼に言いました。

彼は、「玉ディルドってさ、挿入する時も気持ち良いけど、抜く時が、挿入する時よりも2倍気持ち良いんだよ。」と言いながら、僕のアナルの中に挿入されている玉ディルドをこねくり回しました。

「あぁ、あぁ、それも気持ち良い。あぁぁ。」と喘ぐ僕に、彼は「抜く?」と聞いてきました。

「ダメ、もう少し。アナルの中で回して。すごく気持ち良いもん。」と言う僕の言うことを素直に聞いてくれた彼は、もうしばらく、僕のアナルに入ったままの玉ディルドをこねくり回してくれました。

「ダメだ。俺が、抜きたくなってきた。お前が喘ぐところが、すごく見たくなって来たよ。抜くよ。」と言うと、彼は、一つずつ、玉ディルドを抜きました。

「あぁあぁぁぁ、すごい。初めての感覚。止めて。待ってね。あと、4つ、ゆっくり味わいたい。」と言うと、彼は、上半身を床につけて四つん這いになっている僕に覆いかぶさって来て、僕の乳首をいじりながら、フル勃起したチンポをしごいてくれました。

「あぁぁ、ハァン、すごく気持ち良いよ。乳首もチンポも、気持ち良いよ。」と言った僕を四つん這いの姿勢から仰向けの姿勢に変わるようにうながしました。

彼は、正常位になった僕の乳首をペロペロと舐めてくれました。

僕の乳首を舐めてくれている彼のことが、すごく愛おしくなった僕は、彼の頭をなで回し、頭をなで回した後、彼の大きな背中に強く抱き着きました。

「入れて。アナルにチンポを挿入して。」と僕が言うと、正常位で僕の乳首を舐めながら、僕のアナルに挿入されたままの玉ディルドを、ゆっくり一つずつ抜いて行ってくれました。

「あぁぁあぁ、気持ちいい。すごく気持ちいい。いきそう。出ちゃうよ。チンポから出ちゃう。自分では止められない。」と言った直後、僕のフル勃起チンポから、彼のバキバキの腹筋に向かって、潮が噴き出しました。

「あぁっ。恥ずかしい。でも、止められない。ごめんなさい。」

イケメンを無料で出会おう!

確実に出会えるタイプ別男性同性愛者専用サイトランキング!!

親父との出会いはこのサイトで決定!フケ専ゲイの出会いの決定版!!

ゲイ親父と老け専げいのための掲示板サイト

若いゲイと出会うにはこのサイト!ジャニ系、マッチョ系、いろんなタイプのゲイが出会いを求めています!

ネットやスマホを使ってゲイの出会いを探そう!若い子がたくさん!いろんなタイプの若い子はいろんなタイプの人が好きなので常に会員が足りていません!今すぐ登録してよい出会いをゲットしちゃおう!

巨漢、デブ、白デブ、黒デブ、若いデブ、年老いたデブそんなデブがたくさん登録してゲイの出会いを待ってます!

太ったゲイ!太ったゲイが好きなデブ専のゲイ!そんなゲイが出会うサイトがこちら!!

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2022/7/20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャア ...

  1:名も無き被検体774号+:2022/8/12(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2022/8/12(金) 20:4 ...

1:陽気な774さん  投稿日:2022/08/09(火) 20:58:37.08 ID:XKgOikmEy 出会い系とかでヤった野郎の画像を貼ってく お前らも貼ってけ 3:陽気な774さん  投稿日 ...

1: 陽気な774さん :2022/08/11(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :20 ...

即会いサイトでジャニ系アナル掘ったけど質問ある? 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2022/08/03(水) 21:01:44.06 ID:ubbw52j8 なんでも答えるよw 8:名も無き被 ...

-イケメン体験談