沢山あるゲイ関連の掲示板の中から、面白情報、画像、体験談をピックアップしてご紹介!

ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ

ガチムチ体験談

ゲイ体験 トラック野郎のセフレ【8】 日帰り性処理同行

4月 17, 2020

もうだいぶ日が経ってしまったのですが、9月の初め頃のことです。
僕はSさんの運転する車に乗っていました。
行き先は埼玉の秩父です。

「見舞いなんてすぐ済むしよ。一人で帰省してもつまんねえしな」
Sさんはお母さんが入院して、見舞いのために帰省することになりました。
ひとりじゃ退屈だからといって半ば強引につきあわされたのでした。

僕は二人っきりで遠出するのが嬉しくてウキウキしていました。
旅行気分です。
しかも、Sさんの実家にいくんです。
これってもう付き合ってるいっても過言ではないのではないでしょうか。
「実家に連れて行ってもらえるなんて嬉しいです」
正直に気持ちを伝えると、
「そうか。おまえには溜まってるもん処理してもらわねえとな」
と言われました。
「それだけですか?」
「そのためのおまえだろ」
Sさんは意地悪にニヤつきながらいいました。
「さすがに実家にデリヘルは呼べねえからな」
「!」
デリヘルってなんですか><
いつもそんなことしてるんでしょうか。
ここ数ヶ月頻繁に会ってフェラチオしてあげてたのに。。
やっぱり男の僕よりも女のほうがいいんでしょうか。

ひとり浮かれすぎたテンションを軌道修正させられつつ、秩父についたのは昼ごろでした。
そのままSさんのお母さんが入院している病院にいき、彼が見舞っている間、僕は一階のロビーで待っていました。

「お母さんどうでしたか」
「ぜんぜん元気だったよ。たいしたことねえみたい」

その後、昼食にお蕎麦を食べ、彼の実家にいきました。
彼の実家は、民家が集まる一帯の一軒家でした。
普段はお母さんが一人で住んでるみたいでした。

「暑いな、窓あけてくれ」
部屋の中は空気がこもってモワッとしていました。
換気をしてから冷房をいれました。
彼は買ってきたばかりのビールをあけて飲み始めました。

僕は部屋の中をキョロキョロ見回しました。
畳敷きの和室で、真ん中に大きな座卓がありました。
隅に年季の入った箪笥がひとつあるだけの昭和な部屋でした。
でもテレビは薄型の液晶テレビで、これだけが新しくて違和感がありました。

「ぜんぜん冷えねえな」
彼はそういって冷房のリモコンをピッピといじっていました。
クーラーはブーンという大きな音を立ててるのですが、全然涼しくなりませんでした。
「窓あけたほうが涼しいんじゃないですか」
僕はクーラーに期待するのは諦めて、庭に面したガラス戸を開けました。
僕は網戸もあけて縁側にでました。
庭は雑草が生い茂っていて、虫の鳴き声がしました。
もう夏も終わりかけでしたが、残暑は厳しく、強い日差しが照りつけていました。
ここでSさんと一緒に花火したり、スイカ食べたりしたいなぁと思いました。

「おい、はいってこい」
中から彼の声がしました。
彼は畳に大の字で寝転んでいました。
(しゃぶらせる気だ)
雰囲気でわかりました。
まだ、ついたばかりなのに。

「早くはいれ」
彼はそう言いながら既にチノパンのチャックをおろし、中からチンポを引っ張り出していました。
そして、その根元を指でつまんでブラブラ揺らしました。
ソーセージのような弧を描いた半勃起のチンポ。
(おいしそう…)
僕はエサを出された犬のように駆け寄って、四つん這いでチンポに顔を近づけました。
蒸れて汗臭い臭気を放っていました。
もう何回も味わってる彼のチンポですが、嗅ぐたびに興奮して股間がジュンとなってしまいます。
彼は寝転んだまま服を脱ぎ捨て、僕も一緒に服を脱ぎ、全裸になりました。
誰もいないとはいえ、Sさんの実家で全裸でエッチしてることに、すごいドキドキしました。
興奮しながら、チンポを口に含み竿に舌を沿わせました。
塩っ辛いチンポの味が舌に広がりました。
溢れてくる唾液を竿に塗りつけ、それを飲み込んで味わいました。
彼は僕の頭を抑え、腰を突き上げてチンポを奥まで押し込んできました。
口をすぼめ、吸い付きながら、唇でしっかり挟んでくわえ込みました。
少しずつ早くなり、唇とチンポの隙間から漏れるジュポジュポという音が大きくなりました。
「あーいくいく」
ドロっと、口の中にザーメンが発射されました。
そして、
ドクドクドク
とチンポが脈打ち、第2波、第3波が尿道を伝い昇ってくるのがわかりました。
みるみる精液が口の中に溢れてきました。
(すごい多い…)
ねっとりした濃そうな精液が口の中いっぱいになりました。

「ふー、かなり溜まってたな」
彼はチンポを抜きました。
「飲んだか」
僕は首を横に振りました。
まだ口の中にありました。
「口あけてみ」
僕は口をあけて、中に溜まった精液を見せました。
「けっこうでたな。飲めよ」
そんなこと言われなくても飲むつもりです。
今まで何十回も飲んできたんだから。
僕は一気に飲み干しました。
Sさんの精液を一番飲んだのは僕だと思います。
一度聞いてみたいけど、勇気がないので聞けずにいます。

まだ時間は2時頃でした。。

僕らは裸のまま、ゴロゴロしていました。
寝転んでテレビを見ている彼の隣で、僕も横になって持ってきたワンピースを読んでいました。
でも、だんだん暑さが我慢できなくなってきました。
じっとしているだけで汗が噴きでて、肌が畳にべっとりくっついて、とても不快でした。
「暑い。おい、暑いぞ」
彼も苛立ってるようでした。
僕はワンピースのカバーを外して、扇いであげました。
蒸れそうなので股間のあたりを念入りに。

「どっかいきましょうよ」
僕は彼にいいました。
「めんどくせえよ。この辺なんもねえぞ」
「だってまだ早いし」
「じゃあ、しゃぶるか」
「もうですか?」
「暇なんだろ」

さっき口に出されてからまだ一時間もたっていません。
でも、彼のチンポはムックリ起き上がっていました。
扇いであげたからでしょうか。

彼の脚の間に座ってフェラしようとすると、彼は僕の顔を太ももで挟んで、そのまま横向きに倒しチンポと金玉を顔に擦り付けてきました。
チンポの裏側の汗やじっとりした金玉が顔にこすりつけられました。
僕は彼のチンポに舌を伸ばしました。
チンポの皮に染み付いたザーメンが乾いて、甘い匂いがしました。
舐めているうちに溶け出して、ヌルヌルしてきて、汗と混じって塩っからい味がしました。

その後、仰向けに寝かされ、彼が上に圧し掛かってきました。
汗ばんだ体が密着し、彼の汗臭い体臭に僕のチンコもビンビンになっちゃいました。
彼の舌が僕の首筋をベロベロ這いまわってきました。
「ぁん…」
僕は感じて声を漏らしました。
彼の背中に腕をまわし抱きつきました。
すると、
「おまえ汗臭えよ」
と言われました。
ちょっとショックでした。
「あと、顔がイカ臭え」
(それはさっきSさんが臭いチンポを顔に擦りつけたからじゃないですか。。)
シャワー浴びたほうがいいかな…と思いましたが、彼は続けて乳首に吸い付いてきました。
雑だけど強く吸ったり、噛んだり、摘んだり、引っ張ったり。
乱暴に乳首をいじめられて、感じてしまいました。
終わる頃には、乳首が腫れて痛くなっていました。

「上に乗れ」
今度は彼が仰向けに寝転がり、僕は彼の股間に跨りました。
お尻の下に硬いチンポが当たりました。
彼はお尻を揉みながら、腰を突き上げてきました。
僕は気持ちよくて自分から腰を前後に動かして、お尻とチンポを擦りつけました。
(なんだか、セックスしてるみたい)
すごくエッチな気分になりました。
このまま射精してほしいな、と思いました。
そのとき、
「おい、ちょっとドア閉めてこい」
と言われました。

外はいつの間にか雷雨になっていました。
さっきまで晴れていたのに、景色が白く煙るほどザーッと激しい雨が降り、ゴロゴロと雷が唸っていました。
僕は庭に面したガラス戸を閉めました。
雨が部屋の中にまで吹き込んでいました。
扉を閉めると雨と雷の音が少し遠くなりましたが、直後、すぐ近くに雷が落ちて物凄い音がしました。

「ひでえ雨だな」
彼は外を眺めながらいいました。
「すごいですね」
「どこにもいけねえな」
(どこにもいく気ないくせに…)
僕がまた彼の上に跨ろうとすると、彼は急に起き上がりました。

「よし、ケツ貸せ」
「え、、、??」
「え、じゃねえよ。してほしいんだろ」
「したくないです」
「ケツ押し付けてきたじゃねえか」
「そういうつもりじゃ…」
「ローションもってきたか?」
「ないですよ…」
「もってこいよ。なくてもやるけどな」
「無理です…」
「もってこねえおまえが悪いんだよ」
まずいな…と思いました。
「…じゃあシャワー浴びてきます」
時間を稼いで断る理由を考えようと思いました。
でも、
「いらねえよ」
と言って立ち上がり、
「ちょっとしゃぶれ」
と言ってチンポを突き出しました。
彼のチンポはギンギンに勃っていました。
僕は憂鬱な気持ちでチンポをくわえました。
「おまえのケツにはいるんだぜ。しっかり湿らせとけよ」
愛しいチンポが、この時ばかりは憎らしく思えました。

「よし、ケツ突き出せ」
僕は膝立ちでお尻を彼のほうに向け、座卓に手をつきました。
「ケツきれいにしてんだろうな」
「汚いですよ、しないほうがいいですよ…」
「なんだよそれ」
そう言って彼はいきなり指をお尻にグッと突っ込んできました。
「痛い!!」
激しい痛みが走りました。
「うるせえ。まだ指だよ」
彼はもう片方の手で僕の乳首を強く摘んできました。
「あぁぁ…」
「いいんだろ?ケツひくついてんぞ」
彼の指が穴の中を掻き回してきました。
「ふぅぁああ…イタぃ!!」
「感じてんじゃねえか。指締め付けてはなさねえぞ」
彼は指をズルっと引き抜きました。
「ぁぁぁあ」
排泄したような妙な気分になりました。
唾液をお尻に塗りたくりながら、指を一本、二本と増やされ、ズポズポと動かされました。

「おら、いれんぞ。ケツもっと突き出せ」
ペシペシお尻を叩かれました。
「もうですか…ゴムは?」
僕は後ろを振り返って聞きました。
「そんなもんねーよ。ほら、ケツあげろ」
彼は唾を手に吐いて、チンポに塗りたくりました。
僕は恐る恐るお尻を突き出しました。
お尻に雑に唾を撫でつけられ、チンポが穴に押し付けられました。

「ぅ…あああ、痛い!!痛いです!!」
お尻が裂けるような激痛が走りました。
「うはぁっ、あっ、やばいですっ、痛い!!」
「すぐ気持ちよくなるって。我慢しろ」
「あぅぅ、無理です…痛いっす、あああ、ハァハァ」
「ああ、きちーなおめーのマンコ」
(マンコとか言われてる…)
嬉しいけどヤバイくらい痛いです!
「誰にでもやらせてんだろ?なんでこんなキチキチなんだよ。」
「やってないです…Sさんだけです…」
「ケツは俺専用か?」
「うっ…はい…」
そういうことじゃなくて、お尻は誰にもされたくないのに…。
彼は腰を振って突いてきました。
「あっ、あっ、あっああ…」
チンポが奥を突くたびに、声が漏れました。
「いい感じじゃねえか」
「あっ、あっ、はぁあぁああ」
「おまえ、ケツ泡立ってんぞ。なんだよこれ」
なんですか、それ…。僕もわかりません。
僕は痛さと恥ずかしさで泣きそうでした。
「あ…ハァハァ…すみません…」
彼は後ろから覆いかぶさってきて、首をベロベロ舐めまわしました。
「汗臭えな。やらしー匂いプンプンすんぞ、マンコ野郎が」
彼は激しく腰を振ってきました。
「ああああ、痛いぃぃ!!」
「うるせえって」
彼は僕の髪の毛を掴んでテーブルに押さえつけました。
そして、容赦なくお尻を突いてきました。
よだれがテーブルに垂れてベチョベチョになっていました。
「出すぞ。中に出すぞ」
「…はい…」
「俺のザーメンほしいか」
「はい…ください…」
「おっしゃ、いくぞ。あああ、出る出るっ、いくぞ、おぉぉぉ」
彼は低い雄叫びとともに、射精したみたいでした。
僕はテーブルにしがみついて、彼を受け止めました。

彼はチンポを引っこ抜きました。
「ぁァハぁァ…」
僕はまた妙な声を出してしまいました。
お尻の開放感と同時に、精液まじりの液体がお尻から漏れてる気がしました。
彼はティッシュでチンポを拭きながら、
「汚え。風呂だな」
と言いました。
「一緒にいくか」
「いえ、先いっててください、後でいきます」
僕はしばらくテーブルに突っ伏して、放心していました。
雨はやんで、庭の虫の鳴き声が戻っていました。
お風呂よりも先にトイレにいきました。

お風呂からでると、彼は全裸で寝ていました。
僕も裸のまま、彼の腕を枕にして寄り添いました。

(雨も止んだしそろそろ帰るのかな…)

僕は彼に抱きました。
彼のチンポに手を伸ばしました。
フニャフニャのチンポ。
二回もイッたからもう勃たないかも。
でも僕はイッてないので、ムラムラしてきました。
チンコを彼の太ももに押し付けました。
そしてそっと動かしました。
(あ、気持ちいい…。寝てるしこのままいっちゃおうかな…)
多分ばれないだろうと思いました。
すりすりしてたら、気持ちよくてすぐいっちゃいそうでした。
僕はチンコをこすり付け、手のひらでフニャチンを弄びながら、彼の腋に顔を埋めました。
ボディーソープの匂いに混じって腋のツンとするむさ苦しい匂いがしました。

あ…いっちゃう。

僕は彼の太ももに射精してしまいました。
腋の匂いを嗅いだだけで、いっちゃいました。

僕は急いで彼の太ももについた精液を拭き取りました。
そして何事もなかったように彼に抱きついて、いつの間にか僕も眠ってしまいました。

「おい、口あけろ」
頬を叩かれて目を覚ましました。
まだはっきりしない意識の中、遠くで聞こえるその声に促されるままに口をあけると、口の中に何かを押し込まれました。
「んぐっ…」
それと同時に鼻にグニャっとしたものが押し付けられました。
目を開けると、真っ暗で何も見えなかったのですが、何かが覆いかぶさっていました。
一瞬どういう状況なのかわかりませんでしたが、彼が逆さ向きに僕の顔に跨って、チンポを口に突っ込んでいたのでした。
鼻に当たっていたのは金玉でした。
「ん…うぅ…んぐっ…」
僕は息苦しくてもがきました。
彼は無言で腰を動かして、ジュポジュポとチンポを出し入れしてきました。
寝起きでいきなり突っ込まれて、心の準備もお口の準備もできていませんでした。
口の中が渇いていて、滑りも悪く、チンポの皮が唇や口の中でひっかかる感じでした。
でも逆にそれがよかったのか、
「おら。出すぞ」
と言って、早々とザーメンを放出しました。
濃厚なドロっとした一発目とは違い、水っぽいザーメンでした。

外はもう真っ暗でした。
僕らは帰路につきました。
行きはあまり気にならなかったのですが、帰りはだいぶ時間がかかった気がしました。

ようやく、都内の見知った地域まで戻ってきました。
「結局何発やった」
彼が言いました。
「3回ですよ」
「3発か。満足か」
「はい…」
「まだ足りねえか」
「いえ、べつに…」
彼は車を端に寄せ停めました。
「おら」
彼は僕の頭を掴んで股間に引き寄せました。
「もう一発飲んどけ」
僕は彼のチャックをあけて、チンポを引っ張り出しました。
フニャフニャのチンポです。
フニャチンもかわいくて好きです。
舐めてると大きくなってきたのですが、
「あんま気持ちよくねえな」
と言われました。
僕は悔しくて、舌を絡めながら強く吸い付きました。
「くすぐってえよ。いいから、乳首舐めとけ」
彼はリクライニングを少し倒し、シャツを捲りあげてもたれました。
僕が乳首を舐めてあげると、彼は自分でチンポを扱きだしました。
(そんな無理して出さなくてもいいのに)
と思いました。
でも僕を使って射精してくれるのは嬉しいです。
「舌出せ」
彼は僕の舌に亀頭をこすりつけながら、チンポを激しくしごきました。
「いくぞ」
今日4発目の精液が口の中にピュピュっと発射されました。
少量の薄い精液でしたが、口の中で飛び散った感じがしました。

「もう今日はたたねえな」
彼は言いました。
僕もこれ以上精子を飲んだらお腹くだしちゃいそうなので、もう十分でした。
でも、僕の体は欲求不満でした。
口に残ったザーメンや、Tシャツが擦れるだけでヒリヒリする乳首、それにお尻のむず痒い痛み…。
帰ったらもう一回オナニーしようと思いました。

確実に出会えるタイプ別男性同性愛者専用サイトランキング!!

親父との出会いはこのサイトで決定!フケ専ゲイの出会いの決定版!!

ゲイ親父と老け専げいのための掲示板サイト

若いゲイと出会うにはこのサイト!ジャニ系、マッチョ系、いろんなタイプのゲイが出会いを求めています!

ネットやスマホを使ってゲイの出会いを探そう!若い子がたくさん!いろんなタイプの若い子はいろんなタイプの人が好きなので常に会員が足りていません!今すぐ登録してよい出会いをゲットしちゃおう!

巨漢、デブ、白デブ、黒デブ、若いデブ、年老いたデブそんなデブがたくさん登録してゲイの出会いを待ってます!

太ったゲイ!太ったゲイが好きなデブ専のゲイ!そんなゲイが出会うサイトがこちら!!

1 : 以下陽気な名無しさんVIPがお送りします:2019/9//20 俺「・・・!(パコパコパコパコ」 イケメン「りゃめえ!イッグググアナル壊れちゃうううううう!!!!(ガクブルプシャ ...

  1:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:41:06.05 ID:2s6ar9iatf たったらかく 4:名も無き被検体774号+:2019/9/22(金) 20:4 ...

1:陽気な774さん  投稿日:2020/06/09(火) 20:58:37.08 ID:XKgOikmEy 出会い系とかでヤった野郎の画像を貼ってく お前らも貼ってけ 3:陽気な774さん  投稿日 ...

1: 陽気な774さん :2019/9/10(木) 17:20:45.10 ID:YeKNGz+c0 セフレとハメ撮りと交換したエロ写メが中心、需要があるならあげてく 3: 陽気な774さん :201 ...

即会いサイトでジャニ系アナル掘ったけど質問ある? 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2012/08/22(水) 21:01:44.06 ID:ubbw52j8 なんでも答えるよw 8:名も無き被 ...

-ガチムチ体験談
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ゲイのエッチな体験談、エロ話を掲載_まとめてゲイ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.